第16回日本神経内視鏡学会 抄録
The 16th Annual Meeting of the Japanese Society for Neuroendoscopy

前の演題 次の演題

第2日目、12月5日(土)E 会場(3階 ホワイエ ANA 側) 11:15〜11:55

ムービーセッション 9: 機器の工夫

座長: 小野成紀

2E-Mov9-3

小脳深部病変に対するナビゲーションシステム併用下での内視鏡的生検術の有用性
The utility of the endoscopic biopsy technique under the navigation system combination for the cerebellum deep lesion

松平哲史 (MATSUDAIRA Tetsushi)、小林 望、岡田 健、遠藤乙音、清水清元、山本直人

愛知県厚生連 海南病院 脳神経外科

【はじめに】脳室内病変における軟性鏡を用いた内視鏡下生検術はburr hole下で一般的に行われるようになっているが、脳実質内病変における生検術は出血や腫瘍へ到達する正確性などの問題から開頭術やneedleによる針生検を用いている場合も多い。今回、脳実質内病変に対し硬性鏡を用い、ナビゲーション併用下で内視鏡下生検術を施行し有用であった。【症例と方法】症例は77歳の女性。2009年1月より浮遊性めまい、嘔吐にて当院内科受診、MRIにて小脳から一部脳幹に接した病変を認めた為、当科紹介となった。MRIでは左小脳前葉を中心とした約2.5×1.5mmのmass lesionおよびmedullaにもわずかにmass lesionを認め、一部造影されていた。Glioma、metaが疑われたが諸検査にて確定診断に至らず、高齢で小脳前葉部の病変であり開頭術での侵襲が大きくなることが予想された為、内視鏡下生検術を予定した。腫瘍径が前述の通り小さなものでありナビゲーションシステム(Stryker製)を併用した。内視鏡はOlympus 4.0mmの硬性鏡を使用し後頭下左側にburr holeを設け、ニューロポートシース(Olympus製)を挿入。挿入時に一旦内筒をはずした後、内視鏡とナビゲーションprobeを挿入し、シース先端部を確認した。この操作を繰り返し腫瘍部に容易に到達できた。腫瘍の性状は暗灰色でgliomaが最も疑われた。続いて耳鼻科用鉗子で腫瘍を採取し内視鏡用吸引管で止血し終了とした。術後CTでも後出血は認めなかった。病理はanaplastic astrocytomaであり、現在テモゾロマイド加療中である。【結論】今回脳実質病変の生検術に硬性鏡を用い、内視鏡的血腫除去術の際の器具と手技を応用しながらナビゲーションシステム、耳鼻科用鉗子を使用することでより低侵襲で確実な生検術が可能であると思われた。

Home ご案内 日程表 プログラム 1日目 プログラム 2日目