第16回日本神経内視鏡学会 抄録
The 16th Annual Meeting of the Japanese Society for Neuroendoscopy

前の演題 次の演題

第2日目、12月5日(土)B 会場(2階 203, 204) 15:05〜16:15

一般口演 6: 経鼻的内視鏡手術

座長: 藤井清孝、栗栖 薫

2B-O6-5

粘稠性の下垂体病変へFlexible nozzleを用いた灌流法の有用性
Usefulness of irrigation for mucous pituitary lesion with a Flexible nozzle

大重英行 (OSHIGE Hideyuki)、淺井昭雄、高見浩数、上坂達郎、武田純一、吉村晋一、河本圭司 1

関西医科大学附属 枚方病院 脳神経外科、関西医科大学附属 滝井病院 脳神経外科 1

はじめに:下垂体部には粘液産生下垂体腺腫、下垂体卒中後壊死性変化、ラトケ嚢胞等、粘稠性内容物を含む病変がよくみられる。Curette等を駆使しても時に円滑に摘出できないこともある。この場合、灌流&吸引システムが有効で、現在までの多くのシステムが考案されている。今回、Flexible nozzleを用いた簡易的な手技で灌流を行い首尾よく病変を摘出できたので症例を提示し報告する。方法:Flexible nozzleは、もともとFibrin gluを下垂体部に塗布する為のkit先端部であり、自由自在にnozzle先端の角度を調整できる。しかも、水を満たしたシリンジを装着することで自在に圧をかけて灌流可能である。型通りに経蝶型骨洞的手技(当施設では内視鏡assit下)を行い、粘稠性内容物が確認できた時点でこのキットで洗浄を行い摘出する。症例1:68才男性、ラトケ嚢胞。粘稠な内容を含み、先の長いサーフロの先端部にて洗浄、curettingを行ったが、圧がかけられず摘出が困難であった。そこで、キットにて、圧を適度にかけて自在な部位を灌流することで円滑な摘出が可能であった。他、下垂体卒中後壊死の症例も提示する。考察:micro-pressure-suction-irrigation systemは過去に報告されている。ハンドピースに吸引洗浄装置を装着し、鞍内は勿論のこと死角になる部分もマイクロミラーを併用し直視下に腫瘍を洗浄吸引する。最近は内視鏡がハンドミラーにとって変わっている。しかし、いずれも大掛かりで手間がかかる。今回は、灌流のみの簡易的な方法であるが、特によく適応となる粘稠度の腫瘍があることが示されたと考えられる。しかし、灌流後、毎回吸引する手間がかかる短所もあり、今後、吸引も組み合わせることで簡易的な灌流吸引システムの完成が臨まれる。結語:粘稠性下垂体病変の中に特に当手技が有効な一群がある。

Home ご案内 日程表 プログラム 1日目 プログラム 2日目