富山大学医学部 整形外科 Go Home
医局員募集のお知らせ
関節外科、スポーツ整形外科班

特色
関節疾患全体を対象としますが、特に膝関節・肩関節疾患の病態把握およびその手術治療の開発に力を入れております。また、各種関節外科の手術テクニックを学ぶことができます。

1.臨床面について
1)対象疾患:関節斑では関節疾患全体を対象としています。特に膝関節(変形性関節症、靭帯損傷、膝蓋骨脱臼、半月損傷、軟骨損傷など)、肩関節(腱板断裂、反復性肩関節脱臼、投球障害肩、五十肩など)を中心に治療を行っています。

2)治療実績:膝関節では、変形性関節症を中心に、人工関節全置換術や単顆関節置換術、骨切り術を症例に応じて施行しています。特に人工関節置換術では低侵襲手術(図1) を取り入れ、ナビゲーションシステム(図2)の使用により正確な手術手技を追及しています。関節鏡視下手術は主に、靭帯損傷や膝蓋骨脱臼に対する靭帯再建術(半腱様筋腱を用いた解剖学的二重束再建)や、半月損傷に対する修復術や切除術などを行っております。また、軟骨損傷に対しては、現在のところ骨軟骨柱移植(図3)などで対処していますが、後述する基礎研究を継続し、軟骨再生の臨床応用へ向けて取り組んでいます。
肩関節は、軟部組織損傷への対応が主であり、近年飛躍的に進歩してきている関節鏡視下手術(図4) をほぼ全例で行っています。腱板断裂(図5)に対する腱板縫合術(図6)や大腿筋膜を用いた腱移植術、反復性肩関節脱臼の制動術、投球障害肩(関節唇損傷)に対する修復術、さらに五十肩に対する関節包切離術などその内容は多岐にわたっています。
図1
図2
図3

図4
図5
図6


2.研究について
1)今後の課題・研究テーマ
・人工膝関節置換術における軟部組織バランスの最適化と術後の膝関節3次元動
態解析
・新しい人工膝関節の導入と手術手技の確立
・靭帯再建術後の膝関節機能評価
・培養軟骨細胞による軟骨再生の臨床応用
・羊膜由来の細胞外マトリックスを利用した新規Cell-free scaffoldを用いた軟
骨修復
・腱板の断裂形態の詳細とMRIとの関連
・肩関節MRIでのT2マッピングによる軟骨変性の評価

2)これまでの研究テーマ
・軟骨細胞におけるアポトーシス制御分子機構
・軟骨分化に関わる新規転写因子の検索
・骨軟骨分化における、BMPシグナルとsplicing factorの役割
・間葉系細胞からの軟骨細胞への分化調節機構の研究
・変形性関節症モデルにおけるc-Fos/AP-1阻害による軟骨破壊の抑制
・ヒト羊膜間葉系幹細胞の単離・同定と軟骨分化誘導
・新鮮凍結死体膝を用いた膝関節のバイオメカニクス


診療研究チーム一覧に戻る


〒930-0194 富山市杉谷2630 Tel 076 (434) 7353 Fax 076 (434) 5035

UNIVERSITY OF TOYAMA, Faculty of Medicine,Orthopaedic surgery
2630 Sugitani, Toyama-City, Toyama 930-0194, Japan Phone +81-76-434-7353 Fax +81-76-434-5035

お問合せ

富山大学 杉谷キャンパス