第16回日本神経内視鏡学会 抄録
The 16th Annual Meeting of the Japanese Society for Neuroendoscopy

前の演題 次の演題

第2日目、12月5日(土)B 会場(2階 203, 204) 14:00〜15:05

一般口演 5: 第三脳室底開窓術

座長: 島 克司、三木 保

2B-O5-8

神経内視鏡下第3脳室底開窓術後の再閉塞部内視鏡所見
Neuroendoscopic view of re-endscopic third ventriclostomy (ETV) in the followed-up patients after ETV

野中雄一郎 (NONAKA Yuichiro)、大井静雄、田母神 令、三輪 点

東京慈恵会医科大学附属病院 総合母子健康医療センター

【目的】 神経内視鏡下第3脳室底開窓術(ETV)は非交通性水頭症に対する治療としてほぼ確立されたが、経過観察の中で症状出現のため再度ETVが必要になることがある。今回幼少児期にETVを施行し、術後数年経って症状出現のため再度ETVを施行した2症例から再閉塞部の内視鏡所見につき考察する。【対象・結果】 症例は3歳6ヶ月男児と9歳4ヶ月女児。中脳水道狭窄の診断でそれぞれ生後14日と5歳時にETVを施行した。外来経過観察中頭痛・嘔吐を主訴に来院したため、CSF reservoirを介した脳室造影を施行したところ開窓部の閉塞が疑われ、再度ETVを施行した。再手術までの期間はそれぞれ3年5ヶ月、4年4ヶ月であり、症状出現から手術までは4日間および18日間を要し、その間CSF reservoirを介して髄液を排出し頭蓋内圧をコントロールした。いずれの症例も症状出現後の開窓部は狭小化し一部膜様閉塞を来たしていたが、不完全閉塞であった。【考察・結語】症状出現後髄液循環動態を評価したところ、いずれの症例でも不完全閉塞が疑われ、術中内視鏡所見でも一部膜様閉塞による開窓部の狭小化を認めた。これらより開窓部を介する髄液循環の僅かな変化が頭蓋内圧亢進を励起する可能性があり、初回手術における十分な開窓と長期経過観察が必要であると考えられた。

Home ご案内 日程表 プログラム 1日目 プログラム 2日目