富山大学医学部 整形外科 Go Home
教授挨拶
教授 
木村 友厚

富山大学整形外科のホームページへ、ようこそ

地域の健康を支える整形外科医療と、患者さんに優しい先端医療を目指して
整形外科医は運動器の疾患を治療する専門家です。「運動器の疾患」というと難しい言葉に聞こえますが、関節の痛み、腰痛や頸背部痛、手足の外傷や障害、四肢の腫瘍など、関節・脊椎・骨・筋・神経といった運動器に障害を起こす疾患の治療にあたっています。このような多岐にわたる運動器の疾患を、富山大学附属病院整形外科では高度の専門性を持って診療しています。スタッフそれぞれが整形外科の各領域を診療しますが、特にその道の専門家が実際に治療を担当し、同時に合わせ持つことの多い様々な身体の疾患についても、バランスよく診療することに努めています。地域の整形外科診療をリードする使命のもとで、患者さんの健康の回復・維持・増進に向けて、続けて邁進して行きたいと思います。
一方、先端医療や高度先進医療という言葉を耳にされることが多いと思いますが、医療技術の進歩には目覚しいものがあります。富山大学附属病院整形外科では、常に最善の治療が出来るように最先端の医療技術を導入し、安全な高度先進医療を実践しています。またより良い次代の整形外科治療を開発すべく臨床研究を行っています。

次代の整形外科医療を支える医師の輩出を願って
大学医学部の整形外科として、優れた整形外科医の育成も重要な使命です。外傷や脊椎、関節の疾患、その他のcommon diseaseを含む運動器の幅広い疾患に、的確に対処できる情熱を有する若手医師の育成を目指しています。それが教室の発展にも地域医療への貢献にもつながると思っています。総合的な医療教育機関である大学附属病院であればこそ、整形外科をベースにしながら、リハビリテーション、臨床検査、画像診断、看護、あるいは各診療科の全分野の高いレベルの医療の協力体制も可能であり、偏ることなく確かな実力を有する医師を養成していくことを目標としています。
現在、当教室には整形外科のsubspecialityでも国内外で活躍する専門家がおり、診療や臨床研修の指導においても、若手整形外科医のニーズに答えられる体制が整っています。教室員の研修は、県内および近隣県の研修病院と大学病院をローテーションし、整形外科医としての幅広い実力を養成します。その上で、整形外科専門医としてさらにsubspecialityを高めるために、大学の垣根にとらわれずに国内の専門病院での研修を奨励しています。

世界レベルの診療・研究成果の発信
現在にとどまらずに将来の整形外科医療を担うために、先端的な臨床・基礎研究に力を注ぐことが大切です。当教室では学内外の研究室とも連携し、整形外科と運動器に関わる様々なテーマについて研究を推進しています。このホームページの該当部分をご覧ください。

木村友厚


〒930-0194 富山市杉谷2630 Tel 076 (434) 7353 Fax 076 (434) 5035

UNIVERSITY OF TOYAMA, Faculty of Medicine,Orthopaedic surgery
2630 Sugitani, Toyama-City, Toyama 930-0194, Japan Phone +81-76-434-7353 Fax +81-76-434-5035

お問合せ

富山大学 杉谷キャンパス