第38回日本小児神経外科学会
The 38th Annual Meeting of the Japanese Society for Pediatric Neurosurgery

前の演題 次の演題

第1日目、6月4日(金)D 会場(2階 201)12:45〜13:15

デジタルポスター 2: 腫瘍 2

座長: 杢中正博

P2-5

胎児巨大脳腫瘍の治療について
Intrauterine brain tumors -Report of two cases-

吉岡 進 (YOSHIOKA Susumu) 1、濱田一也 1、杉田憲司 1、倉津純一 2

大分県立病院 脳神経外科 1、熊本大学 脳神経外科 2

【はじめに】胎児期に発見された(巨大)脳腫瘍については治療方針が確定していないこともあり、不幸な転帰をとることが多い。今回、異なる転帰をとった2例について、治療方針等に検討を加え報告する。【症例1】妊娠33週、胎児超音波検査と母体の腹部MRIで左大脳半球のほとんどを占める占拠性病変を認めた。その後、頭囲拡大が進行するため、妊娠37週3日に帝王切開にて出生。生下時頭囲は44cm、MRIではmixed intensityで造影剤にて強く造影される腫瘍が頭蓋内の2/3以上を占めていた。生後、腫瘍は急速に増大し、日齢20に開頭腫瘍摘出術を施行した。摘出腫瘍は13x13x10cm、術後CTで腫瘍はほぼ全摘され、軽度の右片麻痺を残して日齢50で自宅へ退院した。病理診断は、未熟奇形種でMIB-1 indexも高値であったため、生後3ヶ月から化学療法(CBDCA+VP-16)を開始し、合計6クール施行した。12年後の現在、右手の微細運動障害を認めるものの、腫瘍の再発なく通常の学校生活を送っている。【症例2】妊娠26週3日の胎児超音波検査とMRIにて頭囲拡大と左大脳半球の大部分を占める腫瘤を認め、胎児脳腫瘍と診断された。妊娠26週6日子宮内胎児死亡が確認され、経膣誘導分娩(死産)。剖検は得られなかった。【考察・結論】胎児期に発見された巨大脳腫瘍(特に未熟奇形腫)は、胎内あるいは出生後急速に増大することが多い。その周産期管理は困難を要するが、出生時に全身麻酔に耐えうる状態で重篤な奇形等の合併がなければ、腫瘍の大きさだけで手術を断念することなく、腫瘍摘出術も考慮すべきである。

Home ご案内 日程表 プログラム 1日目 プログラム 2日目