第38回日本小児神経外科学会
The 38th Annual Meeting of the Japanese Society for Pediatric Neurosurgery

前の演題 次の演題

第1日目、6月4日(金)A 会場(3階 メインホール)14:30〜15:45

シンポジウム 3-1: 周産期における諸問題(胎児診断)

座長: 橋本信夫、坂本博昭

S3-2

胎児期HASTE法MRIに基づく先天性中枢神経異常の出生前診断とインフォームドコンセント
Prenatal diagnosis and informed consent for central nervous abnormality based on Half-Fourier acquisition single-shot turbo spin-echo MR images

橋口公章 (HASHIGUCHI Kimiaki) 1、森岡隆人 1, 2、村上信哉 1、佐々木富男 1

九州大学大学院 医学研究院 脳神経外科 1、九州労災病院脳神経外科 2

【序文】Half-Fourier acquisition single-shot turbo spin-echo(HASTE)法によるheavily T2強調画像(hT2WI)は種々の中枢神経障害の胎児診断においてきわめて有用である(Pediat Neurosurg 2006).当院では,1995年からHASTE法MRIを用いた胎児診断を行っており,それに基づく出生前インフォームドコンセント(IC)を得て,出生後のMRIに基づき2度目のICを得て治療に当たっている.
【方法】2005年以降に当院周産母子センターで妊娠分娩管理を行った中枢神経系病変52症例のうち,胎児MRIを行った37例を対象として,出生前MRIの診断的意義,出生前ICのあり方について検討した.
【結果】当院周産母子センターに紹介された時期は16から37週(平均29.0週)で,MRIを行った時期は25週から38週(平均31.4週)であった.各患児の臨床診断は,胎児水頭症9例,脊髄髄膜瘤6例,くも膜嚢胞4例,全前脳包症・脳梁形成不全が各3例,孔脳症・脈絡叢乳頭腫・Dandy-Walker奇形・後頭部髄膜瘤/脳瘤が各2例,半球間裂嚢胞・滑脳症・結節性硬化症・巨大大槽が各1例であった.脊髄髄膜瘤の6例,胎児水頭症の6例,孔脳症・半球間裂嚢胞・脳腫瘍・脳瘤の各1例に対して出生後早期に手術を行った.全症例の家族に出生前と出生直後の2回に分けて病状説明を行い,ICを取得することにより,家族の病態と治療に対する受け入れが容易となり,円滑に治療へと移行することが出来た.
【結論】出生前のHASTE法MRIは,患児のより詳細な病態把握に有用で,それにより円滑なIC取得及び治療に臨むことができる.

Home ご案内 日程表 プログラム 1日目 プログラム 2日目