富山大学 > 医学部 > 脳神経外科学

ニューロサイエンスの旅
A Voyage to Depth of Neuroscience

このページは、富山大学脳神経外科 facebook ページ を再構成したものです。

Vol. 33 80歳以上の未破裂脳動脈瘤における治療成績と特徴。頭蓋内硬膜動静脈瘻の治療前後における耳鳴評価スケールの有用性。 2017年2月18日

ちょっと遅くなりましたが...当科の卒後4年め研修医2名(Dr. 白石啓太朗、Dr. 加茂徹大)の論文が医学書院「脳神経外科」1月号に掲載されました。この1月号は「研究」欄の論文が2編で、それ以外は「症例報告」でしたから、当科からの2編の論文が「研究」欄を独占させていただいたことになります。小さな喜びですが、これを糧に彼らの次なる飛躍に期待したいと思います。

1. 加茂徹大、秋岡直樹、柏崎大奈、高 正圭、桑山直也、黒田 敏:80歳以上の未破裂脳動脈瘤における治療成績と特徴。脳外45:15-19, 2017

2. 白石啓太朗、秋岡直樹、柏崎大奈、桑山直也、黒田 敏:頭蓋内硬膜動静脈瘻の治療前後における耳鳴評価スケールの有用性。脳外科45:21-26, 2017

A Voyage to Depth of Neuroscience Vol. 33

Our residents, Dr. Shiraishi and Dr. Kamo published their clinical research articles in the January issue of No Shinkei Geka (Neurol Surg). We are sure that they will further advance their career as scientific neurosurgeons.

1. Kamo T, Akioka N, Kashiwazaki D, Koh M, Kuwayama N, Kuroda S. Clinical Features and Findings in Patients with Unruptured Intracranial Aneurysms Aged ≥80 Years.
No Shinkei Geka. 2017 Jan;45(1):15-19.
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28100857

2. Shiraishi K, Akioka N, Kashiwazaki D, Kuwayama N, Kuroda S. Semi-quantitative Assessment of Tinnitus Before and After Endovascular Treatment for Intracranial Dural Arteriovenous Fistula:Usefulness of the Tinnitus Handicap Inventory(THI)Score.
No Shinkei Geka. 2017 Jan;45(1):21-26.
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28100858

術中脳動脈瘤クリップ写真 術中脳動脈瘤蛍光写真

Vol. 32 Indocyanine Green Visualization of Middle Meningeal Artery Before Craniotomy during Surgical Revascularization for Moyamoya Disease. 2017年1月6日

欧州脳神経外科学会の機関誌「Acta Neurochir (Wien)」に当科のレジデント・田邊 望先生の論文が掲載されました。

もやもや病に対するバイパス手術において、開頭に際して中硬膜動脈を温存するため、開頭前に蛍光造影剤ICGを用いて中硬膜動脈の走行を確認する方法論を世界で初めて確立しました。田邊先生は卒後2年目の初期研修医ですが、この論文は彼にとって前回の和文論文に続く2編めの論文となりました。

Boys and girls, be ambitious!

A Voyage to Depth of Neuroscience Vol. 32

Tanabe N, Yamamoto S, Kashiwazaki D, Akioka N, Kuwayama N, Noguchi K, Kuroda S:
Indocyanine Green Visualization of Middle Meningeal Artery Before Craniotomy during Surgical Revascularization for Moyamoya Disease. Acta Neurochir (Wien) 2016 Jan 3 [Epub ahead of print]

論文中の Fig.2 論文中の Fig.5

Vol. 31 ガンマナイフ照射11年後に出血をきたした脳動静脈奇形の1例 2016年12月22日

医学書院「脳神経外科」の12月号に当科のレジデント、浜田さおり先生の論文が掲載されています。

「ガンマナイフ照射11年後に出血をきたした脳動静脈奇形の1例〜免疫染色による再開通現象の検討〜」脳外44(12):1045-1051, 2016

浜田先生は卒後2年目の初期研修医ですが、学生の頃から脳神経外科の道を志してくれており、この論文が彼女にとって初めての論文となりました。つい先日も黒田が執刀した14時間余りの脳腫瘍の手術に最後までつき合ってくれるなど、連日連夜、病棟や手術室で獅子奮迅の活躍をしてくれています。

Boys and girls, be ambitious!

A Voyage to Depth of Neuroscience Vol. 31

Our resident, Dr. Saori Hamada has successfully published a case reports in this issue of Japanese journal "Neurological Surgery", entitled "Hemorrhage from an Angiographically Obliterated Arteriovenous Malformation after Gamma Knife Radiosurgery:An Immunohistochemistry Study". We will continue to strongly support her clinical and academic training today, tomorrow, and forever. Boys and girls, be ambitious!

AVM 術中写真

Vol. 30 自然消失した鞍上部 germinoma の1例、動眼神経麻痺と三叉神経痛を来したメッケル腔類皮嚢胞の1例  2016年10月27日

医学書院「脳神経外科」の10月号に当科のレジデント2名の論文が掲載されています。

山本先生は既に3編の英文論文を出版しており、不思議なことに今回が初めての和文論文です。論文を書くのみならず、病棟や手術室でも獅子奮迅の活躍をしてくれています。

田邊先生は卒後1年目の際に日本脳神経外科中部支部会で発表した演題をきちんと論文として仕上げて、初めての出版に到りました。来年から「真の」脳神経外科医となるべく、初期臨床研修に邁進しています。

Boys and girls, be ambitious!

A Voyage to Depth of Neuroscience Vol. 30

Our residents, Dr. Yamamoto and Dr. Tanabe have successfully published their case reports in this issue of Japanese journal "Neurological Surgery". This is the fourth article for Dr. Yamamoto, and the first one for Dr. Tanabe. We will continue to strongly support their clinical and academic training today, tomorrow, and forever. Boys and girls, be ambitious!

論文の写真 論文の写真

Vol. 29 急性期脳梗塞患者の末梢血におけるMUSE細胞の動向 2016年7月22日

近年、幹細胞を用いた再生医療が日常臨床に応用される可能性が高まっていますが、幹細胞には未だに解明されていないことが多く、われわれは幹細胞に対する基本的理解をますます進めなければなりません。東北大学の出澤真理先生が発見したMUSE(ミューズ)細胞は、われわれの骨髄などに存在する万能幹細胞と考えられており、今後の臨床応用が期待されています。今回、当科の堀 恵美子先生が書いた「急性期脳梗塞患者の末梢血におけるMUSE細胞の動向」と題する論文が英文誌「Journal of Stroke and Cerebrovascular Diseases; JSCVD」に掲載されました。脳梗塞の発症によって大量のMUSE細胞が末梢血に動員されることから損傷脳の修復に関与していると考えられますが、その動向は患者によって異なり、喫煙や飲酒が大きな影響を及ぼしていることを明らかとしました。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27019988

A Voyage to Depth of Neuroscience Vol. 29

Dr. Emiko Hori has published a research paper entitled "Mobilization of Pluripotent Multilineage-Differentiating Stress-Enduring Cells in Ischemic Stroke" in Journal of Stroke and Cerebrovascular Diseases; JSCVD.

Abstract

GOAL:

This prospective study was aimed to prove the hypothesis that multilineage-differentiating stress-enduring (Muse) cells are mobilized from bone marrow into peripheral blood in patients with ischemic stroke.

MATERIALS AND METHODS:

This study included 29 patients with ischemic stroke. To quantify the circulating Muse cells, peripheral blood was obtained from all patients on admission and at days 7 and 30. Using fluorescence-activated cell sorting, Muse cells were identified as stage-specific embryonic antigen-3-positive cells. The control values were obtained from 5 healthy volunteers. Separately, immunohistochemistry was performed to evaluate the distribution of Muse cells in the bone marrow of 8 autopsy cases.

FINDINGS:

The number of Muse cells robustly increased within 24 hours after the onset, compared with the controls, but their baseline number and temporal profile widely varied among patients. No clinical data predicted the baseline number of Muse cells at the onset. Multivariate analysis revealed that smoking and alcohol intake significantly affect the increase in circulating Muse cells. The odds ratio was .0027 (P = .0336) and 1688 (P = .0220) for smoking and alcohol intake, respectively. The percentage of Muse cells in the bone marrow was .20% ± .17%.

CONCLUSION:

This study shows that pluripotent Muse cells are mobilized from the bone marrow into peripheral blood in the acute stage of ischemic stroke. Smoking and alcohol intake significantly affect their temporal profile. Therapeutic interventions that increase endogenous Muse cells or exogenous administration of Muse cells may improve functional outcome after ischemic stroke.

Copyright © 2016 National Stroke Association. Published by Elsevier Inc. All rights reserved.

Vol. 28 類もやもや病における 3D-CISS の所見 2016年7月22日

昨年、もやもや病の新たな画像診断法として「3D-CISS」について報告させていただきましたが、今回、当科の研修医・山本修輔先生が書いた「類もやもや病における3D-CISSの所見」と題する論文が英文誌「Journal of Stroke and Cerebrovascular DIseasess; JSCVD」に掲載されました。これまでは類もやもや病があたかも単一の疾患概念のように論じられてきましたが、全く異なる疾患群が混在している可能性を初めて指摘させていただきました。山本修輔先生はまだ卒後4年目の研修医ですが、これが英文論文4編めとなります。日々の臨床修練とともに神経科学を究めるため、毎日大車輪で活躍してくれています。これからますます頑張ってほしいですね!
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27038981

Our resident, Dr. Shusuke Yamamoto has now published his original paper entitled "Is Quasi-moyamoya Disease a Uniform Disease Entity? A Three-DImensional Constructive Interference in Steady State Imaging Study" in Journal of Stroke and Cerebrovascular Diseases. Based on 3D-CISS imaging, quasi-moyamoya disease or moyamoya syndrome should be divided into two different disease entities. A certain subgroup of MMD patients may be misdiagnosed as quasi-MMD because of the patients' comorbid disorders and mixed up with the patients who present angiographic findings similar to MMD in spite of the lack of arterial shrinkage.

Vol. 27 Protein Z 欠乏症に合併した類もやもや病の一例 2016年7月22日

昨年卒業した当科の2年目研修医・丸山邦隆先生が初めて書いた「Protein Z 欠乏症に合併した類もやもや病の一例」と題する論文が英文誌「Journal of Stroke and Cerebrovascular Diseases; JSCVD」に掲載されました。脳梗塞がきわめて特異なパターンで出現しており、病態を考える上でとても学ぶことが多かった症例です。丸山先生は、これからもガンバって脳神経外科とニューロサイエンスの両道を深く究めてくれることでしょう。Congratulation!

Our resident, Dr. Kunitaka Maruyama has published his first scientific paper in Journal of Stroke and Cerebrovascular Diseases; JSCVD. We will strongly support him to be a scientific neurosurgeon in very near future!

論文の写真

Vol. 26 Clinical Significance of Hemodynamic Cerebral Ischemia on Cognitive Function in Carotid Artery Stenosis 2016年2月16日

再三、頚部内頚動脈狭窄症の話題で申し訳ありません。当科では、言語聴覚士の高岩亜輝子さんの長年の努力によって本疾患などに罹患した患者さんの高次脳機能についてのデータが膨大に蓄積されています。

今回、当科の秋岡直樹先生が、脳循環動態が頚動脈狭窄症による高次脳機能に及ぼす影響について詳細に解析しました。その結果、頚動脈狭窄症そのものが高次脳機能障害を招くという現象ばかりでなく、頚動脈狭窄症が高度となって脳循環不全を伴うと高次脳機能障害がさらに悪化すること、頚動脈内膜剥離術(CEA)あるいは頚動脈ステント留置術(CAS)を実施すると高次脳機能が有意に改善することを明らかにしました。その結果は既に昨年3月に「Q J Nucl Med Mol Imaging 誌」という欧州の雑誌に電子出版されていますが、一年近く経つ今も紙媒体での出版がなされていません。なかなか面妖なジャーナルです。きちんと出版されてからFacebook上で公開するつもりでしたが、もう待ち切れないので公表させていただきました。

A Voyage to Depth of Neuroscience Vol. 26

Akioka N, Takaiwa A, Kashiwazaki D, Kuwayama N, Endo S, Kuroda S.

Clinical Significance of Hemodynamic Cerebral Ischemia on Cognitive Function in Carotid Artery Stenosis - A Prospective Study Before and After Revascularization.

Q J Nucl Med Mol Imaging. 2015 Mar 6. [Epub ahead of print]
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25743128

Abstract
AIM:

Carotid stenosis is known to have negative impacts on cognitive function. However, it is still unclear through which mechanisms cognitive function is impaired in patients with carotid stenosis. This study was aimed to clarify the impact of cerebral hemodynamics on cognitive function in carotid stenosis.

METHODS:

This prospective study included totally 109 patients with carotid stenosis who underwent carotid endarterectomy (CEA) or carotid artery stenting (CAS). Using N --isopropyl--p--[1 23 I]--iodoamphetamine SPECT, cerebral blood flow (CBF) and cerebrovascular reactivity (CVR) to acetazolamide were quantitatively measured in all patients before and after CEA/CAS. Based on preoperative data, the patients were categorized into three groups: Type 1 (CBF≥32ml/min/100g, CVR≥10%), Type 2 (CBF≥32ml/min/100g and CVR<10%), and Type 3 (CBF<32ml/min/100g and CVR<10%). White matter lesions were categorized according to Wahlund grading. Cognitive function was evaluated with Repeatable Battery for the Assessment of Neuropsychological Status (RBANS) before and 3 months after CEA/CAS.

RESULTS:

Before CEA/CAS, total RBANS score was significant lower than the age--matched controls, 84 ± 14 in Type 1 group (n=56), 82 ± 12 in Type 2 group (n=43), and 70 ± 12 in Type 3 group (n=10). Especially, Type 3 patients had further lower score than Type 1 (p=0.008) and Type 2 (p=0.039) patients. There were no significant differences in white matter lesions among three groups. Total RBANS scores significantly improved at 3 months after CEA/CAS in all three groups, and the difference among them completely disappeared.

CONCLUSIONS:

These findings strongly suggest that carotid stenosis itself impairs cognitive function and compromised hemodynamic ischemia further declines it. CEA/CAS significantly improve cognitive function. The beneficial effects are most notable in patients with reduced CBF/CVR.

CBF の写真

Vol. 25 Involvement of circulating endothelial progenitor cells in carotid plaque growth and vulnerability.  2016年2月15日

近年、わが国でも急速に増加しつつある頚部内頚動脈狭窄症ですが、その病態には未だに不明の部分が多いのが現状です。今回、われわれは、頚動脈内膜剥離術(CEA)にて摘出した頚動脈プラーク病変を詳細に観察することで、骨髄から末梢血に動員された内皮前駆細胞(endothelial progenitor cell; EPC)が頚動脈プラークの増大、血管新生、プラーク内出血、脆弱性に深く関与していることを明らかとしました。当科の柏崎大奈先生がその成果をJournal of Neurosurgery (JNS)に発表してくれました。今後、頚部内頚動脈狭窄症に対する新たな治療戦略の構築や創薬を進める上で有用な情報となることを期待しています。

A Voyage to Depth of Neuroscience Vol. 25

Kashiwazaki D, Akioka N, Kuwayama N, Hayashi T, Noguchi K, Tanaka K, Kuroda S:

Involvement of circulating endothelial progenitor cells in carotid plaque growth and vulnerability.

J Neurosurg 2016 Feb 12 [Epub ahead of print]
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26871204

Abstract:
OBJECTIVE

The roles of endothelial progenitor cells (EPCs) in the development of carotid plaque are still obscure. This study aimed to clarify this by assessing the histological findings of specimens obtained from carotid endarterectomy.

METHODS

This study included 34 patients who underwent carotid endarterectomy. MR imaging was performed to semiquantitatively analyze the components of the carotid plaques in all patients. The surgical specimens were subjected to immunohistochemistry. The distributions of the CD34-, CD133-, VEGF-2R-positive cells in the carotid plaques were precisely analyzed, and their number was quantified. Simultaneously, the CD34-positive microvessels were localized.

RESULTS

The plaque component was judged as lipid-rich plaque in 19 patients, intraplaque hemorrhage (IPH) in 11 patients, and fibrous plaque in 4 patients. The CD34-positive microvessels were densely distributed in the plaque shoulder and interface-to-media regions. The CD34-, CD133-, and VEGF-2R-positive cells were mainly localized around the CD34-positive microvessels. The number of CD34-positive microvessels significantly correlated with the number of CD34-, CD133-, and VEGF-2R-positive cells (R = 0.308, p = 0.009; R = 0.324, p = 0.006; and R = 0.296, p = 0.013, respectively). Vulnerable plaques (lipid-rich and IPH) had significantly higher numbers of the CD34-positive microvessels (p = 0.007) and CD34-, CD133-, and VEGF-2R-positive cells than fibrous plaques (p = 0.031, p = 0.013, and p = 0.002).

CONCLUSIONS

These findings strongly suggest that neovascularization in the plaque shoulder and interface-to-media regions may play a key role in delivering EPCs from the peripheral blood to the carotid plaque, promoting the growth of carotid plaque. Furthermore, the invaded EPCs, especially the CD133-positive immature EPCs, may be related to plaque vulnerability.

論文の表紙

Vol. 24 頚動脈狭窄症に対する包括的治療戦略ー「越中八策」の初期成績 2016年2月15日

近年、頚部内頚動脈狭窄症がわが国でも急速に増加しつつあります。本症では、脳梗塞や一過性脳虚血発作、一過性黒内障を予防するために、抗血小板剤などによる内科治療が無効の場合あるいは無効と考えられる場合、頚動脈内膜剥離術(CEA)あるいは頚動脈ステント留置術(CAS)が必要となります。それぞれ一長一短の治療法ではありますが、最近巷で流行しているEBMの概念をもとに繰り広げられてきた「CEAとCASのどっちが優れているのか?」といった議論には同調できません。現時点では、両者の長所を最大限に生かした総合的な治療戦略がそれぞれの患者さんに最も大きな恩恵をもたらすことができると信じています。その信念のもとに立ち上げた「越中八索」プロジェクトの第一弾を当科の秋岡直樹先生が論文として公表してくれました。約3年間における104件のCEA・CASの治療成績です。今後もさらに治療成績を向上させることで、われわれの「越中八索」の意義を明らかにしていきたいと思います。

秋岡直樹、柏崎大奈、高 正圭、桑山直也、田中耕太郎、黒田 敏
頚動脈狭窄症に対する包括的治療戦略ー「越中八策」の初期成績
脳外 44:31-38, 2016
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26771094

A Voyage to Depth of Neuroscience Vol. 24

Akioka N, Kashiwazaki D, Koh M, Kuwayama N, Tanaka K, Kuroda S.

Comprehensive Hybrid Strategy for Carotid Artery Stenosis with 8 Rules "Toyama Carotid 8"

No Shinkei Geka. 2016 Jan;44(1):31-8.

Abstract:

In this paper, the preliminary results of carotid endarterectomy(CEA)and carotid artery stenting(CAS)for patients with carotid artery stenosis based on the 8 Rules "Toyama Carotid 8" are reported. This study included 104 patients who underwent CEA or CAS for carotid artery stenosis between March 2012 and January 2015. Toyama 8 Rules primarily recommend CEA and CAS for symptomatic and asymptomatic lesions, respectively. However, crossover of therapeutic options can be performed in patients at high surgical risk associated with CEA or CAS. Monitoring of platelet function is important prior to CAS. Internal shunting and near infrared spectroscopy monitoring are essential in CEA. Temporary cardiac pacing is essential in CAS. The choice of protection device and stent depends on the results of MR plaque imaging. Cerebral blood flow measurement is mandatory before and after CEA/CAS. Fifty-two CEAs and 52 CASs were performed for 55 symptomatic and 49 asymptomatic lesions. Crossover of therapeutic options was performed in 10(18%)of 55 symptomatic lesions and 7(14%)of 49 asymptomatic lesions. The 30-day morbidity rate was 1.9% in CEA and 1.9% in CAS. Postoperative diffusion-weighted magnetic resonance imaging showed fresh ischemic lesions in 5 patients who underwent CEA(10%)and 9 who underwent CAS(17%). Hyperperfusion syndrome occurred in one patient(1.0%). A management protocol for carotid artery stenosis needs to be established in hospitals to allow sharing of information and improvement in the short-term results of CEA / CAS for carotid artery stenosis. Further studies are warranted to evaluate the long-term outcome.

CEA のシェーマ CAS の術前後の血管撮影

Vol. 23 脳神経症状を呈した未破裂脳動脈瘤に対するコイル塞栓術の治療成績 2015年11月10日

動眼神経麻痺などの脳神経症状をきたした未破裂脳動脈瘤の症例では、これまで多くの場合、開頭による脳動脈瘤クリッピング術が実施されてきました。しかし、症例をきちんと選べさえすれば、血管内手術によるコイル塞栓術も十分有効な治療オプションとなりうることを、今回、当科の大学院生、高 正圭先生が論文としてまとめて発表してくれました。

同様の論文は海外でも増えつつあり、今後の発展が期待されます。 写真は、高先生とレジデント・山本修輔先生による顕微鏡手術中のスナップです。

高 正圭、桑山直也、秋岡直樹、柏崎大奈、黒田 敏
「脳神経症状を呈した未破裂脳動脈瘤に対するコイル塞栓術の治療成績」
脳外 43:893-900, 2015
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26435368

A Voyage to Depth of Neuroscience Vol. 23

Koh S, Kuwayama N, Akioka N, Kashiwazaki D, Kuroda S

Effects of Endovascular Treatment on Cranial Nerve Palsy due to Unruptured Intracranial Aneurysms

No Shinkei Geka. 2015 Oct; 43(10): 893-900

Abstract:

This study aimed to assess the effects of endovascular treatment on cranial nerve palsy due to unruptured intracranial aneurysms. Endovascular coiling was performed in 203 patients with intracranial aneurysms between April 2002 and March 2012 in our hospital. Of these patients, 8(3.9%)presented with cranial nerve palsy due to unruptured intracranial aneurysms. Cranial nerve palsy involved the oculomotor nerve in 8 patients and the optic nerve in 2 patients. Two patients had both optic nerve and oculomotor nerve dysfunction. Patients with incomplete oculomotor nerve palsy at admission were more likely to have full recovery after coiling. Optic nerve dysfunction did not improve after coiling. Incomplete oculomotor nerve palsy, early treatment(≤15 days), and small aneurysms(≤10 mm)were likely to be associated with complete recovery after coiling. This study indicates that endovascular coiling may resolve cranial nerve palsy due to unruptured intracranial aneurysms in patients who have incomplete oculomotor nerve palsy due to small aneurysms and are treated as early as possible after symptom onset.

論文の写真 術中の写真

Vol. 22 ランス−アダムス症候群 2015年8月7日

ランス−アダムス症候群(Lans-Adams syndrome)は、心肺停止などが原因で低酸素脳症を被ったのちに動作時ミオクローヌスなどをきたす病態です。そのほかに失調症、認知機能低下、てんかんなどを伴うこともあります。治療に苦慮する症例が多いのも特徴です。今回、当科の旭 雄士先生は、ランス−アダムス症候群の症例に対して両側淡蒼球に対する深部脳刺激療法にて著効を示した症例をJ Neurol誌に報告させていただきました。

A Voyage to Depth of Neuroscience Vol. 22

Asahi T, Kashiwazaki D, Dougu N, Oyama G, Takashima S, Tanaka K, Kuroda S.
Alleviation of myoclonus after bilateral pallidal deep brain stimulation for Lance-Adams syndrome.
J Neurol. 2015 Jun;262(6):1581-3
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25929661

Alleviation of myoclonus after bilateral pallidal deep brain stimulation for Lance-Adams syndrome.

Lance–Adams syndrome (LAS), which can occur after cardiorespiratory arrest (CPA), is characterized by rest-, action-, and stimulus-sensitive myoclonus with or without other neurological signs such as ataxia, cognitive impair- ment, epilepsy, and pyramidal signs. In 1963, Lance and Adams first described four patients with post- hypoxic generalized myoclonic jerks [6]. Although case reports have been described sporadically, effective thera- pies have not been established. Deep brain stimulation (DBS) is widely used to treat movement disorders such as Parkinson’s disease, dystonia, and myoclonic diseases. Although functional neurosurgery, including intrathecal baclofen therapy (ITB) and DBS, has been performed to treat LAS, evidence for the success of these treatments is scarce. Here, we report a case of LAS treated successfully with bilateral globus pallidus interna (GPi) DBS.

症例の検査結果の写真

Vol. 21 ハンガー反射の不思議〜痙性斜頸・頚部ジストニア治療への応用 2015年8月7日

痙性斜頸(spasmodic torticollis)とは首が左右上下のいずれかに傾く、捻じれる、震えるといった不随意運動を引き起こす局所性ジストニアの一種で、頸部ジストニア(cervical dystonia)とも呼ばれています。胸鎖乳突筋、僧帽筋、板状筋などの異常緊張により本人の意思とは関係なく首が不自然な姿勢となり、筋肉に痛み、痺れや振戦を伴う場合が多い疾患です(Wikipediaより引用改変)。

一方、頭に針金のハンガーをかぶせると頭部が勝手に回ってしまう「ハンガー反射」という大変興味深い現象があります。われわれは、この現象を痙性斜頚の治療へ応用する研究を行なっていますが、今回、健常人120名を対象に、このハンガー反射がどのくらいの確率で発生するのかを検討した結果、ハンガー反射は115名(95.8%)で出現することが判明しました。この手法が今後の痙性斜頸・頚部ジストニアの治療に役立つことを願っています。

A Voyage to Depth of Neuroscience Vol. 21

Asahi T, Sato M, Kajimoto H, Koh M, Kashiwazaki D, Kuroda S.
Rate of Hanger Reflex Occurrence: Unexpected Head Rotation on Fronto-temporal Head Compression.
Neurol Med Chir (Tokyo). 2015 Jul 15;55(7):587-91
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26119894

A Voyage to Depth of Neuroscience Vol. 21

Rate of Hanger Reflex Occurrence: Unexpected Head Rotation on Fronto-temporal Head Compression.

When the head is encircled with a wire clothes hanger and the unilateral fronto-temporal region is com- pressed, the head rotates unexpectedly. As the mechanism is unclear, however, we have temporarily named this phenomenon as the “hanger reflex.” We previously reported a case wherein this phenomenon was applied to treat cervical dystonia. Because little is known about this phenomenon, we determined how often this phenomenon is observed in healthy subjects. Study participants were 120 healthy Japanese adults (60 men and 60 women) aged 19–65 years. A wire clothes hanger was applied to each subject’s head. The longer side of the hanger was attached over the volunteer’s fronto-temporal regions on both sides of the head in succession (i.e., two applications per volunteer). We evaluated whether the subjects felt the sensation of head rotation by using a questionnaire. The sensation of head rotation was observed in 95.8% of subjects. There were five non-responders (4.2%). In 85.4% of the trials, head rotation was observed in the direction that coincided with the side compressed by the hanger. There were no differ- ences in responses between genders. The incident rate of the hanger reflex was remarkably high and most likely represents a prevalent phenomenon in humans. The mechanism underlying the reflex remains unknown. Further research should be performed to elucidate the underlying causes of the hanger reflex, which represents a potential treatment for cervical dystonia.

ハンガー反射の写真

Vol. 20 書痙に対する定位脳手術の効果 2015年1月28日

書痙は、字を書こうとする時に手が振え、ミミズのような字になってしまったり、利き手をもう一方の手で支えなければ字が書けなくなってしまったりする疾患です。速記者、代書人、文筆家、教師など、字を書くことを仕事にしている人に発症者が多いと言われています(Wikipediaより改変引用)。

書痙に対しては、薬物など、さまざまな保存的治療が試みられていますが、著効を示す治療法は発見されていません。今回、われわれは、定位脳手術(視床凝固術)が著効した書痙の2例を報告するとともに、過去、国内外で定位脳手術が実施された31例の書痙例について検討させていただき、Stereotact Func Neurosurg誌に掲載されました。この研究は、当科の旭 雄士先生が多数の機能的手術の経験をもとにまとめてくれたものです。

A Voyage to Depth of Neuroscience Vol. 20

Asahi T, Koh M, Kashiwazaki D, Kuroda S: Stereotactic neurosurgery for writer’s cramp. Report of two cases with an overview of the literature.
Stereotact Func Neurosurg 92:405-411, 2014
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25359570

Stereotactic neurosurgery for writer’s cramp. Report of two cases with an overview of the literature.

Background: Writer's cramp is a specific movement disorder with hand muscle cramps in writing, being classified into focal and action-specific dystonia. Stereotactic surgery, such as thalamotomy and deep brain stimulation (DBS), has been reported for writer's cramp; however, the number of reported cases is still scarce and surgical procedures are also controversial.

Objectives: In this study, therefore, we present 2 patients who underwent thalamotomy for writer's cramp and systematically review the literature on stereotactic surgery for writer's cramp.

Methods: Case reports and literature review are presented.

Results: Both patients underwent ventral oral nucleus (Vo) thalamotomy safely. Their symptoms completely disappeared after surgery and did not recur during follow-up periods. In the literature, a total of 31 cases were surgically treated for writer's cramp. Stereotactic surgery included thalamotomy in 25 cases and DBS in 6. The target included the Vo in 17 cases, the ventral intermediate nucleus (Vim) in 3, and both Vo and Vim in 7. Both procedures markedly improved or resolved the symptoms. Transient neurological deficits were observed in 16.0% of patients after thalamotomy.

Conclusions: The Vo may be the most effective target to treat writer's cramp. Both thalamotomy and DBS are feasible and effective, but thalamotomy would be a better option, especially in younger or high-risk patients.

書痙の術前術後の文字と MRI 画像

Vol. 19 頚動脈狭窄症におけるTIA/脳梗塞の発生メカニズム 2015年1月28日

近年、一過性脳虚血発作(TIA)と脳梗塞とを区別せず、急性脳血管症候群(acute cerebrovascular syndrome; ACVS)という一つの疾患概念として捉えて、診断や治療を論じるべきであると考えられています。これまでは頚動脈狭窄症がこのACVSを引き起こすメカニズムを症例ごとに明確にすることは困難でした。

今回、当院でのデータをもとに、MRIプラーク・イメージングと脳SPECTの所見を複合的に組み合わせることで、ACVSの発生メカニズムを明らかにできることを米国脳神経外科コングレス機関誌「Neurosurgery」に報告させていただきました。

この研究は当科の柏﨑大奈先生が中心となって実施しましたが、神経内科の田中耕太郎教授、放射線科の野口 京教授のご助力のおかげで完遂することができました。この場をお借りして御礼申し上げます。
詳細は以下をご参照下さい。

A Voyage to Depth of Neuroscience Vol. 19

Kashiwazaki D, Akioka N, Kuwayama N, Noguchi K, Tanaka K, Kuroda S: Pathophysiology of acute cerebrovascular syndrome (ACVS) in patients with carotid artery stenosis: A MRI/SPECT study. Neurosurgery 2015 Jan 23 [Epub ahead of print]
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25621983

Pathophysiology of acute cerebrovascular syndrome (ACVS) in patients with carotid artery stenosis: A MRI/SPECT study.

BACKGROUND: The mechanisms underlying acute cerebrovascular syndrome in patients with carotid artery stenosis remain unclear.

OBJECTIVE: To assess the relationships among infarct localization, hemodynamics, and plaque components.

METHODS: This prospective study included 38 patients with acute cerebrovascular syndrome resulting from ipsilateral carotid artery stenosis. Cerebral infarct localization was categorized into 3 patterns (cortical, border zone, and mixed pattern). Carotid plaque components were evaluated with T1-weighted magnetic resonance imaging and time-of-flight imaging. Cerebral blood flow (CBF) and cerebrovascular reactivity (CVR) were also quantified.

RESULTS: Infarcts were identified in 38 patients with the use of diffusion-weighted magnetic resonance imaging. On the basis of the assessment of hemodynamics, the cortical pattern was seen in 18 of 21 patients with type 1 ischemia (normal CBF, normal CVR), whereas the mixed pattern was seen in 2 patients with type 2 ischemia (normal CBF, impaired CVR) and 12 of 15 patients with type 3 ischemia (impaired CBF, impaired CVR). The plaque components were categorized into fibrous (4 patients), lipid-rich (14 patients), and intraplaque hemorrhage (IPH; 20 patients). Of the patients with fibrous plaque, 2 had border-zone and 2 had mixed-pattern infarcts. Of the patients with lipid-rich plaque, 7 had cortical and 6 had mixed-pattern infarcts. Of patients with intraplaque hemorrhage, 11 had cortical and 9 had mixed-pattern infarcts.

CONCLUSION: Cortical infarction occurs as a result of vulnerable plaque. Reduced cerebral perfusion induces border-zone infarction. Both factors are implicated in mixed-pattern infarction. Developments in noninvasive diagnostic modalities allow us to explore the mechanisms behind acute cerebrovascular syndrome in carotid artery stenosis and to determine the ideal therapies.

ACVS の MRA と MRI

Vol. 18 神経活動トポグラフィ(NAT)を用いた高次脳機能の解析 2014年12月13日

脳波から得られる神経活動トポグラフィ(neuronal activity topography; NAT)は簡便に大脳機能を評価する上できわめて有用な手法です。われわれは、以前にもNATが健常者とアルツハイマー病患者との鑑別に有用であることを報告しておりますが、今回、NATが頚動脈狭窄症における高次脳機能障害を効率的かつ鋭敏に検出することができることを報告させていただきました。

この研究は、長年、神経生理学の研究に取り組んでいる済生会富山病院脳神経外科の柴田 孝先生が、武者利光先生(東京工業大学名誉教授、脳機能研究所)と進めている共同研究の一貫です。現在、われわれは、さまざまな脳血管疾患におけるNATの臨床応用を開始しています。

詳細は以下をご参照下さい。

A Voyage to Depth of Neuroscience Vol. 18

Shibata T, Musha T, Kubo M, Horie Y, Asahi T, Kuwayama N, Kuroda S, Hayashi K, Kobayashi Y, Tanaka M, Matsuzaki H, Asada T: Neuronal activity topography parameters as a marker for differentiating vascular cognitive impairment in carotid stenosis. J Stroke Cerebrovasc Dis 23:2384-2390, 2014
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25174560

Neuronal activity topography parameters as a marker for differentiating vascular cognitive impairment in carotid stenosis

Previously, we reported on the differentiation between patients with Alzheimer disease and normal controls using a quantitative electroencephalographic technique called neuronal activity topography (NAT). In this technique, cerebral neuronal activities are characterized by the signal intensity and coherence (sNAT and vNAT, respectively). In the present study, we examined 47 patients with vascular cognitive impairment in carotid stenosis and 52 normal controls. All subjects underwent electroencephalography in a resting state with closed eyes for 5 minutes. Electroencephalographic markers of the differential likelihood, that is, the sensitivity-versus-specificity characteristics, sL(x:VCI-NLc) and vL(x:VCI-NLc), were assessed with neuronal activity topography and were compared between the 2 groups. sL(x:VCI-NLc) and vL(x:VCI-NLc) crossed each other at a cutoff value of the differential likelihood. Separation of the patients and controls was made with a sensitivity of 92% and 88%, as well as a false-positive rate of 8% and 12% for sL(x:VCI-NLc) and vL(x:VCI-NLc), respectively. Using sNAT, we accurately differentiated 92% patients with vascular cognitive impairment. We recommend that sNAT, rather than vNAT, should be used in detecting vascular cognitive impaired patients.

NAT 画像の写真

Vol. 17 中硬膜動脈の微小解剖ともやもや病手術中の温存法について 2014年12月11日

ややマニアックな話で恐縮です。もやもや病では中硬膜動脈が重要な側副血行路を形成していますが、バイパス手術の際に通常どおり前頭側頭開頭を行なうと、中硬膜動脈を損傷してしまうことも稀ではありませんでした。

今回、われわれは術中に中硬膜動脈を効率的かつ確実に温存するための微小解剖と手術テクニックについて報告させていただきました。中硬膜動脈と蝶形骨との解剖学的関係を以下の3型に分類すると、その関係をとても理解しやすい上に中硬膜動脈の温存が容易となります。

  1. ブリッジ型(bridge type)
  2. モノレール型(monorail type)
  3. トンネル型(tunnel type)

詳細は以下をご参照下さい。

A Voyage to Depth of Neuroscience Vol. 17

Hori S, Kashiwazaki D, Akioka N, Hayashi T, Hori E, Umemura K, Horie Y, Kuroda S: Anatomy and preservation of middle meningeal artery during bypass surgery for moyamoya disease. Acta Neurochir (Wien) 2014 Nov 28 [Epub ahead of print]
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25427874

Surgical anatomy and preservation of the middle meningeal artery during bypass surgery for moyamoya disease

Background The middle meningeal artery (MMA) is known to function as one of the important collateral routes in moyamoya disease. However, the anterior branch frequently courses within the lesser wing of the sphenoid bone and can easily be damaged during craniotomy for bypass surgery. This prospective study aimed to study the surgical anatomy of the MMA and to establish the technique to preserve it during bypass surgery for moyamoya disease.

Methods Twenty-two patients with moyamoya disease underwent STA-MCA anastomosis combined with indirect bypass on 27 sides. The anatomical relationship between the anterior branch of the MMA and lesser wing was classified into three types: the bridge, monorail, and tunnel types. Dur- ing surgery, the lesser wing was carefully resected with a rongeur or high-speed diamond drill to preserve the anterior branch of the MMA.

Results The anterior branch of the MMA was classified into the bridge type in 5 sides (18.5 %), monorail type in 10 sides (37.0 %), and tunnel type in 12 sides (44.5 %). Patient age was closely related to the anatomical findings (χ2 test, p=0.0168). Careful resection of the lesser wing with a rongeur could preserve bridge- and monorail-type MMAs (100 and 71.4 %, respectively). However, drilling out of the lesser wing under a surgical microscope was essential to preserve the tunnel-type MMA. Intraoperative indocyanine green videoangiography was useful to confirm patency during surgery.

Conclusions It is essential to understand the surgical anatomy of the MMA around the pterion in order to preserve its anterior branch during bypass surgery for moyamoya disease.

MMA 露出術中写真 MR 画像 と鉄道等による比喩

Vol. 16 第5回 まぶ (Mab) 達の会 (Master of The Brain Perfusion) 2014年6月22日

2014年6月21日(土)、盛岡にて第5回「まぶ達」の会を開催しました。この「まぶ達」の会は、6年前、最近の学会で脳循環代謝の理論や読影をよく分からないまま発表しているケースが増えていることを嘆く同志たち(マブダチ)によって結成されました。毎回、同志が後輩たちとともに集います。

この会には二つの目的があります。すなわち、脳循環代謝について日頃の学会では語り尽くせないようなホットでディープな内容について忌憚なくディスカッションするとともに、次世代の脳循環代謝の研究者を育成することを目的としています。

毎回、教育講演、脳循環フロンティア、症例検討のセッションが設けられ、SPECT、PET、NIRS、MRI、CTなどあらゆるモダリティを用いた脳循環代謝の話題について討論しています。さらにその後は各施設のメンバーが相部屋で合宿して、深更まで脳循環代謝について議論を続けています。この6年間で当初の目的は概ね達成できたと役員一同が考えております。わが国における脳循環代謝の研究が今後さらに発展することを祈念しています。

【開催一覧】

【役員】

集合写真

Vol. 15 パーキンソン病に対する深部脳刺激療法 2014年5月29日

パーキンソン病は振戦や固縮、歩行障害などを主徴とする神経疾患で、中脳黒質に存在してドーパミンを産生する神経細胞の変性が疾患の本態です。薬物療法が基本ですが、治療抵抗性を示す症例の中には、深部脳刺激療法(deep brain stimulation; DBS)が劇的に神経症状を改善させることが知られています。当科は北陸随一のDBSの治療経験を有しています。

今回、われわれは、RBANSなどの神経心理テストがパーキンソン病の患者さんに存在している高次脳機能障害を鋭敏に検出できること、DBSによる運動機能の改善が良好な症例では高次脳機能も改善することを見出し報告させていただきました。この研究は、富山大学の脳神経外科医、神経内科医、言語聴覚士の真摯なる協力によって成し遂げられました。ぜひ、ご一読下さい。

Asahi T, Nakamichi N, Takaiwa A, Kashiwazaki D, Koh M, Dougu N, Takashima S, Tanaka K, Kuroda S.
Impact of Bilateral Subthalamic Stimulation on Motor/Cognitive Functions in Parkinson's Disease.
Neurol Med Chir (Tokyo). 2014 May 29. [Epub ahead of print]
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24872253

It is still unclear whether deep brain stimulation targeted to the bilateral subthalamic nucleus (STN-DBS) affects cognitive function in Parkinson's disease (PD). This prospective study was aimed to systemically evaluate the impact of bilateral STN-DBS on motor and cognitive functions in patients with PD. This study included totally 11 Japanese patients with medically intolerant PD. Neurological and cognitive status was precisely evaluated before and 1 year after bilateral STN-DBS, using unified Parkinson's disease rating scale (UPDRS), levodopa equivalent doses, mini-mental state examination (MMSE), Japanese adult reading test (JART), repeatable battery for the assessment of neuropsychological status (RBANS), and Wechsler adult intelligence scale-revised (WAIS-R). Preoperative RBANS and WAIS-R identified cognitive dysfunction that could not be detected by MMSE and JART. Before surgery, PD patients had significantly impaired immediate memory and attention. Motor function significantly improved 1 year after bilateral STN-DBS. Bilateral STN-DBS did not affect any score on cognitive examinations. However, postoperative improvements of total score on RBANS and performance intelligence quotient (PIQ) scores on WAIS-R were closely related to those of UPDRS part III off (R2 = 0.61, P < 0.01; R2 = 0.39, P < 0.05, respectively). These findings strongly suggest that bilateral STN-DBS may significantly improve cognitive function in a certain subgroup of patients whose therapeutic effects on motor function are prominent.

DBS の術中写真

Vol. 14 頭痛のみを呈する小児もやもや病の管理 2014年5月29日

頭痛のみを呈していて血管病変も軽度のもやもや病のお子さんをどのように管理すべきか? 現在も治療指針が確立されていないのが現状です。

今回、われわれは、このようなお子さんの中には急速に血管病変が進行して脳梗塞をきたす症例が存在することを報告するとともに、今後の管理指針について提言させていただきましたので、ぜひご一読下さい。

Vuignier S, Akioka N, Hamada H, Kashiwazaki D, Kuroda S.
Childs Nerv Syst. 2014 Apr 1. [Epub ahead of print]
Headache attack followed by rapid disease progression in pediatric moyamoya disease-how should we manage it?
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24687592

CASE REPORT:
A 4-year-old female was presented at our hospital with frequent right frontal headache attack. She was diagnosed with moyamoya disease and was conservatively followed up. One year later, the frequency of headache gradually decreased. However, follow-up MR imaging revealed that the disease stage markedly progressed in the right side and cerebral infarction occurred in the temporal lobe with atrophy of the right frontal lobe. She underwent direct and indirect revascularization on the right side.

CONCLUSION:
Aware of this case, we would like to emphasize that headache may be one subtype of ischemic attacks and require frequent MR follow-up to see the disease course. If there is any sign of disease progression, immediate surgical intervention should be indicated to avoid irreversible brain damage.

MRI と MRA の写真

Vol. 13 もやもや病に対する追加的脳血行再建術の効用 2014年5月29日

もやもや病に対する脳血行再建術は、将来の脳梗塞、頭蓋内出血を予防する上で有用であることが判明しています。しかし、全ての脳血行再建術が有効とは限りません。過去に実施した脳血行再建術の有効性が不十分な場合、追加的脳血行再建術がきわめて有効です。

今回、われわれがこれまでに実施した多数の追加的脳血行再建術の中から一例を報告させていただきましたので、ぜひご一読下さい。

堀 聡、柏崎大奈、秋岡直樹、浜田秀雄、桑山直也、黒田 敏
「間接バイパス術後30年を経て出血発症したもやもや病の成人例─追加的脳血行再建術の手技と有用性について」
脳神経外科42:347-353, 2014
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24698896

A 39-year-old male was diagnosed as moyamoya disease and underwent bilateral encephalo-duro-arterio synangiosis (EDAS) when he was 9 years old. During 30 years after bilateral EDAS, he experienced no cerebrovascular events. However, he presented with mild consciousness disturbance and vomiting, and was transferred to local hospital. Brain CT showed the intracerebral hemorrhage associated with ventricular hematoma. He was referred to our hospital for further investigation and treatment. Cerebral angiography showed faint collaterals through bilateral EDAS and development of basal moyamoya vessels. SPECT showed decreased cerebral blood flow (CBF) and cerebrovascular reactivity (CVR) in the right frontal lobe. We diagnosed as the delayed cerebral hemorrhage due to rupture of fragile moyamoya vessels very long after indirect bypass. He underwent repeat bypass surgery (STA-MCA anastomosis and encephalo-duro-myo-arterio-pericranial synangiosis; EDMAPS) on the right side. Cerebral hemodynamics improved after surgery. He has been free from cerebrovascular events after surgery. Hemorrhagic events very long after indirect bypass surgery in pediatric-onset moyamoya disease are rare. However, the lifetime follow-up strategy may be necessary. Repeat bypass surgery may be a powerful tool to prevent hemorrhagic events.

脳血管撮影とスペクトの写真

Vol. 12 脳神経講演会 2014年3月29日

このたび、金沢大学・脳細胞遺伝子学研究分野の河崎洋志教授を当科にお招きして、マウスやフェレットの胎児大脳への遺伝子導入法、出生に伴う大脳の機能発達などについて、最新のご研究の成果をご講演いただきました。

河崎先生は神経内科医としてのご経験に立脚したご研究を幅広く展開しており、聴衆一同、とても大きな刺激を受けました。学内からも数多くの医学生や研究者の方々にお集まりいただき、知的興奮に充ちた時間を過ごすことができました。

ご講演後も当大学・統合神経科学の杉森道也先生を交えて、ニューロサイエンスの談義に花を咲かせることができました。

河崎教授との懇親会の写真

Vol. 11 脳神経講演会 2014年3月6日

このたび、金沢大学の河崎洋志教授をお招きして、最新の脳神経系の発達の研究についてご講演いただきます。河崎先生は脳神経系、特に大脳における神経回路などの形成過程とその異常に基づく疾患について広範な研究を展開していらっしゃいます。

マウスのみならず、中枢神経の構造がより複雑なフェレット(イタチの一種)を用いることで、複雑な中枢神経の発達過程を解明することを目標としていらっしゃいます。

中枢神経の発達やその異常にご興味のある学生、研修医、医師、研究者のご聴講と実りあるディスカッションを期待しております。

日時: 2014年3月25日(月)18:00〜
会場: 脳神経外科医局カンファランスルーム

Prof. Hiroshi Kawasaki from Kanazawa will visit our department and give us a lecture on his recent data from CNS development research on March 25, 2014. He has directed a variety of basic research on the development of CNS, especially the cerebrum, using mice and ferrets.

講演会ポスター

Vol. 10 幹細胞講演会 2014年1月5日

このたび、東北大学の出澤真理教授をお招きして、最新の幹細胞研究についてご講演いただきます。出澤先生は成人ヒトの間葉系組織にMUSE細胞という全く新しいタイプの多能性幹細胞があることを世界で初めて発見しました。現在、当科および済生会富山病院は、急性期脳梗塞の症例を対象に末梢血中のMUSE細胞の動向を解析するための臨床研究を出澤先生と共同で実施しています。その成果はまもなく公表できる予定です。

幹細胞研究にご興味のある医学生、研修医、先生方は奮ってご参加下さい。

日時: 2014年1月20日(月)18:00〜
会場: 脳神経外科医局カンファランスルーム

Prof. Dezawa from Sendai will visit Toyama and give us a lecture on stem cell research on January 20, 2014. She is quite famous in the field of stem cell research because of her discovery of a novel pluripotent stem cells, MUSE cells in the mesenchymal tissues of human adults.

講演会ポスター

Vol. 9 バイパス手術の有効性 2013年12月3日

内頚動脈閉塞症に対するバイパス手術は、その後の脳梗塞などの脳血管イベントを予防する上で果たして有用なのか?

とてもシンプルな問題のようにも見えますが、この30年間、世界では意見がまとまっていません。10年前にわが国で実施したランダム化臨床試験(JET研究)では「有効である」と結論づけられましたが、2年前に公表された米国での COSS 研究では「有効ではない」とされました。

両者の研究は同一のデザインではないので単純に比較する訳には行きませんが、今の混沌たる「ポスト JET/COSS 時代」に対する回答として、われわれは以下の論文を発表しました。術前診断、周術期管理、手術技能が十分に洗錬されたチームのもとでバイパス手術を実施すれば、バイパス手術は脳梗塞を予防する上で今なお患者さんに一定のメリットがあると考えています。

Clinical significance of STA-MCA double anastomosis for hemodynamic compromise in post-JET/COSS era
Kuroda S et al,
Acta Neurochir (Wien) 2013 Dec 3 [Epub ahead of print]
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24292807

バイパス術中写真

Vol. 8 dAVF 治療後の遅発性外転神経麻痺 2013年11月10日

硬膜動静脈瘻(dAVF)に対する血管内治療は、当科・桑山直也の長年にわたる努力もあって、広く普及した治療法として確立しています。しかし、治療後に思わぬ神経症状がまれに出現することもあるので注意が必要です。

今回、われわれは、73例の海綿静脈洞部dAVFに対する血管内治療ののち、3〜65ヶ月後に4例(5.5%)で遅発性外転神経麻痺が出現することを欧州脳神経外科学会の機関誌に報告させていただきました。この論文では、海綿静脈洞の後半部に病変の主座を有する症例では特に注意が必要であること、長期にわたる経過観察が重要であることを強調させていただきました。

詳細は以下をご参照下さい。

Kashiwazaki D, Kuwayama N, Akioka N, Kuroda S: Delayed adducens nerve palsy after transvenous coil embolization for cavernous sinus dural arteriovenous fistulae. Acta Neurochir (Wien) 2013 Nov. 5 [Epub ahead of print]
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24190456

dAVF 治療前後の脳血管造影写真

Vol. 7 高倍率手術顕微鏡 2013年10月27日

通常、脳神経外科の顕微鏡手術では最高倍率が20倍ほどが実用的な限界です。しかし、当科の松村が開発に携わった新しい手術顕微鏡は、実用的な拡大率を50〜60倍まで高めてくれました。

この顕微鏡によって、これまでは手術中に視認することが難しかった微細な対象物を明るく高い解像度のもとで観察することが可能となりました。

脳神経外科に応用した成果は、最近の以下の報告をご参照下さい。

脳神経外科速報 23:1206-12113, 2013
Neurol Med Chir (Tokyo) 2013 Oct 7. [Epub ahead of print]
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24097097

*写真は前者の論文から転載したものです

高倍率手術顕微鏡で撮影した手術の写真

Vol. 6 AVMの増大とVEGF系との関連 2013年8月11日

脳動静脈奇形(arteriovenous malformation; AVM)は、けいれん発作、脳出血、進行する神経症状などをきたす先天性疾患です。近年、一部のAVMは徐々に増大することが判明していますが、そのメカニズムは完全には解明されていません。

今回、われわれは、5年の歳月をかけて徐々に増大したAVMを摘出して検索したところ、脳を覆う硬膜やAVM本体(ナイダス)の血管に血管内皮細胞成長因子(vascular endothelial growth factor; VEGF)とその受容体が多数認められることを初めて見出しました。AVMの増大とVEGF系との関連について今後の展開が期待されます。

詳細は以下をご参照下さい。

Kashiwazaki D, Kobayashi R, Houkin K, Kuroda S: Increased expression of vascular endothelial growth factor (VEGF) and its receptor in enlarging brain arteriovenous malformations – A case report. Br J Neurosurg 12 July 2013 [Epub ahead of print]
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23848831

AVM の初診時と5年後の血管撮影と硬膜とナイダスの組織の写真

Vol. 5 骨髄間質細胞 (bone marrow stromal cell; BMSC) 2013年7月7日

脳梗塞や脊髄損傷などで失われた神経機能を回復させる方法論として注目を浴びているのは「幹細胞移植」です。最近、京都大学の山中伸弥教授が開発したiPS細胞が世界中で注目されていますが、われわれは患者さんの骨髄から採取して移植することが可能な幹細胞として、骨髄間質細胞(bone marrow stromal cell; BMSC)に注目して研究を続けています。

脳や脊髄に移植されたBMSCは病変部に遊走して、病変周囲の炎症を抑制する、神経細胞を保護する、神経細胞と融合する、神経細胞に分化するなど、多彩なメカニズムを介して神経機能の回復に寄与すると考えられています。

昨年11月、ワルシャワ(ポーランド)で開催された第11回国際シンポジウム「Molecular Basis of Pathology and Therapy in Neurological Disorders」に招待された当科の黒田が講演した内容を中心に総説として以下に公表しています。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23595283

BMSC が神経機能の回復に寄与する模式図

Vol. 4 脳動脈瘤の母血管に対するサイズ比 2013年7月7日

脳動脈瘤の破裂はクモ膜下出血を招きます。救急医療に携わる数多くの方々の長年にわたる努力にもかかわらず、現在もクモ膜下出血をきたした方の約40%が死亡あるいは後遺症を残しているのが現状です。

最近のわが国における大規模研究 UCAS Japan によって、6697個の未破裂脳動脈瘤の自然歴が明らかにされました。その結果、未破裂脳動脈瘤は年間0.95%の確率で破裂することが判明しました。特に、大きな脳動脈瘤、内頚動脈−後交通動脈分岐部や前交通動脈に発生した動脈瘤、ブレブを伴う動脈瘤が破裂しやすいことも明らかとされました。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22738097

しかしながら、5mm 未満の小さな脳動脈瘤の破裂を効率よく予測するための方法論は確立されていないのが現状です。最近、当科の柏崎大奈医師が1134例の破裂および未破裂脳動脈瘤の形態を解析した結果、5mm 未満の脳動脈瘤の場合、母血管に対する脳動脈瘤のサイズ比(size ratio)が破裂の有無に大きく関与していることが判明しました。Stroke誌に掲載されています。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23743979

手術中の脳動脈瘤の写真

Vol. 3 brain-machine interface (BMI: 脳介機装置) 2013年7月7日

脳梗塞や脊髄損傷で失われた運動・知覚などの神経機能を回復させるために古今東西、数多くの試みがなされています。その一つの試みとして、brain-machine interface (BMI; 脳介機装置)があります。BMIを応用した技術の一例として、脳波を解析して人の意思を読み取り、電気信号に変換して機械に出力することで、失われた四肢の運動を機械に代行させる方法論が挙げられます。

われわれが目的地への道順を記憶しながら目的地にたどり着く際には複雑でダイナミックな脳機能を必要としますが、今回は、コンピューター上の仮想空間を利用して、道順を記憶してジョイスティックで仮想空間への移動を繰り返す場合、脳波のα波、θ波が大脳皮質−大脳皮質間および大脳皮質−上肢筋間の連絡にとても重要な役割を果たしていることが判明しました。つい先日、当科の堀聡医師が富山大学医学部システム情動科学の西条寿夫教授のもとで研究した成果として発表されました。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23813271

脳表と脳波の写真

Vol. 2 顆粒球コロニー刺激因子(G-CSF) 2012年12月4日

国内外とも、脳梗塞の急性期に有効な脳保護薬はきわめて数少ないのが現状です。造血サイトカインである顆粒球コロニー刺激因子(G-CSF)は神経保護・再生に関与していると考えられ、富山大学脳神経外科および済生会富山病院脳卒中センターは、東海大学神経内科・瀧澤俊也先生が主宰される国内4施設からなる2重盲検第二相試験に本年より参画しています。

脳梗塞の新たな治療法を科学的データに基づいて開発することは社会的にも大変意義深いことであり、われわれも少しでもこの研究に貢献したいと考えています。

We have joined new phase II clinical trial of G-CSF on acute ischemic stroke in Japan. Granulocyte-colony stimulating factor (G-CSF) is considered to play an important role in the protection and regeneration of ischemic brain.

脳梗塞患者の MRI

Vol. 1 骨髄間質細胞移植 2012年10月28日

富山大学脳神経外科では、さまざまな基礎研究や臨床研究を通して、脳神経外科の診療レベルをさらに向上させる努力を続けています。この「ニューロサイエンスの旅」シリーズでは、われわれが実施している神経科学の一部を順次、紹介します。

脳梗塞の患者さんから得られる骨髄液の中には、栄養因子を分泌して脳を保護したり、神経細胞に分化する骨髄間質細胞が含まれています。

その細胞を培養して患者さんの脳に移植することで、手足の運動など、脳梗塞によって失われた神経機能を再建する再生医療の確立を目指して、当科の黒田は前任の北海道大学で約12年間、さまざまな角度から研究を展開してきました。

現在、北海道大学客員教授として北海道大学病院で計画中の臨床試験に参画しているほか、近い将来、富山大学でも臨床試験を開始できるよう準備を進めています。

ごく最近、岡山大学神経内科の阿部康二教授とともに執筆したJournal of Cerebral Blood FLow and Metabolism誌の論文(下記URL)のために作成した図を改変して掲載します。
http://www.nature.com/jcbfm/journal/v32/n7/full/jcbfm2011187a.html

Bone marrow stromal cells (BMSC) can be obtained from the patients themselves with acute ischemic stroke. The BMSC are know to regenerate the damaged central nervous system through multiple mechanisms.

Therefore, the BMSC are ideal as donor cells for regenerative medicine. The figure is modified from the recent review article published in JCBFM. Prof. Kuroda is one of authors of this article.

骨髄液を採取してから脳に移植し神経が再生するまでの模式図

脳神経外科学 > 先進医療 | 附属病院診療科 | スタッフ紹介 | 関連施設 | アーカイブ・その他

富山大学 > 医学部 > 脳神経外科学

nsurgery@med.u-toyama.ac.jp