第38回日本小児神経外科学会
The 38th Annual Meeting of the Japanese Society for Pediatric Neurosurgery

前の演題 次の演題

第1日目、6月4日(金)D 会場(2階 201)12:45〜13:15

デジタルポスター 2: 腫瘍 2

座長: 杢中正博

P2-3

乳児choroid plexus carcinomaに対する造血幹細胞移植を併用した超大量化学療法
High-dose chemotherapy with stem cell rescue for choroid plexus carcinoma in infant

市川智継 (ICHIKAWA Tomotsugu) 1、黒住和彦 1、茶山公祐 2、宮村能子 2、柳井広之 3、伊達勲 1

岡山大学大学院 脳神経外科 1、岡山大学大学院 小児科 2、岡山大学病院 病理部 3

【はじめに】Choroid plexus carcinoma(CPC)は乳幼児に好発する極めて悪性の腫瘍であるが、発生数が少ないため一定した治療法は確立されておらず、依然として予後不良である。最近我々は、乳児CPCを2例経験し、肉眼的全摘出と造血幹細胞移植を併用した超大量化学療法により寛解導入が得られたので、文献的考察を加え報告する。【症例】症例1:4か月男児。頭囲拡大と嘔吐、意識障害で発症。頭部MRIで右側脳室に著明に造影される巨大腫瘍(長径7cm)を認めた。開頭により全摘出を行い、病理学的にCPCと診断された。髄液所見および全脳全脊髄MRIでは播種を認めなかった。術後、化学療法ICE(ifosphamide, carboplatin, etoposide)/VCEC(vincristine, cisplatin, etoposide, cyclophosphamide)を行った後に、自家骨髄移植併用超大量TEC(thiotepa, etoposide, carboplatin)を施行した。開頭摘出術から14か月の現在、再発を認めない。症例2:7か月男児。嘔吐で発症。頭部MRIで右側脳室に著明に造影される巨大腫瘍(長径8.5cm)を認めた。2回の開頭術で全摘出した。術中、側脳室壁に播種性病変を認めた。現在、化学療法(ICE/VCECと末梢血幹細胞移植併用超大量TEC)を施行中であるが、画像上は寛解状態にある。【考察】CPCに対して、全摘出が生命予後を延長することは明らかにされているが、脳内浸潤と播種を伴うため、手術だけでは根治は望めない。放射線療法の効果は示されているが、3歳未満児では神経毒性の問題があり施行が躊躇される。化学療法の効果は不明であるが、今回我々は、poor risk群medulloblastomaに対して当院で施行している超大量化学療法レジメンにより寛解導入することができた。【結語】乳児CPC患児に対して、可及的腫瘍摘出術の後、強力な化学療法を第一選択とすることにより、放射線治療を延期できる可能性がある。

Home ご案内 日程表 プログラム 1日目 プログラム 2日目