アレルギー外来ニュース 平成20年4、5月号

第88号 平成20年4、5月号

 新緑がまぶしい季節です。春は、花粉症はもとより喘息やアトピー性皮膚炎でお悩みの方には大変な時期だったと思います。いかがお過ごしだったでしょうか。今回は、アレルギー用のミルクについて解説します。

今月の話題「アレルギー用ミルクって?」

 食物アレルギーを起こす代表的なものには、鶏卵、牛乳、小麦、ピーナッツなどが挙げられます。そのなかでもミルクが必要な赤ちゃんにとって、アレルギーのためにミルクが飲めなければ死活問題となります。そのような赤ちゃんには、以前は他の母親の乳、山羊の乳、豆乳などを代用していましたが、最近ではアレルギー用のミルクを用いることが一般的です。さて、アレルギー用のミルクとはどのように作られているのでしょうか? アレルギーを引き起こすミルクの主成分のひとつであるタンパク質を酵素の力で分解して、ペプチド、さらにはアミノ酸という小さい単位へとバラバラしたものがアレルギー用のミルクです。もともと栄養素はアミノ酸として体内に取り込まれますから、バラバラに分解されてできたミルクでも栄養面では普通のミルクと同じです。ただ難点はちょっと味が良くない点(分解されてできたアミノ酸の味と臭いのため)ですが、幸い離乳食が始まる前の赤ちゃんは味覚の発達も未だなのか比較的良く飲んでくれます。ミルクはタンパク質ばかりでなくカルシウムの重要な補給源でもありますから、ミルクアレルギーの子どもさんには一度は試してみて下さい。
 以前に発売されていたアレルギー用ミルクには大豆や乳糖成分を含むものがありましたので注意が必要でしたが(第53号参照)、最近のものはこれらの問題はクリアされています。なお、「E赤ちゃん」ではミルク蛋白の分解が十分ではありませんので、ミルクアレルギーの児には適しませんのでご注意下さい。
商品名MA-miニューMA-1ミルフィーHP エレメンタリー
フォーミュラ
ペプディエット E赤ちゃん
会社名森永森永明治明治ビーンスターク
・スノー
森永
ミルクアレルギー治療用×
アレルゲン性著しく低減著しく低減著しく低減ほぼ無し著しく低減配慮
乳糖の含有なしなしなしなしなしあり
大豆蛋白なしなしなしなしレシチン
(大豆由来)
レシチン
(大豆由来)
味(主観的)比較的おいしいあまりおいしくない比較的おいしいおいしくないあまりおいしくないおいしい

防災用グッズに!

 最低限、喘息には発作時の薬物を、アレルギー性鼻炎には点鼻薬やマスクを、アトピー性皮膚炎には外用薬を、さらに食物アレルギーの赤ちゃんにはアレルギー用レトルト食品やアレルギー用ミルクを防災グッズの中に入れておくことをお勧めします。
【編集後記】アジアでは巨大サイクロンや大地震が起こり、多くの子どもたちが犠牲になっています。一日も早い復旧を願うばかりです。(憂)
富山大学小児科アレルギー外来

last modified 08.05.27
maintained by Yuichi Adachi