第38回日本小児神経外科学会
The 38th Annual Meeting of the Japanese Society for Pediatric Neurosurgery

前の演題 次の演題

第2日目、6月5日(土)A 会場(3階 メインホール)14:40〜16:00

シンポジウム 6: 小児悪性脳腫瘍の集学的治療

座長: 吉峰俊樹、師田信人

S6-7

小児悪性脳腫瘍に対する大量化学療法のインパクト
Impact of high dose chemotherapy for pediatric malignant brain tumor patients

高野晋吾 (TAKANO Shingo) 1、井原 哲 1、福島 敬 2、中尾朋平 2、山本哲哉 1、松村 明 1

筑波大学 臨床医学系 脳神経外科 1、筑波大学 臨床医学系 小児オンコロジー科 2

【目的】 髄腔内播種をきたした小児悪性脳腫瘍の予後は不良であり、自家造血幹細胞移植併用大量化学療法(HDC)の有効性は明らかではない。我々の経験例からHDCのインパクトを探る。
【対象・方法】2003年から2008年まで当院でHDCを治療に用いた小児悪性脳腫瘍患児8例(Retinoblastoma 1例、ATRT 3例、Malignant germ cell tumor 4例)である。全例、導入化学療法、放射線療法(全脳18~36Gy, 局所14~32Gy)を行い、thiotepa, L-PAM, etoposideによるHDCを1~2回行った。
【結果】Retinoblastomaは化学療法・放射線療法後の腫瘍摘出後、全髄腔内に拡がる播種を呈したがHDCにより82ヶ月の現在CRとなり、KPSも60%を保てている。ATRTの3例とも初発時あるいは経過中に播種を認めたが、組織診断のあと全例CRとなり30ヶ月以上生存している。1例はその後再発し40ヶ月で死亡した。Malignant germ cell tumorの4例は2例で化学療法・放射線療法後の摘出術、その後HDCを行いCR, KPS 100%である。1例は化学療法、放射線療法後にHDCを行い、残存腫瘍があるも2年KPS 100%である。1例は手術のあと、化学療法・放射線療法後、HDCを行いCR, KPS 100%である。8例の観察期間12~82ヶ月(平均39ヶ月)で、死亡は1例のみで他の7例では腫瘍再発を認めていない。
【結語】 髄腔内播種を呈する小児悪性脳腫瘍に対して、HDCは治癒に持ち込める治療手段と考えられる。

Home ご案内 日程表 プログラム 1日目 プログラム 2日目