第38回日本小児神経外科学会
The 38th Annual Meeting of the Japanese Society for Pediatric Neurosurgery

前の演題

第1日目、6月4日(金)B 会場(2階 203, 204)16:05〜16:55

一般口演 6: 腫瘍 2

座長: 倉津純一、若林俊彦

O6-7

乳児期の悪性脳腫瘍に対する集学的治療
Multimodality treatment for infantile malignant brain tumor.

埜中正博 (NONAKA Masahiro) 、馬場庸平、永野大輔、尾崎友彦、中島 伸、山崎麻美

国立病院機構 大阪医療センター 脳神経外科

乳児の悪性脳腫瘍は稀であり、組織形もさまざまでその治療は容易ではない。当院で1988年より現在まで治療した8例の乳児悪性脳腫瘍について報告する。 8例のうち、男児は6例、女児は2例であった。組織は未分化奇形腫が3例と最も多く、他は松果体芽腫2例、上衣腫1例、PNET1例、乳児線維肉腫1例であった。手術は初期に肉眼的全摘出が行われた例が3例、化学療法を実施後全摘出を行った例が2例であった。化学療法は6例に実施されていた。化学療法の内容はいずれもシスプラチンを主体とするものであり、シスプラチン、シクロフォスファミド、エトポシド、ビンクリスチンの4剤を併用した治療は3例に対し行われた。放射線治療は化学療法が奏功しなかった4例と上衣腫に対して実施された。水頭症を来たした例は5例であり、治療としては腫瘍摘出による髄液路閉塞解除が2例、ETVが1例、髄液ドレナージを実施しながら化学療法を行った例が2例で、最終的にはいずれも髄液管理のため脳室腹腔シャント術を要した。 6例が死亡、生存2例はが現在初回術後2年と4年経過している。死亡例の平均生存期間は13.7ヶ月であった。化学療法はCR3例、PR1例、PD2例で、CR例はいずれも4剤併用療法であった。CR例のうち1例は18ヵ月後に再発した。放射線治療は照射中に死亡した例が3例で、いずれも3歳未満で実施された。3歳になってから照射した1例はCRであったが1年後に再発した。水頭症についてはシャント後に明らかな腹腔内播腫を来たした例はなかった。乳児悪性脳腫瘍には4剤併用療法による化学療法は効果が期待されるが、放射線治療は3歳以前の治療についての効果は期待できない可能性が示された。また水頭症を合併している例では髄液管理が容易ではなく、髄液シャントが必要となる可能性が高いことが示された。

Home ご案内 日程表 プログラム 1日目 プログラム 2日目