第38回日本小児神経外科学会
The 38th Annual Meeting of the Japanese Society for Pediatric Neurosurgery

前の演題 次の演題

第2日目、6月5日(土)A 会場(3階 メインホール)8:20〜9:30

シンポジウム 4: 神経内視鏡治療の適応と問題点

座長: 冨永悌二、林 央周

S4-5

2歳未満の乳幼児に対する第3脳室開窓術の検討
Third ventriculostomy for the children under 2 years old

夫 敬憲 (POOH Kyonghon) 、宮本健志、中川義信

国立病院機構 香川小児病院 脳神経外科

【目的】第3脳室開窓術(TV)は小児の閉塞性水頭症の治療としてほぼ確立された感がある。ただし、乳幼児などの年少児においては治療成績が落ちるとの報告も多くされている。今回、我々の施設で施行された小児TV症例の治療成績に年齢要素があるかを検討した。【方法】過去5年間(後期)でTVを施行したのは17例でそのうち2歳未満の乳幼児は8例。過去5年以前(前期)の症例は20例でそのうち2歳未満は8例であった。このうち、TV後にVP shuntを必要としたものをTV無効例として、その要因を検討した。【結果】前期では20例中3例が無効で全例2歳未満であった。後期の無効例は17例中1例のみであったが、無効例は3歳児であった。前期の無効例3例の内訳は脊髄髄膜瘤、achondroplasia、髄膜炎後水頭症、後期の無効例は脳室内出血後水頭症に髄膜炎を併発したものであった。【考察】当院でのTV施行例は43%が2歳未満であったが、全体のTV有効率は90%であった(2歳未満は70%)。無効例を検討してみると、年齢的な要素よりは基礎疾患によるものが大きいと考える。前期の無効3例はover indicationに思えた。脳腫瘍による急性水頭症、画像上明らかな第3脳室底のballooningを認めるものなどは年齢に関係なく有効に思えた。【結論】TVの適応は年齢的要素より、水頭症病態によるものと考える。

Home ご案内 日程表 プログラム 1日目 プログラム 2日目