第38回日本小児神経外科学会
The 38th Annual Meeting of the Japanese Society for Pediatric Neurosurgery

前の演題 次の演題

第1日目、6月4日(金)B 会場(2階 203, 204)10:40〜11:40

一般口演 3: 二分脊椎

座長: 阿部俊昭、吉岡 進

O3-4

脊髄脂肪腫の手術結果に影響する形態的特徴:無症候例に対する手術治療への考察
Morphological features of spinal lipoma related to surgical outcome: Implications for surgical treatment of asymptomatic cases

吉藤和久 (YOSHIFUJI Kazuhisa) 1、越智さと子 1、村上友宏 2、金子高久 2、小柳 泉 2

北海道立子ども総合医療・療育センター 脳神経外科 1、札幌医科大学 脳神経外科 2

【はじめに】脊髄脂肪腫の治療は,自然経過と手術リスクを中心に判断される.今回,脂肪腫(症候性、無症候性)の形態的特徴と手術結果を検討し,無症候例の特徴ならびに治療における注意点について考察する.【対象・方法】2003〜2008年に初回手術を施行した円錐部脂肪腫19例(症候性11例,無症候性8例),終糸脂肪腫16例(症候性8例,無症候性8例)を対象とした.術前MRIおよび手術所見(イ:脊髄の脊柱管外脱出,ロ:脂肪腫が大きく脊髄との移行部が広い=矢状面で4椎体以上または軸面で脊髄の半周以上,ハ:神経根とその硬膜貫通部の異常=脂肪腫を貫通する,硬膜欠損部から出る)が,手術結果(A:何らかの症状悪化または不完全係留解除,B:術後の脂肪腫周囲のくも膜下腔狭小,C:係留解除良好)と関連するか検討した.【結果】円錐部脂肪腫では,症候性11例全てにイ〜ハいずれかの所見を認め,手術結果はA3例,B3例(AかつB1例),C6例であった.無症候性8例では,1例にイ,ロの所見を認め,結果はAかつBであった.他の7例はイ〜ハの所見は認めず,手術結果もCであった.一方,終糸脂肪腫はいずれもイ〜ハの所見を認めず,手術結果は全てCであった.また,イ,ロの術中所見は術前MRIで判断できたが,ハの術中所見をMRIで診断できたのは7例中2例のみであった.【結論】今回検討した脊髄脱出,脂肪腫サイズ,神経根の異常所見は,術前症状のみならず手術結果とも関係していた.しかし,神経根の硬膜貫通部の異常は,術前MRIで正確な診断が困難な場合があり,今後十分な検討が必要である.無症候性円錐部脂肪腫や終糸脂肪腫は,これらの異常所見を伴うことは少ないが,認められる場合には,症候性となる可能性・手術リスクともに高いことを考慮して,外科治療を決定すべきと考える.

Home ご案内 日程表 プログラム 1日目 プログラム 2日目