第16回日本神経内視鏡学会 抄録
The 16th Annual Meeting of the Japanese Society for Neuroendoscopy

前の演題 次の演題

第2日目、12月5日(土)D 会場(3階 ホワイエ お城側) 10:50〜11:20

ムービーセッション 6: 第三脳室底開窓術

座長: 野中雄一郎

2D-Mov6-5

静脈血管腫による中脳水道狭窄症に対して第三脳室開窓術が有効であった一例
A case of aqueduct stenosis due to Venous angioma

堀内 薫 (HORIUCHI Kaoru)、朴 永銖、西村文彦、本山 靖、平林秀裕、中瀬裕之

奈良県立医科大学 脳神経外科

【はじめに】中脳水道狭窄症は様々な要因によって引き起こされるが、静脈血管腫によるものは過去に数例しか報告されていない。今回、静脈血管腫による中脳水道狭窄症に対して第三脳室開窓術が有効であった一例を経験したので文献的考察を加えて報告する。【症例】症例は69歳男性。進行する歩行障害、痴呆、排尿障害を主訴に前医を受診、頭部MRIにて脳室拡大及び静脈血管腫が指摘され、正常圧水頭症疑いにて当科紹介となった。頭部CTでは両側及び第三脳室の拡大を認め、脳血管撮影にて椎骨動脈撮影の静脈相で多数の拡張した髄質静脈が確認されたこと等から静脈血管腫による中脳水道狭窄症の診断にて第三脳室開窓術を施行した。術中、静脈血管腫のdraining veinを思われる拡張した静脈も確認できた。術後、画像上は明らかな脳室の縮小は認められなかったものの、開窓部の髄液のflowは良好であり、また神経学的には、歩行障害、IQ、排尿障害いずれも改善、経過良好にて退院となった。【結語】静脈血管腫による中脳水道狭窄症に対して神経内視鏡下に第三脳室開窓術を行い良好な経過を得ることができた。第三脳室開窓術は静脈血管腫による中脳水道狭窄症に対しても有用であると考える。

Home ご案内 日程表 プログラム 1日目 プログラム 2日目