第16回日本神経内視鏡学会 抄録
The 16th Annual Meeting of the Japanese Society for Neuroendoscopy

前の演題 次の演題

第2日目、12月5日(土)A 会場(3階 メインホール) 14:10〜15:30

シンポジウム 5: 内視鏡手術は顕微鏡手術を凌駕したか: 脳出血

座長: 重森 稔、鈴木倫保

2A-S5-4

内視鏡下脳内血腫除去術において注意すべき事項
Cares to be taken in the endoscopic intracerebral hematoma evacuation

味村俊郎 (MIMURA Toshirou)、鈴木伸一 1、久保篤彦 2、田中直樹

藤沢市民病院 脳神経外科、麻生総合病院 脳神経外科 1、横須賀共済病院 脳神経外科 2

【目的】頭蓋内出血(脳内出血、脳室内出血、小脳出血、外傷性脳内血腫)に対する内視鏡下血腫除去術において、止血困難、再出血例について検討するとともに、注意すべき幾つかの事項をまとめた。
【方法】2003年から2009年までに経験した内視鏡下脳内血腫除去術49例を検討した。血腫量に対し比較的手術時間がかかった例、うまく血腫が除去できなかった例、再出血例を術前のCT所見、術中ビデオを見直し、技術的に気をつけるべきと思われた事項をまとめた。
【結果及び考察】内視鏡手術後再出血し、開頭術を行った症例は2例あった。1例は術前血腫量が約120ml、血腫除去に時間がかかり、oozingした血液が血腫腔に貯溜していつまで経っても血腫が減らず術中CTを確認後開頭術に切り替えた。もう1例は、術前血腫量は68ml、発症から2時間で内視鏡手術を施行した。術中止血できたと考えられたが6時間後のCTで血腫再貯留を認め開頭術を行った。術中の印象で80%以上の血腫除去と思われたが50%程しか除去できなかった1例は、術前のCTでは被殼出血だが血腫の形がいびつで深部まで達し、しかも頭蓋骨が厚かったため透明シースが届かず、血腫除去が不充分になった。血腫がいびつな形のものは止血しにくく、血腫除去率も低い印象があった。皮質下出血で浅く広い血腫の場合、透明シースの可動性の問題で除去が不充分になった。脳室穿破を伴う脳内血腫の内視鏡手術ではどこで脳室内に入ったか気づかず脳室壁や脈絡叢や静脈を傷つけ、凝固してしまう事があった。しかも脳室内血腫除去に伴って脳室は縮小しシースのコントロールが利かなくなるので、脳室内に入ったと分かったら軟性鏡で灌流しながら血腫除去を行う方がオリエンテーションはつきやすい。小脳出血の内視鏡手術では穿頭部位によってはシースの角度が水平に近くなり操作が困難になる。体位に注意し穿頭部位を高めにしてエコーガイド下に血腫に到達するようにしている。

Home ご案内 日程表 プログラム 1日目 プログラム 2日目