第38回日本小児神経外科学会
The 38th Annual Meeting of the Japanese Society for Pediatric Neurosurgery

前の演題 次の演題

第2日目、6月5日(土)B 会場(2階 203, 204)8:20〜9:10

一般口演 7: もやもや病

座長: 長嶋達也、岩間 亨

O7-3

若年発症小児もやもや病に対する多重EDASの長期予後
Long-term follow up of early-onset moyamoya disease performed multiple EDAS

天神博志 (TENJIN Hiroshi)

京都第二赤十字病院 脳神経外科

【目的】若年発症の小児もやもや病は病勢の進行に対して血行再建術が追いつかず予後不良となることがある。特に前大脳動脈領域や後頭葉への十分な血行再建ができないことが多い。そこで前頭葉や後頭葉の虚血を軽減するため浅側頭動脈頭頂枝に加え浅側頭動脈前頭枝や後頭動脈をあわせて用いた多重EDASを開発した。今回その長期予後について検討した。【方法】若年発症小児もやもや病患者のうち多重EDASを必要とした6例について検討した。検討の対象は5歳までに発症した症例とした。手術の回数は1例で左右の2回、4例では左右と後頭動脈のEDASなど3回、1例では4回の多重EDASを行った。観察期間は4年から19年(13±5年)であった。【結果】全例で日常生活は可能であった。3例で学校生活はしているものの軽度の知能遅延を認めた。そのうち2例は経過観察が十分でないため後頭動脈を用いたEDASができなかった症例であった。【結論】STA頭頂枝に加えSTA前頭枝と後頭動脈を用いた多重EDASは若年発症の小児もやもや病患者の長期予後に寄与できたと考えられた。十分な経過観察を行いタイミングよく必要な部分へのEDASを加えることが重要と考えられた。

Home ご案内 日程表 プログラム 1日目 プログラム 2日目