第38回日本小児神経外科学会
The 38th Annual Meeting of the Japanese Society for Pediatric Neurosurgery

前の演題 次の演題

第2日目、6月5日(土)B 会場(2階 203, 204)14:40〜15:30

一般口演 10: 外傷

座長: 重森 稔、岩崎康夫

O10-5

児童虐待による乳幼児頭部外傷への外科的治療方針の選択
Surgical management for abusive head trauma in infants and toddlers

荒木 尚 (ARAKI Takashi) 1、李 政勲 1、師田信人 1、横田裕行 2

国立成育医療センター 脳神経外科 1、日本医科大学附属病院 高度救命救急センター 2

【目的】児童虐待による身体的損傷において頭部外傷は最も高い比率であると同時に致命的損傷となる。今回当センターにおいて外科的治療介入を行った虐待による頭部外傷症例を対象として、損傷の形態と時期、外科的治療の選択について考察した。【対象】2009年1月から2010年1月までの12ヶ月間に当センター脳神経外科にて外科的治療を受け、虐待による受傷原因であった9例(男児6例、女児3例)につき、臨床的特徴、他部位損傷、画像所見、緊急性の判断、治療法、予後について後方視的に検討した。尚虐待診断は院内虐待診断チーム(SCAN)により、児童相談所へ通告された。【結果】平均年齢8.6ヶ月、性別は男児6例、女児3例であった。全例が単独頭部外傷であり、7例に網膜出血などの眼科的異常所見を認めた。入院時CT上、急性硬膜下血腫6例、脳実質損傷3例、慢性硬膜下血腫3例、頭蓋骨骨折6例、虚血性病変5例に認めた。緊急頭蓋内圧センサー挿入3例、緊急開頭血腫除去3例、頭蓋内圧亢進による減圧術3例、硬膜下腹腔シャント5例に施行した。全例が救命され、現在PVS1例、MD3例、GR5例であった。予後は1例入院中、2例両親から引き離し、6例は児童相談所の介入による外来経過観察となった。【結論】虐待による頭部外傷に対しては、標準化された治療方針はなく、頭蓋内圧測定などを用い個々の病態に応じた脳神経外科的治療を選択することにより高率に救命が可能である。

Home ご案内 日程表 プログラム 1日目 プログラム 2日目