第38回日本小児神経外科学会
The 38th Annual Meeting of the Japanese Society for Pediatric Neurosurgery

前の演題 次の演題

第1日目、6月4日(金)D 会場(2階 201)12:45〜13:15

デジタルポスター 2: 腫瘍 2

座長: 杢中正博

P2-4

髄芽腫に対する集学的治療−術後早期照射と大量化学療法−
Preliminary treatment results of craniospinal radiotherapy in the early post operative phase followed by high-dose chemotherapy and stem-cell rescue in children with medulloblastoma

吉村淳一 (YOSHIMURA Junichi) 1、原田敦子 1、西山健一 1、阿部英輔 3、今井千速 2、藤井幸彦 1

新潟大学脳研究所 脳神経外科 1、新潟大学医歯学総合病院 小児科 2、新潟大学医歯学総合病院 放射線科 3

【目的】従来当施設では髄芽腫に対し、腫瘍摘出後可及的早期に36Gyの全脳全脊髄照射(CSI)を行った後2年間の維持化学療法を行ってきた。従来法の5年全生存率は80%と良好であったが、年少児での放射線障害による知能低下・低身長は甚大であった(小児の脳神経,2008)。そこで2008年以降はCSIを減量し化学療法を強化した新たな治療を開始したので、実行可能性について検討した。【方法】3歳以上の髄芽腫を含む胎児性脳腫瘍患児が対象。可及的摘出後、G-CSF単独にて末梢血幹細胞採取(PBSCH)を行い術後14日以内の早期にCSIを開始する。照射量は標準リスク患者では24Gy、高リスク患者(播種例)では36Gy+播種部位へのboostを行う。照射後6週間の休息後PBSCT救援大量化学療法を4コース行った後経過観察を行った。【結果】症例1は6歳男児、髄芽腫(標準リスク)。亜全摘後PBSCHを行い、術後14日目よりCSIを開始した。6週間の休息の後PBSCT救援大量化学療法を4コース施行し、初期治療を完了した。現在寛解状態を維持している。今のところ知的障害、低身長などの知能・内分泌障害は見られていない。症例2は5歳の男児、髄芽腫(標準リスク)。亜全摘術後PBSCHを施行、術後14日目からCSIを開始した。照射後大量化学療法を4コース施行し合併症なく寛解状態を得た。現在のところ知能・内分泌障害は認めていない。症例3は7歳女児、髄芽腫(標準リスク)。亜全摘後PBSCHを施行し、術後14日目からCSIを開始した。現在大量化学療法を施行中。【結語】3例とも摘出術後PBSCHを行い、術後14日以内の早期からCSIを開始した。さらに照射後4コースの大量化学療法を合併症なく施行でき、寛解状態を得ることができた。小児血液腫瘍科・放射線科と協力することにより本法は安全・確実に施行することが可能であり、髄芽腫に対する新たな集学的治療法として期待される。

Home ご案内 日程表 プログラム 1日目 プログラム 2日目