第16回日本神経内視鏡学会 抄録
The 16th Annual Meeting of the Japanese Society for Neuroendoscopy

前の演題 次の演題

第2日目、12月5日(土)B 会場(2階 203, 204) 13:00〜14:00

一般口演 4: 機器・手技の工夫

座長: 辛 正廣、渡邉 督

2B-O4-6

ナビゲーションシステムを併用した神経内視鏡手術について
Endoscopic surgery assisted by neuronavigation system

渡辺隆之 (WATANABE Takayuki)、松本 隆、山本憲一、日向崇教、大島 望

豊川市民病院 脳神経外科

当院では、脳室内手術、脳内血腫除去、経鼻経蝶形骨洞手術など様々な神経内視鏡手術に、Brain LAB社製ナビゲーションシステム(Kolibri)を併用して手術を行っている。脳室内手術は主に軟性鏡を使用しているため、カメラ先端の位置をナビゲートできるわけではないが、シースの穿刺方向を決定したり、シースの延長線上にある構造物を特定することで確実に手術が行える。つまり、第三脳室底開窓術において、穿頭位置、モンロー孔、灰白隆起を一直線上に設定したり、脳室内腫瘍生検において、穿頭位置から直線的に腫瘍へ向けて脳室穿刺を行ったりできる。内視鏡下脳内血腫除去術では、血腫への穿刺を確実に行ったり、シース先端が血腫のどの位置にあるかを特定できる。被殻出血では穿刺方向が血腫の長軸と一致することが多いため、深部まで達しているかどうかの確認を、皮質下出血では穿刺方向に対して垂直方向に血腫が広がっていることが多く、全方向に到達しているかの確認が行える。経鼻経蝶形骨洞手術では、従来と同様の使用方法である。
Brain LAB社製ナビゲーションシステム(Kolibri)は、コンパクトで、レジストレーションもマーカーレスで行えるため、幅広く手術に応用できる。神経内視鏡手術においても、ストレスなく確実な手術の一助となるため、その有用性について紹介する。

Home ご案内 日程表 プログラム 1日目 プログラム 2日目