第16回日本神経内視鏡学会 抄録
The 16th Annual Meeting of the Japanese Society for Neuroendoscopy

前の演題 次の演題

第2日目、12月5日(土)B 会場(2階 203, 204) 15:05〜16:15

一般口演 6: 経鼻的内視鏡手術

座長: 藤井清孝、栗栖 薫

2B-O6-6

Endoscopic extended transsphenoidal approach 後の髄液漏閉鎖に対する我々の工夫
Our dura closure technique after Endoscopic extended transsphenoidal approach

松尾孝之 (MATSUO Takayuki)、鎌田健作、氏福健太、馬場史郎、陶山一彦、永田 泉

長崎大学医学部 脳神経外科

下垂体部腫瘍に対し顕微鏡を用いた経蝶形骨洞手術確立され、その応用として近年では広く内視鏡を用いる手術が行われるようになっている。内視鏡手術ではその視野の広さにより死角での操作が減るが、器具の工夫や内視鏡操作への慣れが必要である。また、頭蓋咽頭腫や髄膜腫などへの適応の拡大により、術後髄液漏の問題も大きくなっている。内視鏡下での髄液漏の閉鎖には、数々の方法が考案されているが、我々は遊離筋膜もしくは鼻中隔粘膜を硬膜開窓部のパッチとして用い、それを有効長を長く加工したアナストクリップVCS(LeMaitre)を用い縫合しフィブリン糊、遊離脂肪での補強を行うことで髄液漏の閉鎖を行っている。この方法で頭蓋咽頭腫5例、髄膜腫4例において髄液漏の閉鎖を行い術後の髄液漏は認めなかった。このシステムは、内視鏡を用いた狭い作業空間においても使用が可能で、手技的にも簡単である。ただし、有効長が短い事や直線方向のクリップは出来るが、曲がった形状のシャフトのものが無くこのシステムでは閉鎖困難な症例もあり適切な症例を選択することにより有効な髄液漏閉鎖のテクニックである。容易で確実な髄液漏対策が可能となると、内視鏡的経鼻蝶形骨洞手術の適応範囲は広がるものと思われる。

Home ご案内 日程表 プログラム 1日目 プログラム 2日目