第16回日本神経内視鏡学会 抄録
The 16th Annual Meeting of the Japanese Society for Neuroendoscopy

前の演題 次の演題

第2日目、12月5日(土)B 会場(2階 203, 204) 15:05〜16:15

一般口演 6: 経鼻的内視鏡手術

座長: 藤井清孝、栗栖 薫

2B-O6-1

内視鏡下経鼻経蝶形骨洞手術における術後鼻腔内癒着防止法
Prevention of adhesion of the nasal cavity after endoscopic endonasal transsphenoidal srugery

間瀬光人 (MASE Mitsuhito)、谷川元紀、相原徳孝、山田紘史、鈴木元彦 1、山田和雄

名古屋市立大学大学院 医学研究科 脳神経外科学、名古屋市立大学大学院 医学研究科 耳鼻咽喉・頭頸部外科学 1

【背景及び目的】経鼻経蝶形骨洞手術ではある程度の鼻腔内粘膜の損傷は避けられず,鼻腔内粘膜の癒着や鼻中隔穿孔などがしばしば見られる.これらは程度によっては鼻閉感や嗅覚障害などの障害を来たし,患者の耳鼻科的QOLに影響を与える.今回われわれはこれらの術後変化のうち癒着を少しでも軽減する目的でシリコンプレートを使用した方法を試みたので報告する.【方法】症例は内視鏡下経鼻経蝶形骨洞を施行した2例である.ともにparaseptal approachで,1側の鼻中隔粘膜を中鼻甲介レベルで切開し,両側鼻中隔粘膜を鼻中隔およびvomer boneより外側に剥離,蝶形骨洞に達した.その後はspeculmを使用し手術操作を行った.閉創時,シリコンプレートを開創側の嗅裂(中鼻甲介と鼻中隔の間)に留置した.さらにnasal dressing (MEROCEL)を総鼻道に挿入し手術を終了した.【結果】1ヵ月後,シリコンプレートは外来で容易に抜去可能であった.その後の経過で明らかな癒着は認めず,経過良好である.【考察】鼻腔内のわずかな空気の流れ変化でも患者は鼻閉感として感じる.術中鼻粘膜損傷を最小限にするような慎重な手術操作はもちろんであるが,癒着防止のためのシリコンプレートは有用な方法である.

Home ご案内 日程表 プログラム 1日目 プログラム 2日目