第38回日本小児神経外科学会
The 38th Annual Meeting of the Japanese Society for Pediatric Neurosurgery

前の演題 次の演題

第2日目、6月5日(土)A 会場(3階 メインホール)14:40〜16:00

シンポジウム 6: 小児悪性脳腫瘍の集学的治療

座長: 吉峰俊樹、師田信人

S6-5

小児悪性グリオーマに対する外科治療を含めた集学的治療の成績
Treatment patterns and prognosis in children with malignant glioma at Okayama University Hospital

黒住和彦 (KUROZUMI Kazuhiko) 1、市川智継 1、小野成紀 1、道上宏之 1、丸尾智子 1,2、茶山公祐 2、宮村能子 2、柳井広之 3、武本充広 4、勝井邦彰 4、伊達 勲 1

岡山大学大学院 脳神経外科 1、岡山大学大学院 小児科 2、岡山大学病院 病理部 3、岡山大学大学院 放射線医学 4

【目的】小児悪性グリオーマの生命予後は成人例と比較すると比較的良好であるといわれているが、治療法の選択および治療成績の分析がこれまで十分なされているとはいえない。今回我々は当施設における小児悪性グリオーマ外科治療例を対象に、治療法の選択、治療成績について検討した。【対象】1995年以降、外科治療を行った小児high grade glioma 10例(男児5例、女児5例)を対象とした。年齢は3歳から15歳、部位は全てテント上であり、病理診断は、Grade3 7例、Grade4 3例であった。【結果】当院では、脳神経外科、小児科、病理部、放射線科とが連携して小児脳腫瘍の集学的治療を行っている。化学療法を施行した症例の内、MCNU, CBDCA, IFN-β (MIC)を行ったのは3例、自己末梢血幹細胞移植併用超大量化学療法を行ったのは1例、procarbazine, ACNU, vincristine (PAV)は3例、テモゾロミド(TMZ)を使用したのは2例であった。放射線療法の内、拡大局所照射を行ったのは6例、brachytherapyを施行したのは1例、γナイフを施行したのは1例であった。全症例における1、2、3年生存率はそれぞれ78.8%、56.1%、39.5%であった。全生存期間(OS)の中央値は2.1年であり、無増悪生存期間(PFS)の中央値は1.5年であった。【考察】当施設における小児悪性グリオーマ外科治療例では、過去の報告例と比べ、OSとPFSについて比較的良好な結果が得られた。放射線療法、化学療法とも多様な治療が行われているが、特にTMZについてはまだ症例数が少なく、小児に対しても十分な安全性、治療効果が得られるか否かに関して今後の症例の蓄積が必要である。【結語】外科治療を含めた集学的治療により、比較的良好な小児悪性グリオーマの治療成績が得られた。TMZの有効性についてはさらなる症例の蓄積が必要である。

Home ご案内 日程表 プログラム 1日目 プログラム 2日目