第38回日本小児神経外科学会
The 38th Annual Meeting of the Japanese Society for Pediatric Neurosurgery

前の演題 次の演題

第1日目、6月4日(金)A 会場(3階 メインホール)14:30〜15:45

シンポジウム 3-1: 周産期における諸問題(胎児診断)

座長: 橋本信夫、坂本博昭

S3-6

当院周産期センターにおける中枢神経系胎児診断・治療とその取り組み —診断から入院、そして退院後までの集学的医療体制の構築—
Systematic treatment for fetally diagnosed CNS - malformations in our Perinatal Care Center

田代 弦 (TASHIRO Yuzuru) 、石崎竜司、桑野 愛、北川雅史

静岡県立こども病院 脳神経外科

【目的】開設以来2年を経た周産期センター ( PCC ) における中枢神経系胎児診断例を総括し、院内他科医師・看護師、そして地域医療・保健福祉との間で構築した集学的医療体制について報告する。【方法】中枢神経系胎児診断を受けて当科外来に紹介された症例は33例であった。それらは、(1) PCC で入院・出産の予定とし、出産時に当科が立会う、(2) PCC での入院・出産となるが、出生後・退院前に当科受診、(3) 紹介元産科での出産となり、出生・退院後に当科外来を受診、の3つに分別された。これらの外来初診時、入院週数、出産方法、治療、予後などを比較した。また、両親に対する説明やケア、特に精神面に関するサポートを診断から退院・子育てまでの流れで検討した。【結果】全例が地域産科医にエコー上脳形態異常を指摘され、PCC に紹介された後撮影したMRIを持参して、平均28.8週で当科を初診した。(1)に13例、(2)5例、(3)15例と振り分け、(1)(2)を併せた18例は、当院産科に平均34.1週で入院し、関連科間でのカンファレンスで、出産週数や方法、出生後の治療法・手順を決定した。出産週数は平均35.3週、出産方法は経膣分娩3例、帝王切開15例、出生直後に8例で当科的処置を行った。出産までの入院中に両親に対して看護師・保健師を交えての会合を持ち、胎児診断に即しての病態、出生後の治療・予後、社会福祉的な介助などの説明を交えて、精神面に関するサポートを充分行えた。(3)の15例では、初診外来時での両親への病態・予後などの説明と、紹介元産科医への充分な情報提供が非常に重要であった。【結論】周産期センターの開設以来、胎児診断が早期に行われ、周産期における院内・地域医療間での集学的医療体制の連携が向上した。また、胎児の治療方針・予後がより明確になり、両親との相互理解も深まった。

Home ご案内 日程表 プログラム 1日目 プログラム 2日目