第38回日本小児神経外科学会
The 38th Annual Meeting of the Japanese Society for Pediatric Neurosurgery

前の演題 次の演題

第2日目、6月5日(土)A 会場(3階 メインホール)16:00〜17:10

シンポジウム 7: 頭蓋骨縫合早期癒合症の長期治療成績

座長: 西本 博、宮嶋雅一

S7-1

頭蓋骨縫合早期癒合症の診断年齢の解析
The late diagnosis of craniosynostosis

赤井卓也 (AKAI Takuya) 、笹川泰生、山本謙二、白神俊祐、飯塚秀明

金沢医科大学 医学部 脳神経外科

【目的】頭蓋骨縫合早期癒合症は、早期治療により児の発達が改善し、乳児期では、罹患縫合切除と骨切りで良好な頭蓋骨発達が期待される。しかし、必ずしも早期に診断されていない。そこで、当院で治療した症例の診断年齢を解析し、診断遅延の原因を検索した。【対象・方法】手術治療が行われた38例(症候群7例、非症候群31例)を対象とし、頭蓋変形に気付かれた年齢、診断年齢、手術年齢を解析した。それらについて、1) 症候群と非症候群での比較、以下は非症候群症例において、2) 頭蓋形態による比較、3) 出生年による比較、4) 診断が遅れた症例の検討、を行った。【結果】1) 症候群では、気付かれた平均年齢、診断年齢、手術年齢は、3.4ヶ月、4.6ヶ月、5.9ヶ月であり、非症候群では9.3ヶ月、17.3ヶ月、21.6ヶ月で、症候群で早く気付かれ、診断、手術も早かった。2) 頭蓋形態で診断年齢を比較すると、短頭蓋(2例)5カ月、三角頭蓋(12例)13.2カ月、舟状頭蓋(6例)17.8カ月、斜頭蓋(9例)28.8カ月であった。3) 2000年以降に出生した児とそれ以前に出生した児を比較すると、2000年以降出生児(13例)では、気付かれた平均年齢、診断年齢、手術年齢は、3.8ヶ月、5.1ヶ月、12.8ヶ月であり、2000年以前出生児(18例)では、13.3ヶ月、23.3ヶ月、28ヶ月で、最近の出生児では早く気付かれ、診断、治療も早かった。4) 気付かれてから診断までに6カ月以上要した症例は9例あった。そのうち検診で指摘された例はなかった。一方、大泉門の早期閉鎖や頭蓋顔面の変形を指摘されたが、診断にいたらず、そのまま経過観察された症例が7例あった。【結論】近年、診断年齢は早くなっているが、頭蓋顔面の形態異常があってもただ経過観察されていた症例も多く、本疾患についてさらに関心をもってもらう必要がある。

Home ご案内 日程表 プログラム 1日目 プログラム 2日目