第16回日本神経内視鏡学会 抄録
The 16th Annual Meeting of the Japanese Society for Neuroendoscopy

前の演題 次の演題

第2日目、12月5日(土)D 会場(3階 ホワイエ お城側) 10:50〜11:20

ムービーセッション 6: 第三脳室底開窓術

座長: 野中雄一郎

2D-Mov6-4

第3脳室憩室を来した中脳水道閉塞症の一例
A case presenting with ventriculostium of third ventricle caused by aqueductal stenosis

井上智夫 (INOUE Tomoo)、村上謙介、永松謙一 1、冨永悌二

東北大学大学院 神経外科学分野、宮城病院 脳神経外科 1

【背景】くも膜嚢胞など嚢胞性病変による二次的中脳水道閉塞は良く知られている。第3脳室憩室を来した中脳水道閉塞の治療を経験したので報告する。【症例】症例は44歳女性。10年前に他院で頭痛の精査を受け、原因不明の水頭症を指摘されたが放置していた。1ヵ月前に頭痛、視力低下あり、MRIで四丘体槽嚢胞性病変と水頭症が認められたため当科へ紹介された。CISS画像では、中脳水道は漏斗状に閉塞して両側脳室、第3脳室が拡大し、第3脳室底は橋前槽に膨隆していた。また第3脳室後壁は一部穿破して嚢胞と交通していた。嚢胞と中脳水道の観察、第3脳室底開窓を目的とし、ビデオスコープを用いて内視鏡手術を行なった。嚢胞と第3脳室は交通しており、松果体近傍のくも膜は肥厚していた。中脳水道閉塞部は、穿孔したが髄液交通は得られなかったため、第3脳室底を開窓した。術直後より水頭症が改善し、頭痛および視力障害が軽減した。【考察】本例は、当初くも膜嚢胞など四丘体槽部嚢胞性病変による中脳水道閉塞および閉塞性水頭症と考えられたが、術前CISS画像で中脳水道は漏斗状に閉塞し、四丘体槽部の嚢胞は既に第3脳室と交通していた。また内視鏡でこれらを観察し、中脳水道形成は困難であること、四丘体部にくも膜嚢胞構造のないことを確認した。以上から、長期経過の中脳水道閉塞、水頭症によって第3脳室憩室を来し、それが自然穿破したにも関わらず、水頭症が寛解しなかったものと推察された。【結語】中脳水道閉塞による第3脳室憩室およびその自然穿破が考えられた稀な一例を報告した。CISS画像による壁構造の解剖学的評価、ビデオスコープによる鮮明な内視鏡所見が病態の考察に有用であった。

Home ご案内 日程表 プログラム 1日目 プログラム 2日目