第38回日本小児神経外科学会
The 38th Annual Meeting of the Japanese Society for Pediatric Neurosurgery

前の演題 次の演題

第1日目、6月4日(金)A 会場(3階 メインホール)14:30〜15:45

シンポジウム 3-1: 周産期における諸問題(胎児診断)

座長: 橋本信夫、坂本博昭

S3-4

胎児診断された先天性中枢神経疾患の至適分娩時期及び分娩方法に関する検討
Timing and method of delivery for prenatally diagnosed hydrocephalus and related CNS anomaly

白根礼造 (SHIRANE Reizo) 1, 2、林 俊哲 1、君和田友美 1、冨永悌二 3

宮城県立こども病院 脳神経外科 1、東北大学大学院医学系研究科 発達神経外科学 2、東北大学大学院医学系研究科 神経外科学 3

【緒言】近年の胎児診断法の進歩に伴って胎児期に中枢神経異常が認められる頻度が高くなっている、しかし脳室拡大や脊髄髄膜瘤等を認めた場合の分娩方法や至適分娩時期に関する検討は未だ十分になされていない。当院では宮城県内の産科施設で胎児中枢神経異常が疑われた場合の二次検診を担当しているが、これ迄の5年間の経験について報告する。【方法】胎児MRIによって中枢神経異常の程度が軽微か、出生後の外科的処置が必要でないと判断された場合は経過観察と出産は基本的には紹介医で行われる。出生後早期に何らかの外科的処置が必要と考えられる場合や他の合併異常が疑われる場合は、37週以降に帝王切開の予定を立てて週に一度の経過観察を行った。【結果】中枢神経系異常と診断された54例中30例で帝王切開が選択された。脊髄髄膜瘤が22例、その他は水頭症やDandy-Walker症候群等で脳室拡大が高度な場合である。経過観察中に脳室拡大が進行したのは高位脊髄髄膜瘤、水頭症、脳梁欠損を伴う水頭症の3例で、予定日を繰り上げて帝王切開を行ったのは前二例であった。脊髄髄膜瘤では出生翌日に整復術を行い脳室拡大例に対しては経過観察の後にシャント或はオンマヤリザーバーの留置等を行った。分娩時期や帝王切開に関連して児の予後に影響する合併症を認めた例は無かった。【結論】中枢神経系先天異常を有する新生児の診療は小児専門医療施設やNICUを備えた施設で行われる事が一般的である。実際の手術治療に際しては多種の専門家の手が必要とされ、緊急対応が可能とは言えない現状がある。このような社会的背景においては出生前診断の担う役割は円滑な医療遂行のためにも小さくない。特殊な例を除いては37週以降に計画的に帝王切開を行い引き続いて児の治療を行うのが理想的と考えられた。

Home ご案内 日程表 プログラム 1日目 プログラム 2日目