第16回日本神経内視鏡学会 抄録
The 16th Annual Meeting of the Japanese Society for Neuroendoscopy

前の演題 次の演題

第2日目、12月5日(土)B 会場(2階 203, 204) 13:00〜14:00

一般口演 4: 機器・手技の工夫

座長: 辛 正廣、渡邉 督

2B-O4-1

内視鏡的脳室内手術における field exchange technique
Field exchange technique for endoscopic intraventricular surgery

荒川芳輝 (ARAKAWA Yoshiki)、姜 裕 1、宮本 享

京都大学 医学研究科 脳神経外科、大野記念病院 脳神経外科 1

【目的】内視鏡的脳室内手術は機器の開発とともにその応用性が拡大してきた。しかし、術中にコントロールが容易でない出血などでは、視野確保や手術操作が困難となることが経験される。今回、内視鏡的脳室内手術におけるfield exchange techniqueの有用性について報告する。【方法】対象は2007年7月以降の内視鏡的脳室内手術29症例である。基本手技には透明シース、硬性鏡を用いた。Field exchange techniqueは、髄液を吸引排出するdry field、人工髄液を用いて脳室内を充満するwet fieldとして施行した。dry field、wet fieldは手術状況に応じて変更することとした。【結果】5例でfield exchange techniqueを行い、髄液操作による合併症は認めなかった。本手技適応は、出血コントロールが4例、手術操作が1例であった。髄液を吸引排出したdry fieldでは視野が確保されることに加えて、止血処理などの内視鏡下操作が容易となった。【考察】術野状況、手術操作に応じて脳室内髄液環境を変化させるは、術野確保や脳室内操作が容易となることがある。Field exchange techniqueは内視鏡的脳室内手術に有用であることが示唆される。

Home ご案内 日程表 プログラム 1日目 プログラム 2日目