第16回日本神経内視鏡学会 抄録
The 16th Annual Meeting of the Japanese Society for Neuroendoscopy

前の演題 次の演題

第2日目、12月5日(土)E 会場(3階 ホワイエ ANA 側) 11:15〜11:55

ムービーセッション 9: 機器の工夫

座長: 小野成紀

2E-Mov9-5

内視鏡下に脳室カテーテルを標的へ誘導する2方法の考案
2 ways to guide ventricular catheter to the target using neuroendoscope.

埜中正博 (NONAKA Masahiro)、馬場庸平、中島 伸、山崎麻美

国立病院機構 大阪医療センター 脳神経外科

脳室内出血後や髄膜炎のあとに起きる水頭症は、時に脳室内や中脳水道、モンロー孔に隔壁を複数形成し、それぞれが孤立して大きくなることもある。その際には内視鏡下に隔壁を穿孔して、再度閉塞しないようにチューブを留置し、脳室を単一腔にした上でシャントを実施する治療法が効果的であると近年報告されている。ところが内視鏡下に穿孔した隔壁や中脳水道にチューブを誘導するのは必ずしも容易ではない。脳室内出血後水頭症の2症例に対して、それぞれ異なるチューブの誘導を試みたので報告する。内視鏡はオリンパス社の軟性電子スコープを用い、八光社製の内視鏡用のポートを使用した。1例は未熟児脳室内出血の例で、先行してVPシャント術が行われたが、中脳水道に隔壁を形成し第4脳室が拡大してきたため、内視鏡下に中脳水道へチューブを留置した。脳室用カテーテルのガイド用の針金を先端で30度曲げ、ガイドの後部を回転させることで先端を目的部へと誘導できるようにした。2例目は新生児脳室内出血の例で、すでに脳室内に複数の隔壁が形成されていたため、第4脳室の孤立を防ぐために脳室カテーテルを第4脳室まで誘導した。この例では中脳水道が拡大していたため、内視鏡を第4脳室まで進め、そのまま内視鏡用のポートの外套を進めた。内視鏡を抜いた後にポート内へ脳室カテーテルを挿入し、第4脳室まで誘導した。脳室が狭い、あるいは穿孔部が小さい場合に穿孔部へカテーテルを誘導するには1例目に用いた方法が有用であると考えられた。一方中脳水道が拡大している例や、隔壁の穿孔部が大きく内視鏡をそのまま穿孔部に進められる時には2例目に用いた方法がカテーテルの誘導に有効であると考えられた。

Home ご案内 日程表 プログラム 1日目 プログラム 2日目