第16回日本神経内視鏡学会 抄録
The 16th Annual Meeting of the Japanese Society for Neuroendoscopy

前の演題 次の演題

第2日目、12月5日(土)A 会場(3階 メインホール) 14:10〜15:30

シンポジウム 5: 内視鏡手術は顕微鏡手術を凌駕したか: 脳出血

座長: 重森 稔、鈴木倫保

2A-S5-1

内視鏡下脳内血腫除去術における止血手技:クリアな術野での出血点同定と凝固止血
Hemostatic techniques in endoscopic evacuation of ICH: identification of bleeding points and secure coagulation under clear visualization

長坂 暢 (NAGASAKA Toru)、稲尾意秀 1、若林俊彦

名古屋大学 大学院医学系研究科 脳神経外科、名古屋第一赤十字病院 脳神経外科 1

【背景】近年、急性期脳内血腫除去術は開頭手術から内視鏡手術に移行してきているが、一方でその有効性の評価は定まっていない。特に術中出血のコントロールは手術成績を左右する重要な要素であり、十分な準備(開頭術への移行なども含む)が必要である。今回、内視鏡手術と開頭手術の成績を比較するとともに、内視鏡手術に特に必要とされる止血手技や術中出血に対する対処法についても検討する。【方法】2006年4月から2009年2月に内視鏡手術を施行した高血圧性脳出血の連続23例(被殼出血15例、小脳出血6例、視床出血2例)。開頭術群(historical control):2004年1月〜2006年4月の開頭手術連続20例(術前の条件に両群に差はなし)。評価項目:血腫除去率、再出血率、手術合併症、術後7日 GCS、退院時GOS。統計解析にはMann-Whitney testを用い、p<0.05を統計学的有意差ありとした。【結果】血腫除去率(median):内視鏡群99%、開頭術群95.9%(p<0.01)。再出血率:内視鏡群0例、開頭術群1例(5%)。術後7日GCS:内視鏡群 12、開頭術群9.1 (p<0.05)。術前後でのGCS改善度(day0-7):内視鏡群+4.8、開頭術-0.1(p<0.001))。退院時GOS:内視鏡群でGR、MDの予後良好例が多い傾向(p=0.28)。両群とも手術合併症なし。内視鏡手術では12例(52%)で動脈性出血をみたが、全例出血のコントロールは良好。【結論】内視鏡手術は従来の開頭手術と比較してその手術成績は同等または良好であった。出血コントロールには内視鏡用多機能吸引管が有用であった。また出血点同定には血腫腔のinflationを有効に用いる必要があった。内視鏡手術が標準治療となりうるかどうかは今後も比較試験等での慎重な検討が必要である。

Home ご案内 日程表 プログラム 1日目 プログラム 2日目