第38回日本小児神経外科学会
The 38th Annual Meeting of the Japanese Society for Pediatric Neurosurgery

前の演題 次の演題

第2日目、6月5日(土)C 会場(2階 202)13:40〜14:10

デジタルポスター 9: 血管障害 1

座長: 佐久間 潤

P9-1

頭蓋内内頸動脈解離により脳梗塞を発症したfibromascular dysplasiaの1小児例
A case of pediatric fibromascular dysplasia with carotid artery dissection

高田大慶 (TAKADA Daikei) 、小割健太郎、大洲光裕、杉本圭司、永井秀政、秋山恭彦

島根大学 医学部 脳神経外科

〔目的〕Fibromascular dysplaisia(FMD)は脳梗塞の原因となりうるが、小児での脳梗塞発症例は比較的稀である。FMDに関連する頭蓋内内頸動脈解離により脳梗塞を生じた1小児例に対し、頸動脈閉塞後約7時間経過してからPTAを行い良好な結果を得たので報告する。〔症例〕12歳の男児。プールで溺れかかっているところを救助され近院へ搬送された。搬入先の病院で右半身麻痺(4/5)と失語が認められ、MRIで頭蓋内の左頸動脈解離と思われる所見が認められたために、ヘパリンによる抗凝固療法が行われた。しかしその後、患児が意識障害と麻痺の悪化を来たしたために当院へ転送された。〔治療〕MRAでは左頸動脈が閉塞していることが判明し、解離の進行によって頸動脈が閉塞し神経症状が悪化したものと推測した。悪化の時間帯などから閉塞後6時間程度経過しているものと推測された。MRAでは対側の内頸動脈からのcross frowは比較的発達しているものの、DWIでは左基底核部にすでに虚血性変化が出現しており、神経症状が急速に進行しているために(片麻痺2/5、意識障害30:JCS)今後更に虚血巣が進展すると推測し、緊急でBaloon PTAを行った。術中所見として、頸動脈はpost sinus tapering occlusion呈し、カテーテルを内頸動脈に進めて撮影すると、第2頚椎レベルでstring-of-beads signが認められた。閉塞部は内頸動脈C1−C2レベルで、マイクロガイドワイヤーで閉塞部をlesion crossさせPTA balloonを用いて閉塞血管の再開通を得た。神経症状は治療後に劇的に改善し、術後の出血性変化を来たすこと無く独歩退院した。小児のFMDと急性期血行再建術について若干の文献的考察を加えて報告する。

Home ご案内 日程表 プログラム 1日目 プログラム 2日目