第16回日本神経内視鏡学会 抄録
The 16th Annual Meeting of the Japanese Society for Neuroendoscopy

前の演題 次の演題

第2日目、12月5日(土)B 会場(2階 203, 204) 14:00〜15:05

一般口演 5: 第三脳室底開窓術

座長: 島 克司、三木 保

2B-O5-4

当院における第3脳室開窓術の手術成績
Surgical results of endoscopic third ventriculostomy at out institute

西村文彦 (NISHIMURA Fumihiko)、朴 永銖、本山 靖、田村健太郎、堀内 薫、平林秀裕、中瀬裕之、新 靖史 1

奈良県立医科大学 脳神経外科、奈良県立奈良病院 脳神経外科 1

【目的】当院における第3脳室開窓術(endoscopic third ventriculostomy以下ETV)の手術成績について報告する。
【方法】2001年9月から2008年5月までの間にETVを受けた患者は、10症例であった。男性が2名、女性が8名であった。平均年齢は、24.7歳(2−68歳)であった。この10症例のうち、小児例は、6例、成人例は4例あった。疾患の内訳は、中脳水道狭窄症による水頭症が7例、第4脳室出口閉塞による水頭症が1例、髄膜炎後水頭症が1例、先天性水頭症1例であった。PrimaryにETVを受けた患者は、5例で、以前にシャント手術を受けた患者に対して、ETVを行った患者は5例であった。平均follow-up期間は、3年6ヶ月(1年2ヶ月—8年)であった。
【成績】10例中9例(90%)で、ETVによる効果がfollow-up期間中継続した。第4脳室出口閉塞による水頭症の1例だけは、ETVを行ったが、画像上、1ヵ月後のMRIでstomaの開存が確認できず、ETVから約9ヶ月後にシャント手術を追加した。このシャント手術時に内視鏡で第3脳室を確認したところ、やはりstomaは閉塞していた。また他の1例で、シャント機能不全により水頭症を来たしETVを行い、術後画像上視床梗塞が生じた症例があったが、後遺症なく退院となった。
【結論】ETVは、90%の成功率でありほとんどの症例に対して効果的で持続的であった。以前にシャント術を受けていてシャント機能不全に陥った場合、繰り返すシャントトラブルを回避するためにもETVを治療選択として考慮する必要がある。合併症としては、視床梗塞が1例生じたが、それ以外の合併症はなかった。症例を選んでETVを行えば、効果的で有効な治療法と考えられる。

Home ご案内 日程表 プログラム 1日目 プログラム 2日目