第38回日本小児神経外科学会
The 38th Annual Meeting of the Japanese Society for Pediatric Neurosurgery

前の演題 次の演題

第2日目、6月5日(土)C 会場(2階 202)13:40〜14:10

デジタルポスター 9: 血管障害 1

座長: 佐久間 潤

P9-3

乳児の頭皮下血管異常の一例
A case of infant scalp vascular abnormalities

角 光一郎 (SUMI Koichiro) 1、大高稔晴 2、四條克倫 1、栗原 淳 2、西本 博 2、片山容一 1

日本大学 医学部 脳神経外科学系 神経外科学分野 1、埼玉県立小児医療センター 脳神経外科 2

【はじめに】乳児の頭皮下血管異常は非常にまれである。術前の画像検査にて頭蓋内静脈系との交通を認めないscalp cavernous angioma と診断し、外科的加療を行い、経過良好であった症例を経験した。【症例】生後1ヶ月の女児。1ヶ月健診時に頭皮下腫瘤を指摘され紹介受診した。正常分娩であり、頭部外傷の既往はなし。右側頭部に啼泣時に膨隆する3 cm大の非可動性、軟腫瘤であり、表面の一部は紫色であった。頭皮下腫瘤を認める以外に身体所見の異常は認めなかった。頭部CTにて頭蓋骨の菲薄化は認めなかった。頭部MRIにてflow voidは頭皮下に限局しており、頭蓋内との関連は否定的であった。また、頭蓋内に異常所見は認めなかった。頭皮静脈からの直接穿刺によるDSA, 3D-CTAにて浅側頭静脈、後耳介静脈の血管屈曲・狭搾を認め、その間に拡張した血管を認めた。また、静脈洞など頭蓋内静脈系への異常な交通は認めなかった。以上より、scalp cavernous angiomaと診断し、全身麻酔下にて全摘出術を施行した。血管異常は皮下脂肪組織内(帽状腱膜外側)に存在し、静脈性構造物と考えられ、頭蓋内への関与は否定的であった。術後経過良好であり自宅退院した。【考察】頭皮下の血管異常には、scalp cavernous angioma、sinus pericranii、arteriovenous malformation of the scalp、cirsoid aneurysmsなどが含まれる。上記疾患名についてoverlapする部分があり、やや混乱している感がある。今回我々が経験した乳児の頭皮下血管異常の症例について文献的考察を含め報告する。

Home ご案内 日程表 プログラム 1日目 プログラム 2日目