第38回日本小児神経外科学会
The 38th Annual Meeting of the Japanese Society for Pediatric Neurosurgery

前の演題 次の演題

第1日目、6月4日(金)B 会場(2階 203, 204)16:05〜16:55

一般口演 6: 腫瘍 2

座長: 倉津純一、若林俊彦

O6-2

小児視床グリオーマに対する外科的摘出術の役割
A role of surgical extirpation for pediatric thalamic glioma

藍原康雄 (AIHARA Yasuo ) 、久保長生、堀 智勝、岡田芳和

東京女子医科大学 脳神経外科

【目的】小児脳腫瘍のうち約5%は視床に発生し、病理学的にグリオーマが最も多い。これまで小児視床グリオーマのmanagementについて明確なコンセンサスは確立されておらず、術後患児のQOLを考慮して積極的な外科的治療が第一選択とならない症例が多い。今回我々は、小児視床グリオーマ症例に対して、定位的脳生検術、ナビゲーション・オープンMRIシステムを用いて外科的摘出術施行の経験から、集学的治療のなかでの外科的摘出術の意義について検討する。【症例】小児視床グリオーマ4症例。病理診断(1歳男児:GBM、15歳女児:GBM、9歳女児:anaplastic astrocytoma (AA)、4歳男児:AA)。主訴は頭痛、嘔吐をはじめ、2症例は急性水頭症症状にて発症した。1歳GBM症例は、開頭腫瘍摘出術(初回OTA/再増大時IHA)にて摘出術を施行した。15歳GBM症例は、ナビゲーション・オープンMRIシステムを用いて、脳室経由にて摘出術を施行した。9歳AA症例は、神経内視鏡的に細胞診断のみ施行し、放射線・化学療法を追加した。4歳AA症例は、定位的脳生検術の後、化学療法、放射線療法を施行。再発時、(IHA)にて開頭腫瘍摘出術を施行した。【考察】小児のFocal type thalamic gliomaは、積極的摘出術の対象となりうる症例多い。Diffuse typeであっても、同じ病理診断にもかかわらず全く異なった臨床経過をたどることがあるため、 外科的細胞診断は最低限必要と考えられる。外科的摘出術を選択しても、術後患児のQOLを維持しての治療効果は期待できる。小児視床グリオーマに対する外科的細診・摘出術の適応は、腫瘍体積の減少目的だけでなく、後療法である放射線療法の照射野の決定や、化学療法の選択のうえでも非常に重要であり、術後患児のQOL維持を考慮して積極的に考慮すべきである。

Home ご案内 日程表 プログラム 1日目 プログラム 2日目