第38回日本小児神経外科学会
The 38th Annual Meeting of the Japanese Society for Pediatric Neurosurgery

前の演題 次の演題

第2日目、6月5日(土)B 会場(2階 203, 204)10:00〜10:50

一般口演 8: 手術手技

座長: 本郷一博、阿部琢巳

O8-5

小児水頭症治療における確実な脳室穿刺のための術前CTシミュレーション
Accurate insertion of ventricular catheter for pediatric hydrocephalus with preoperative CT simulation

宮入洋祐 (MIYAIRI Yosuke) 1、重田裕明 1、本郷一博 2

長野県立こども病院 脳神経外科 1、信州大学 医学部 脳神経外科 2

【目的】V-Pシャントにおいて、適切な部位への脳室カテーテルの設置はシャント機能不全を予防する重要な因子である。特に再建時の変形や狭小化した脳室の穿刺は困難な場合があり、その重要性は増す。当院の術前CTシミュレーションによる、脳室カテーテル設置における工夫を紹介し、有用性と課題について検討した。【対象】2003年から2009年までの39症例、50 回のV-Pシャント手術(新設25回、再建25回)を対象とした。【方法】通常の術前検査で行ったCTデータを利用し、画像解析ソフトウェアExavison®を用いて術前シミュレーションを行った。脳室カテーテルを脳室内に最長距離で設置できるように脳表の穿刺部位と穿刺方向、脳室壁までの距離、設置するカテーテルの長さなどを計測する。穿刺部位を皮膚上の基準点から計測し、穿刺方向の目標点を皮膚上に決定する。通常の3断面の他に、脳室カテーテルに直行する断面や平行断面も作成し、確実な挿入を確認する。【結果】1例を除きほぼシミュレーション通りの位置に脳室カテーテルの設置が可能であった。特に縮小した脳室の再建7例で有用であったが、1例でカテーテル先端の位置が不良で再手術を要した。目標点の不十分な確認で穿刺をしたことが原因と思われる。【結論】術前CTのシミュレーションは、縮小した脳室においても、脳室形態を正しく認識し、脳室穿刺を確実に行うために有用であり、精確な計測に基づく皮膚上のマーキングがきわめて重要である。

Home ご案内 日程表 プログラム 1日目 プログラム 2日目