第38回日本小児神経外科学会
The 38th Annual Meeting of the Japanese Society for Pediatric Neurosurgery

前の演題 次の演題

第1日目、6月4日(金)B 会場(2階 203, 204)8:20〜9:05

一般口演 1: 水頭症 1

座長: 青木信彦、山内康雄

O1-4

Preterm infantの脳室内出血の治療:8例の経験
The treatment of intraventricular hemorrhage in the preterm infant: A report of 8 cases

雄山博文 (OYAMA Hirofumi)

大垣市民病院 脳神経外科

はじめに)Preterm infantの脳室内出血の治療は難しい。我々はその8例を経験したので報告する。症例)7例はgrade III であり、1例はgrade IVであった。結果)A)2例はまず脳室ドレナージで治療し、その後VP shuntを行った。2例とも頭囲は術前平均以上であったが、脳室ドレナージ後平均以下に低下した。ドレナージ中細菌性髄膜炎が1例(50%)で生じた。B)3例はまずOmmaya reservoirを埋め込んだ。うち1例(33%)で創部より髄液漏を生じ、後に細菌性髄膜炎となったため、脳室ドレナージを必要とした。この患者では頭囲は術前平均以上であったが、髄液漏後平均以下に低下した。残る2例ではOmmaya reservoirより間歇的穿刺排液を行い、その後VP shuntを行った。頭部超音波検査では間歇的穿刺排液後、水頭症の中等度の改善を得たが、頭囲は依然として大きいままであった。C)3例ではVP shuntのみを行った。この3例では感染を生じなかった(0%)。考察)VP shuntは一般に、体重が1500g以上になった時点で可能であり、水頭症が進行する例ではまずは脳圧コントロールが必要である。我々の症例では脳室ドレナージが水頭症の治療に最も有効であった。しかしながら感染の危険を考えると、Ommaya reservoirよりの間歇的穿刺排液による治療が望ましいと考える。

Home ご案内 日程表 プログラム 1日目 プログラム 2日目