第16回日本神経内視鏡学会 抄録
The 16th Annual Meeting of the Japanese Society for Neuroendoscopy

前の演題 次の演題

第2日目、12月5日(土)A 会場(3階 メインホール) 13:00〜14:10

シンポジウム 4: 内視鏡支援顕微鏡手術

座長: 佐野公俊、伊達 勲

2A-S4-5

傍鞍部腫瘍摘出時における神経内視鏡の有用性について
Surgical treatment for parasellar tumor: usefullness of endoscope

佐藤 崇 (SATO Takashi)、荻原雅和、佐藤英治、堀越 徹、木内博之

山梨大学 医学部 脳神経外科

【はじめに】傍鞍部腫瘍の摘出にあたっては、視神経、前交通動脈、内頚動脈、下垂体柄など重要構造物の背面との剥離が鍵となるが、顕微鏡では死角となり十分な観察が困難な場合が少なくない。そこで今回、神経内視鏡を用いて顕微鏡の死角部分の腫瘍を安全に摘出できた症例を経験したのでその有用性について報告する。【対象と方法】対象は当院で手術を施行した傍鞍部腫瘍で、神経内視鏡は、30度、及び70度の2.7mm硬性内視鏡を使用し、固定にはEndoarm(オリンパス社製)を使用した。代表例を提示する。症例1:Pterional approachにて摘出した頭蓋咽頭腫。内溶液を除去し腫瘍を退縮させスペースを確保した後に内視鏡を挿入した。顕微鏡の視野では死角となっていた、腫瘍と視神経及び視交叉下面、下垂体柄との剥離操作に有用であった。症例2:Pterional approachにて摘出した鞍結節髄膜腫。鞍上部から鞍結節部の腫瘍を摘出後、視神経周囲及び鞍内に残存する腫瘍の摘出及び死角となる硬膜付着部の焼灼処置に有用であった。症例3:Interhemispheric frontobasal approachにて摘出した鞍結節髄膜腫。死角となる鞍結節から鞍内の腫瘍摘出や付着部の処置に有用であった。全例で内視鏡挿入による合併症は無かった。【結論】内視鏡を使用することにより顕微鏡では死角となる部分の腫瘍の剥離や摘出、更に付着部の焼灼を行うことができ有用であった。一方、内視鏡の挿入や抜去の際に周辺構造物を損傷しないようにすることや、得られる画面は二次元であることなど、内視鏡の特徴を熟知し操作に習熟する必要があると考えられた。

Home ご案内 日程表 プログラム 1日目 プログラム 2日目