第16回日本神経内視鏡学会 抄録
The 16th Annual Meeting of the Japanese Society for Neuroendoscopy

前の演題 次の演題

第2日目、12月5日(土)A 会場(3階 メインホール) 14:10〜15:30

シンポジウム 5: 内視鏡手術は顕微鏡手術を凌駕したか: 脳出血

座長: 重森 稔、鈴木倫保

2A-S5-2

神経内視鏡による脳内血腫除去術の治療成績
Surgical outcome of endoscopic removal of intracranial hematomas

湧田尚樹 (WAKUTA Naoki)、継 仁、大城真也、小松文成、井上 亨

福岡大学 医学部 脳神経外科

 脳内出血に対する神経内視鏡手術はその手技・器具において様々な改善がなされると共に、急性期脳内出血に対する外科的治療として確立したものとなってきている。その適用症例に関しても、脳室内血腫に対する軟性鏡を用いた血腫除去や開頭手術・脳血管内治療との併用による治療などといった適応の拡大を認めている。最大の利点は、burr hole surgeryであり時に局所麻酔下での手術が可能であるため、同じく超急性期に行われる顕微鏡下の開頭手術と比べて低侵襲であり、治療効果に関しては同等の血腫除去率が期待できる点である。また顕微鏡手術同様に術野を観察下に手術を行うことが出来るため、術中の出血に対しても積極的な止血が可能であり、確実性・安全性が比較的高い治療法である。急性期の脳内出血に対し内視鏡下に低侵襲に血腫を除去することにより、術後合併症のリスクが軽減され急性期の患者管理が容易になるのみならず、急性期リハビリテーションへの早期移行が促進され、機能予後の改善に繋がることが期待される。福岡大学病院では外科的手術適応となる脳内出血の症例に対して積極的に神経内視鏡手術を施行している。我々は当院において神経内視鏡を用いて血腫除去術を施行した症例群(対象は2007年4月以降の32症例)と顕微鏡を用いて血腫除去術を施行した症例群に関して、その疾患の内訳、入院時の重症度や血腫量、画像所見、神経学的予後などを比較・検討し、急性期脳内出血に対する神経内視鏡手術の有用性に関して考察を加えた。

Home ご案内 日程表 プログラム 1日目 プログラム 2日目