第16回日本神経内視鏡学会 抄録
The 16th Annual Meeting of the Japanese Society for Neuroendoscopy

前の演題 次の演題

第2日目、12月5日(土)B 会場(2階 203, 204) 13:00〜14:00

一般口演 4: 機器・手技の工夫

座長: 辛 正廣、渡邉 督

2B-O4-3

脳内血腫除去術における2種類の透明シースの使用経験
Usefulness and limitations of transparent endoscopic sheaths for surgery of spontaneous intracerebral hematomas.

久保篤彦 (KUBO Atsuhiko)、味村俊郎 1、綾部純一、竪月順也、坂本雄大、渡辺正英、田中直樹 1、田中良英

横須賀共済病院 脳神経外科、藤沢市民病院 脳神経外科 1

神経内視鏡を用いた脳内血腫除去術は、従来の開頭術に比較して利点が多いことから、適切な症例の選択を行えばその役割は非常に大きいものと考える。本術式においては、穿頭部よりの小さな間口から深部に位置する血腫病変に対して、透明シースをapplyすることは本邦ではすでに一般的と考える。その目的は、神経内視鏡下の手術視野および手術器具のアクセスの確保、そして操作中の周囲脳組織の保護である。現在、三種類のシースが購入可能であるが、我々はニューロポートとクリアガイドの二種類について使用してきた。ニューロポートの外筒は先端部において角度がつき、手元には円形の可変式ストッパーを装着可能で、外径φ10mm、内径φ9mm、全長120mm長。内筒は内径φ6mm、内筒内に内視鏡を挿入可能である。クリアガイドの外筒は把持しやすく設計された可変式ストッパーを装着可能で、外径φ8mm、内径φ6mm、全長100mm長。スタイレットは外径φ5.9mm、全長120mm長という規格である。今回、それぞれの透明シースの特徴について主に使用経験に基づいて述べるとともに、臨床結果の比較を行ったので報告する。

Home ご案内 日程表 プログラム 1日目 プログラム 2日目