Staff

hattori

服部裕一

教授


研究総括
オーガナイザー

ohashi

大橋若奈

助教


主な研究テーマ:
粘膜炎症の制御機構

suzuki

鈴木登紀子

助教


主な研究テーマ:
血管内皮細胞におけるシグナル分子解析
GPCRヘテロ多量体形成の生理的意義の解明

tomita

冨田賢吾

助教


主な研究テーマ:
敗血症性多臓器不全の分子病態機構の解明とその治療法の探索

大学院生・博士課程

坂本卓弥(博士課程4年)
シロスタゾールの LPS 誘導炎症作用に対する in vivo および in vitro での検討
Samar Mahmoud Imbaby(博士課程2年、エジプト人留学生)
山下重幸 {博士課程4年(第一外科)}

大学院生・修士課程

Sailesh Palikhe(修士課程2年、ネパール人留学生)

学部生

山峯直樹 (医学科5年)
斉藤優奈 (医学科5年)
織田哲郎 (医学科4年)
洞口龍介 (医学科3年)

学内協力研究員

三澤広貴 (和漢診療学)

秘書

西谷千鶴

非常勤講師

横尾宏毅(常葉大学 健康プロデュース学部 健康栄養学科 教授)

協力研究員

渡邊泰秀(浜松医科大学医学部看護学科 医療薬理学部門 教授)
心筋細胞におけるNCXによる調節機構
山﨑弘美(敦賀市看護大学 看護学部 准教授)
水野夏実(東北大学大学院薬学研究科 生活習慣病治療薬学分野 助教)

共同研究者

松田直之(名古屋大学大学院医学系研究科 救急・集中治療医学分野 教授)
敗血症の遺伝子治療

当教室での学位取得者

博士(医学)

2017年
川上正晃 (麻酔科)
ミクログリアの炎症応答:敗血症性脳症における分子病態生理学的意義
今泉貴博
敗血症マウスにおいてactivator protein-1デコイ核酸導入は, 臓器障害と死亡率の改善に有効である
三澤広貴(和漢診療学)
LPS/D-GalN誘導性急性肝傷害マウスに対するプロスサイクリン誘導体の抗酸化ストレス機能を介した保護作用
Prostacyclin mimetics afford protection against lipopolysaccharide/d-galactosamine-induced acute liver injury in mice. Toxicol Appl Pharmacol., 334 (2):55–65, 2017.
酒井麻里(第一外科)
盲腸結紮穿孔誘発性敗血症マウスにおけるドブタミンに対する反応性の低下はPDE4のアップレギュレーションに起因する
Diminished Responsiveness to Dobutamine as an Inotrope in Mice with Cecal Ligation and Puncture-Induced Sepsis: Attribution to Phosphodiesterase 4 Upregulation. Am J Physiol Heart Circ Physiol. 312 (6), H1224-H1237, 2017.
2016年
服部瑞樹(麻酔科)
敗血症による臓器傷害進展におけるヒスタミンの寄与
Critical role of endogenous histamine in promoting end-organ tissue injury in sepsis. Intensive Care Med Exp. 4 (1), 36, 2016.
高階道徳
レスベラトロールはヒトがん細胞種により異なった細胞死効果を示す
Different effect of resveratrol to induction of apoptosis depending on the type of human cancer cells. Int J Oncol. 50 (3), 787–797, 2017.
Lobna Aly Abdelzaher
グルコース変動による酸化ストレスを介した内皮型一酸化窒素合成酵素機能障害と、アスタキサンチンの改善効果
Astaxanthin alleviates oxidative stress insults-related derangements in human vascular endothelial cells exposed to glucose fluctuations. Life Sci. 150 (1), 24–31, 2016.
西田清一郎(郡山青藍病院,論文博士)
フラボノイド “ケルセチン” の内皮由来か分極因子を介した弛緩作用におけるギャップジャンクションの役割について
Comparative Study of Vasodilatation Induced by Rokumigan, Hachimijiogan, and Goshajinkigan in the Rat Aorta.J Integrative Med Ther. 2(1): 6, 2015.
2015年
王 強
Ca感受性増強薬レボシメンダンの敗血症性病態における有用性とその作用機構に関する研究:盲腸結紮・穿孔誘発性敗血症マウス及びリポ多糖体毒素処置マクロファージでの検討
Anti-Inflammatory Profile of Levosimendan in Cecal Ligation-Induced Septic Mice and in Lipopolysaccharide-Stimulated Macrophages. Crit Care Med. 43 (11), e508-20, 2015.
坂田公正 (第一外科)
ヒト血管内皮細胞における放射線誘導性eNOSのROS,PKC-betaIIを介する活性化機構
Roles of ROS and PKC-βII in ionizing radiation-induced eNOS activation in human vascular endothelial cells. Vascul Pharmacol. 70, 55-65, 2015.
2014年
冨田賢吾
MMP-9 を介した心線維芽細胞活性化の敗血症性心機能障害機構への関与
MMP-9-mediated cardiac fibroblast activation contributes to sepsis-associated cardiac dysfunction in mice.
J Surg Res 193 (2) 874-887, 2015

神原健太(第一内科)
CD206陽性マクロファージの欠損はAP-1活性化を介してマウス敗血症性肺傷害モデルにおける肺傷害を増悪する
In vivo depletion of CD 206+ M2 macrophages exaggerates lung injury in endotoxemic mice via increased AP-1 activation.
Am J Pathol 185 (1) 162-171, 2015
2013年
武部真理子(麻酔科)
敗血症急性期におけるエピジェネティクス異常:HDAC阻害による敗血症マウス誘発性アポトーシスの抑制効果
Inhibition of histone deacetylases protects septic mice from lung and splenic apoptosis.
J Surg Res 187 (2), 559-570, 2014. [IF 2.121]
2012年
大石博史(麻酔科)
オルプリノンおよびコルホルシン・ダロパートの敗血症性急性肺傷害における治療効果と作用機序の解明
Olprinone and colforsin daropate alleviate septic lung inflammation and apoptosis through CREB-independent activation of the Akt pathway.
Am J Physiol Lung Cell Mol Physiol., 303:L130-40, 2012. [IF 3.662]
2011年
高野健一
HMG-CoA還元酵素阻害薬ピタバスタチンによる敗血症性急性肺傷害治療の基礎的検討-肺胞マクロファージにおけるグルココルチコイド受容体の新たなる意義-
Successful Treatment of Acute Lung Injury with Pitavastatin in Septic Mice: Potential Role of Glucocorticoid Receptor Expression in Alveolar Macrophages.
J Pharmacol Exp Ther, 336:381-90, 2011. [IF 4.017]
青木優太(麻酔科)
敗血症モルモットにおける心房筋イオンチャネルの変化:敗血症に付随した心房性頻脈性不整脈との関連性
Role of ion channels in sepsis-induced atrial tachyarrhythmias in guinea pigs.
Br J Pharmacol., 166:390-400, 2012. [IF 4.409]
2008年
神山公希(第二外科)
グルココルチコイド受容体発現から見たステロイドによる敗血症治療の功罪に関する基礎的検討
Modulation of glucocorticoid receptor expression, inflammation, and cell apoptosis in septic guinea-pig lungs using methylprednisolone.
Am J Physiol Lung Cell Mol Physiol 295: L998-L1006, 2008. [IF 4.214]

修士(医科学)

2012年
高階道徳
敗血症性急性肺傷害に対するアンチエイジングポリフェノール Resveratorol の治療効果
2010年
冨田賢吾(麻酔科)
敗血症誘発性心機能障害機序に寄与するマトリックスメタロプロテアーゼに関しての分子薬理学的研究

このページの先頭へ