index-image

2017年

【Ⅰ】英文原著論文


  1. Ohashi W, Yamamine N, Imura J, Hattori Y.: SKL2001 suppresses colon cancer spheroid growth through regulation of the E-cadherin/β-Catenin complex. Biochem Biophys Res Commun., 493 (3):1342–8, 2017.
  2. Misawa H, Ohashi W, Tomita K, Hattori K, Shimada Y, Hattori Y.: Prostacyclin mimetics afford protection against lipopolysaccharide/d-galactosamine-induced acute liver injury in mice. Toxicol Appl Pharmacol., 334 (2):55–65, 2017.
  3. Marino A, Sakamoto T, Robador PA, Tomita K, Levi R.: S1P1-mediated anti-RAS cardioprotection: pivotal role of mast cell ALDH2. J Pharmacol Exp Ther., 362 (2):230–42, 2017.
  4. Sakai M, Suzuki T, Tomita K, Yamashita S, Palikhe S, Hattori K, Yoshimura N, Matsuda N, Hattori Y.: Diminished Responsiveness to Dobutamine as an Inotrope in Mice with Cecal Ligation and Puncture-Induced Sepsis: Attribution to Phosphodiesterase 4 Upregulation. Am J Physiol Heart Circ Physiol. 312 (6), H1224-H1237, 2017.
  5. Takashina M, Inoue S, Tomihara K, Tomita K, Hattori K, Zhao QL, Suzuki T, Noguchi M, Ohashi W, Hattori Y.: Different effect of resveratrol to induction of apoptosis depending on the type of human cancer cells. Int J Oncol. 50 (3), 787–797, 2017.
総説
  1. Hattori Y, Hattori K, Suzuki T, Matsuda N.: Recent advances in the pathophysiology and molecular basis of sepsis-associated organ dysfunction: Novel therapeutic implications and challenges. Pharmacol Ther. 177, 56-66, 2017
評論
  1. Ohashi W, Hase K, Fukada T.:Emerging role of zinc homeostasis by zinc transporter ZIP7 in intestinal homeostatic self-renewal. Inflammation & Cell Signaling. 4, e1509, 2017.

【Ⅱ】国際学会


  1. Wakana Ohashi, Koji Hase, Toshiyuki Fukada: Role of the zinc transporter SLC39A7/ZIP7 in intestinal homeostatic self-renewal. International Society for the ISZB meeting 2017, Symposium 3 Zinc transporters and signaling in physiology and disease; New Winds from East and West, Cyprus June 2017.
  2. Hiroki Misawa, Wakana Ohashi, Kengo Tomita, Yutaka Shimada, Yuichi Hattori: The Hepatoprotective Effects of Prostacyclin Mimetics Are Associated with Their Anti-Oxidative Actions. Experimental Biology 2017. Chicago, April 2017.

【Ⅲ】和文著書


【Ⅳ】和文原書論文


総説
  1. 鈴木登紀子、服部裕一: 「血糖変動と血管内皮機能~糖尿病性血管障害の発症と防止機構への新たなアプローチ~」血管, 40(2):69-77, 2017.

【Ⅴ】国内学会


シンポジウム、講演
  1. 服部裕一;「敗血症性臓器障害におけるヒスタミンの役割:ヒスタミン関連遺伝子ノックアウトマウスを用いた検討」 第90回日本薬理学会年会 シンポジウム23「遺伝子改変マウスを用いた新しい創薬・薬理学研究の展開」 長崎 3-S-23-2 2017年3月
  2. 酒井麻里、芳村直樹、服部裕一;「敗血症性心筋症の病態形成機構の解明と新たな治療への応用」 第90回日本薬理学会年会 シンポジウム3「革新的心不全治療戦略創出を指向した心機能制御機構の新たな展開」 長崎 1-S-03-4 2017年3月
一般演題
  1. 今泉 貴博、冨田 賢吾、Sailesh Palikhe、斉藤 優奈、z川上 正晃、服部 裕一:盲腸結紮穿孔誘発性敗血症モデルマウスにおける activator protein-1デコイ核酸の有用性.第67回日本薬理学会北部会 山形 2017年9月
  2. 鈴木 登紀子、Sailesh Palikhe、山下 重幸、坂田 公正、水野 夏実、服部 裕一:ヒト肺微小血管内皮細胞の炎症応答における MAPK ファミリーの関与とその分子機構.第68回日本薬理学会北部会 山形 2017年9月
  3. 大橋 若奈、長谷 耕二、深田 俊幸、服部 裕一:亜鉛トランスポーター ZIP7 による腸管上皮恒常性維持機構 .第68回日本薬理学会北部会 山形 2017年9月
  4. 服部 瑞樹、 川上 正晃、 藤森 俊雄、 大橋 若奈、 山崎 光章、 服部 裕一:酸化・ニトロソ化ストレスによる敗血症性神経病理学変化への GRK2 の役割:敗血症関連脳症病態機構の解明 .第68回日本薬理学会北部会 山形 2017年9月
  5. 坂本 卓弥、Alice Marino、Pablo Robador、冨田 賢吾、Roberto Levi:肥満細胞 S1P1 受容体刺激による抗 RAS 機構を介した心保護作用における ALDH2の役割 .第68回日本薬理学会北部会 山形 2017年9月
  6. 山峯 直樹、大橋 若奈、織田 哲郎、洞口 龍介、服部 裕一:大腸がんにおける亜鉛トランスポーター ZIP7 の役割 .第68回日本薬理学会北部会 山形 2017年9月
  7. 大橋若奈、長谷耕二、深田俊幸:腸上皮恒常性における亜鉛トランスポーターZIP7の役割.第12回トランスポーター研究会 仙台 P-19 2017年7月
  8. 酒井麻里、鈴木登紀子、Sailesh Palikhe、山下重幸、服部裕一、芳村直樹:ヒト肺微小血管内皮細胞の炎症応答におけるMAPKファミリーの役割.第45回日本血管外科学会学術総会 広島 P40-9 2017年4月
  9. 大橋若奈、山峯直樹、井村穣二、服部裕一:大腸がんにおけるWnt アゴニスト SKL2001の増殖制御機構の解析.第90回日本薬理学会年会 長崎 3-P-054 2017年3月
  10. 三澤広貴、大橋若奈、嶋田豊、服部裕一:プロスタサイクリン薬は急性肝不全からマウスを保護する.第90回日本薬理学会年会 長崎 3-YIA-10 2017年3月
  11. 今泉貴博、冨田賢吾、Sailesh Palikhe、大橋若奈、服部裕一:盲腸結紮・穿孔誘発敗血症マウスにおける臓器障害へのactivator protein-1デコイ核酸の効果.第90回日本薬理学会年会 長崎 1-SS-35 2017年3月
  12. 鈴木登紀子、Sailesh Palikhe、服部 裕一:ヒト肺微小血管内皮細胞における炎症応答の分子機構の解明~MAPKファミリーの役割~.第90回日本薬理学会年会 長崎 1-O-57 2017年3月
  13. 川上 正晃、大橋 若奈、山崎 光章、服部 裕一:敗血症関連脳症の病態におけるGRK2の役割.第90回日本薬理学会年会 長崎 1-O-03 2017年3月
  14. Kengo Tomita, Lobna Ali Abdelzaher, Takahiro Imaizumi, Tokiko Suzuki, Michinori Takashina, Yuichi Hattori:Glucose sluctuations induce ROS-mediated endothelial dysfunction: Effect of astaxanthin. 第19回武田科学振興財団生命科学シンポジウム 大阪 P069 2017年1月

2016年

【Ⅰ】英文原著論文


  1. Hattori M, Yamazaki M, Ohashi W, Tanaka S, Hattori K, Todoroki K, Fujimori T, Ohtsu H, Matsuda N, Hattori Y.: Critical role of endogenous histamine in promoting end-organ tissue injury in sepsis. Intensive Care Med Exp. 4 (1), 36, 2016.
  2. Ohashi W, Kimura S, Iwanaga T, Furusawa Y, Irié T, Izumi H, Watanabe T, Hijikata A, Hara T, Ohara O, Koseki H, Sato T, Robine S, Mori H, Hattori Y, Watarai H, Mishima K, Ohno H, Hase K, Fukada T.: Zinc Transporter SLC39A7/ZIP7 Promotes Intestinal Epithelial Self-Renewal by Resolving ER Stress. PLoS Genet. 12 (10), e1006349, 2016.
  3. Testai L, Marino A, Piano I, Brancaleone V, Tomita K, Di Cesare Mannelli L, Martelli A, Citi V, Breschi MC, Levi R, Gargini C, Bucci M, Cirino G, Ghelardini C, Calderone V.: The novel H2S-donor 4-carboxyphenyl isothiocyanate promotes cardioprotective effects against ischemia/reperfusion injury through activation of mitoKATP channels and reduction of oxidative stress. Pharmacol Res. 113 (Pt A), 290–9, 2016.
  4. Abdelzaher LA, Imaizumi T, Suzuki T, Tomita K, Takashina M, Hattori Y.: Astaxanthin alleviates oxidative stress insults-related derangements in human vascular endothelial cells exposed to glucose fluctuations. Life Sci. 150 (1), 24–31, 2016.
  5. Kuwasako K, Sekiguchi T, Nagata S, Jiang D, Hayashi H, Murakami M, Hattori Y, Kitamura K, Kato J.: Inhibitory effects of two G protein-coupled receptor kinases on the cell surface expression and signaling of the human adrenomedullin receptor. Biochem Biophys Res Commun. 470 (4), 894–9, 2016.

【Ⅱ】国際学会


  1. Mizuki Hattori, Wakana Ohashi, Mitsuaki Yamazaki, Yuichi Hattori: Histamine serves as an aggravating factor in major end-organ injury associated with sepsis. Experimental Biology 2016. San Diego, April 2016.
  2. Hiroki Misawa, Wakana Ohashi, Yutaka Shimada, Yuichi Hattori: Protective effect of ONO-1301, a long- acting prostacyclin agonist, on lipopolysaccharide/D-galactosamine-induced liver injury. Experimental Biology 2016. San Diego, April 2016.

【Ⅲ】和文著書


【Ⅳ】和文原書論文


総説
  1. 大橋若奈:研究「腸管恒常性における亜鉛トランスポーターの役割」 亜鉛栄養治療, 7(1):22–34, 2016.
  2. 服部裕一、服部貢士、鈴木登紀子:「Gタンパク質共役型受容体キナーゼ2(GRK2)の分子病理的役割」 日本臨牀, 74(10):1761–1768, 2016.

【Ⅴ】国内学会


シンポジウム、講演
  1. Wakana Ohashi, Koji Hase, Toshiyuki Fukada: Zinc transporter-mediated intestinal homeostatic self-renewal via ER stress regulation
    第39回日本分子生物学会年会 シンポジウム2AS2「Molecular and Physiological Basis of Zinc Signaling in vivo and in vitro」横浜, 2AS2-6, 2016年12月
  2. 大橋若奈:特別講演「腸管恒常性における亜鉛トランスポーターの役割」. 座長:神戸大朋
    第13回亜鉛栄養治療研究会 大阪 2016年8月.
  3. 大橋若奈、長谷耕二、深田俊幸;「腸管上皮の自己複製機構における亜鉛トランスポーターの役割」 第93回日本生理学会大会 シンポジウム14「亜鉛シグナリングの生理的状態と病態における役割と分子機序」 札幌, S-14, 2016年3月
一般演題
  1. 鈴木 登紀子、今泉貴博、冨田 賢吾、Abdelzaher LA、服部 裕一:グルコース変動による酸化ストレスを介した血管内皮細胞障害とアスタキサンチンによる改善効果.第26回日本循環薬理学会 松本 B-09 2016年12月
  2. 酒井 麻里、鈴木 登紀子、冨田 賢吾、山下 重幸、芳村 直樹、服部 裕一:盲腸結紮穿孔誘発性敗血症モデルマウスにおける心筋傷害とカテコラミン反応性の変化.第26回日本循環薬理学会 松本 A-16 2016年12月
  3. 大橋若奈、長谷耕二、深田俊幸:亜鉛トランスポーターによる小胞体ストレスと腸管上皮恒常性の制御機構. 第39回分子生物学会 横浜 1P-0768 2016年11月
  4. 大橋 若奈、山峯 直樹、三澤 広貴、井村 穣二、服部 裕一:大腸がん成長における Wnt シグナルアゴニスト SKL2001の細胞周期制御を介した調節効果.第67回日本薬理学会北部会 札幌 2016年9月
  5. 酒井 麻里、鈴木 登紀子、冨田 賢吾、山下 重幸、芳村 直樹、 服部 裕一:盲腸結紮穿孔誘発性敗血症モデルマウスにおける 心機能・形態評価とカテコラミン反応性.第67回日本薬理学会北部会 札幌 2016年9月
  6. 今泉 貴博、冨田 賢吾、Sailesh Palikhe、斉藤 優奈、z川上 正晃、服部 裕一:盲腸結紮穿孔誘発性敗血症モデルマウスにおける activator protein-1デコイ核酸の有用性.第67回日本薬理学会北部会 札幌 2016年9月
  7. Abdelzaher LA、今泉貴博、鈴木登紀子、冨田賢吾、高階道徳、服部裕一:グルコース変動による内皮型一酸化窒素合成酵素機能障害がアスタキサンチンにより改善され る.日本薬学会第136年会 横浜 29AB-pm147 2016年3月
  8. 今泉貴博、Abdelzaher LA、鈴木登紀子、冨田賢吾、高階道徳、服部裕一:グルコース変動による酸化ストレスを介した内皮型一酸化窒素合成酵素機能障害と、アスタキサンチンの改善効果.第89回日本薬理学会年会 横浜 2016年3月
  9. 大橋若奈、山峯直樹、井村穣二、服部 裕一:大腸がん細胞株スフェロイドに対する Wnt アゴニスト SKL-2001 の増殖抑制効果.第89回日本薬理学会年会 横浜 2016年3月
  10. 三澤広貴、大橋若奈、嶋田豊、服部裕一:LPS/GalN 誘発性肝傷害に対するプロスタサイクリンアゴニスト ONO-1301 とベラプロストの比較効果.第89回日本薬理学会年会 横浜 2016年3月
  11. 高階道徳、井上さやか、冨原圭、大橋若奈、野口誠、服部裕一:レスベラトロールはヒトがん細胞腫により異なった細胞死効果を示す.第89回日本薬理学会年会 横浜 2016年3月
  12. 服部瑞樹、高階道徳、青木優太、田中智之、大津浩、大橋若奈、山崎 光章、服部 裕一:HDC ノックアウトマウスにおける盲腸結紮穿孔誘発性敗血症による臓器傷害の軽減化.第89回日本薬理学会年会 横浜 2016年3月

2015年

【Ⅰ】英文原著論文


  1. Wang Q, Yokoo H, Takashina M, Sakata K, Ohashi W, Abedelzaher LA, Imaizumi T, Sakamoto T, Hattori K, Matsuda N, Hattori Y: Anti-Inflammatory Profile of Levosimendan in Cecal Ligation-Induced Septic Mice and in Lipopolysaccharide-Stimulated Macrophages. Crit Care Med. 43 (11), e508–20, 2015.
  2. Inoue S, Arai N, Tomihara K, Takashina M, Hattori Y, Noguchi M. Extracellular Ca(2+)-dependent enhancement of cytocidal potency of zoledronic acid in human oral cancer cells. Eur J Pharmacol. 2015 Aug 15;761:44–54.
  3. Nishida S, Tsuchida K, Satoh H: Comparative Study of Vasodilatation Induced by Rokumigan, Hachimijiogan, and Goshajinkigan in the Rat Aorta.J Integrative Med Ther. 2(1): 6, 2015.
  4. Maeda M, Hayashi T, Mizuno N, Hattori Y, Kuzuya M: Intermittent high glucose implements stress-induced senescence in human vascular endothelial cells: Role of superoxide production by NADPH oxidase. PLoS One 10 (4), e0123169, 2015.
  5. Sakata K, Kondo T, Mizuno N, Shoji M, Yasui H, Yamamori T, Inanami O, Yokoo H, Yoshimura N, Hattori Y: Roles of ROS and PKC-βII in ionizing radiation-induced eNOS activation in human vascular endothelial cells. Vascul Pharmacol. 70, 55–65, 2015.
  6. Kambara K, Ohashi W, Tomita K, Takashina M, Fujisaka S, Hayashi R, Mori H, Tobe K, Hattori Y: In vivo depletion of CD206(+) M2 macrophages exaggerates lung injury in endotoxemic mice. Am J Pathol. 185(1):162–171, 2015.
  7. Nagane M, Yasui H, Sakai Y, Yamamori T, Niwa K, Hattori Y, Kondo T, Inanami O: Activation of eNOS in endothelial cells exposed to ionizing radiation involves components of the DNA damage response pathway. Biochem Biophys Res Commun. 456(1):541–6, 2015.
  8. Aldi S, Marino A, Tomita K, Corti F, Anand R, Olson KE, Marcus AJ, Levi R: E-NTPDase1/CD39 modulates renin release from heart mast cells during ischemia/reperfusion: a novel cardioprotective role. FASEB J. 29, 61–9, 2015.
  9. Tomita K, Takashina M, Mizuno N, Sakata K, Hattori K, Imura J, Ohashi W, Hattori Y: Cardiac fibroblasts: contributory role in septic cardiac dysfunction. J Surg Res. 193(2):874–87, 2015.
総説
  1. Ohashi W, Hattori K, Hattori Y: Control of Macrophage Dynamics as a Potential Therapeutic Approach for Clinical Disorders Involving Chronic Inflammation. J Pharmacol Exp Ther., 354(3):240–50, 2015.
評論
  1. Hattori Y, Hattori K, Hayashi T. Pleiotropic benefits of metformin: macrophage targeting its anti-inflammatory mechanisms. Diabetes. 2015 Jun;64(6):1907–9.
  2. Hattori Y, Hattori K, Suzuki T. Differential Modulation of Cardiac Sympathetic Neural Control and β-Adrenoceptor-G Protein Signaling Cascade in Rats With Type 1 and Type 2 Diabetes. Diabetes. 2015 Aug;64(8):2708-10.
著書
  1. 服部裕一:ハーバード大学講義テキスト 臨床薬理学.第3版.渡邉裕司監訳.東京:丸善出版;2015.第2節A,神経薬理学の基礎.第2節B,自律・末梢神経系薬理学の原理.96–187.

【Ⅱ】国際学会


  1. Kimimasa Sakata, Natsumi Mizuno, Takashi Kondo, Naoki Yoshimura, Yuichi Hattori. The mechanisms underlying irradiation-induced eNOS activation in human vascular endothelial cells. 15th International Congress of Radiation Research; 2015 May 25–29; Kyoto.

【Ⅲ】和文著書


【Ⅳ】和文原書論文


総説
  1. 鈴木登紀子: 「プリン受容体ヘテロ多量体形成が血小板機能に与える影響の解析」 "Hetero-oligomerization and functional interaction between purinergic receptors expressed in platelets to regulate platelet shape change."
    薬学雑誌, 135巻12号, 1335–40, 2015
  2. 大橋若奈,服部裕一: 特集:ARDSの病態解明と新しい治療への薬理学的アプローチ「敗血症性急性肺傷害におけるGRK2の創薬ターゲットとしての可能性」 “GRK2 as a potential therapeutic target for septic ARDS” 日薬理誌, 145 (3):122–8, 2015.

【Ⅴ】国内学会


シンポジウム、講演
  1. 服部裕一:Gタンパク質共役受容体活性制御機構分子を標的とした糖尿病性心血管障害の治療戦略.第17回応用薬理シンポジウム;2015 Sep 4–5;新潟
一般演題
  1. 大橋若奈,井村穣二,服部裕一:Effect of Wnt singlaing on colorectal cancer spheroid.BMB2015 第38回日本分子生物学会年会/第88回日本生化学会大会 合同大会 神戸 2P1122 2015年12月
  2. 大橋若奈,井村穣二,服部裕一:大腸がんスフェロイドに対するWntシグナルの作用.第26回日本消化器癌発生学会 鳥取 O2-2 2015年11月
  3. 井上さやか,冨原圭,高階道徳,服部裕一,野口誠:ヒト口腔扁平上皮癌細胞株に対するゾレドロン酸の殺細胞効果に及ぼす 細胞外カルシウムの影響.第66回日本薬理学会北部会 富山 C-18 2015年9月
  4. 冨田賢吾,今泉貴博,水野夏実,Lobna A. Abedelzaher,坂田公正,鈴木登紀子,服部裕一:ヒト血管内皮細胞における高グルコース及びグルコース変動時の活性酸素種産生.第25回日本循環薬理学会 奈良 A-2-3 2015年12月
  5. 服部瑞樹,高階道徳,藤森俊雄,今泉貴博,冨田賢吾,鈴木登紀子,青木優太,田中智之,大橋若奈,山崎光章,服部裕一.敗血症マウスの臓器傷害におけるヒスタミン関連分子の変化とその役割.第19回日本ヒスタミン学会;2015 Nov 13–14;仙台.
  6. 服部瑞樹,高階道徳,冨田賢吾,鈴木登紀子,青木優太,田中智之,井村穣二,大橋若奈,山﨑光章,服部裕一:敗血症マウスにおけるヒスタミン関連分子誘導とその臓器傷害に対する役割.第66回日本薬理学会北部会 富山 B-08 2015年9月
  7. 三澤広貴,大橋若奈,井村穣二,嶋田豊,服部裕一:リポポリサッカライド/D-ガラクトサミン誘発性急性肝傷害モデルマウスにおける ONO-1301 の効果.第66回日本薬理学会北部会 富山 B-01 2015年9月
  8. 坂田公正,水野夏実,芳村直樹,服部裕一:ヒト肺微小血管内皮細胞においてβ—arrestin2は炎症反応応答を制御している.第88回日本薬理学会年会 名古屋 2015年3月
  9. 水野夏実,坂田公正,服部裕一:ヒト血管内皮細胞における高血糖誘発性 ROS 産生に対する GRK2 とβ-arrestin2 の役割.第88回日本薬理学会年会 名古屋 2015年3月
  10. 大橋若菜,服部裕一:損傷腸管上皮に対する Wnt アゴニスト SKL-2001 の NF-κB 介在性の修復促進機構.第88回日本薬理学会年会 名古屋 2015年3月
  11. 三澤広貴,大橋若奈,嶋田豊,服部裕一:DSS 誘発性慢性腸炎モデルマウスに対する温清飲,桃核承気湯,黄耆建中湯の効果.第88回日本薬理学会年会 名古屋 2015年3月
  12. 高階道徳,横尾宏毅,王強, Abedelzaher Lobna A ,大橋若菜,服部裕一:レボシメンダンの抗炎症メカニズムにおける HMGB1の役割.第88回日本薬理学会年会 名古屋 2015年3月

2014年

【Ⅰ】英文原著論文


  1. Aldi S, Takano K, Tomita K, Koda K, Chan NY, Marino A, Salazar-Rodriguez M, Thurmond RL, Levi R: Histamine H4-receptors inhibit mast cell renin release in ischemia/reperfusion via protein kinase C ε-dependent aldehyde dehydrogenase type-2 activation. J Pharmacol Exp Ther. 349 (3), 508-17, 2014.
  2. Taguchi K, Sakata K, Ohashi W, Imaizumi T, Imura J, Hattori Y: Tonic inhibition by G protein-coupled receptor kinase 2 of Akt/endothelial nitric oxide synthase signaling in human vascular endothelial cells under conditions of hyperglycemia with high insulin levels. J Pharmacol Exp Ther. 349 (2), 199-208, 2014.
  3. Takebe M, Oishi H, Taguchi K, Aoki Y, Takashina M, Tomita K, Yokoo H, Takano Y, Yamazaki M, Hattori Y: Inhibition of histone deacetylases protects septic mice from lung and splenic apoptosis. J Surg Res. 187 (2), 559-570, 2014.
  4. Aldi S, Robador PA, Tomita K, Di Lorenzo A, Levi R: IgE receptor-mediated mast-cell renin release. Am J Pathol. 184 (2), 376-81, 2014.
  5. Hayashi T, Yamaguchi T, Sakakibara Y, Taguchi K, Maeda M, Kuzuya M, Hattori Y: eNOS-dependent antisenscence effect of a calcium channel blocker in human endothelial cells. PLoS One. 9 (2), e88391, 2014.
  6. Hayashi T, Kotani H, Yamaguchi T, Taguchi K, Iida M, Ina K, Maeda M, Kuzuya M, Hattori Y, Ignarro LJ: Endothelial cellular senescence is inhibited by liver X receptor activation with an additional mechanism for its atheroprotection in diabetes. Proc Natl Acad Sci USA. 111 (3), 1168-1173, 2014.
著書
  1. Ohashi W, Hattori Y: Drugs that affect lipid metabolism. In: Side Effects of Drugs Annual, Vol 35. ed. by J.K. Aronson. pp.807-819, Elsevier Academic Press 2014.
  2. Ohashi W, Hattori Y: Drugs that affect lipid metabolism. In: Side Effects of Drugs Annual, Vol 36. ed. by S.D.Ray. pp.675-682, Elsevier Academic Press 2014.

【Ⅱ】国際学会


  1. Kimimasa Sakata, Kumiko Taguchi, Wakana Ohashi, Joji Imura, Naoki Yoshimura, Yuichi Hattori: GRK2 is a tonic inhibitor of Akt/eNOS signaling in human vascular endothelial cells under conditions of hyperglycemia with high insulin levels. Experimental Biology 2014. San Diego, April 2014.

【Ⅲ】和文著書


  1. 大橋若奈:トピックス 「カルモジュリンによる水チャネルゲート開閉のアロステリック調節機構」 ファルマシア 2014年 50(4)

【Ⅳ】和文原書論文


【Ⅴ】国内学会


シンポジウム、講演
  1. 服部裕一:血管内皮細胞障害に寄与するGRK2の分子病理学的機構. 座長:篠田壽,若森実
    第87回日本薬理学会年会 西宮機能系基礎医学研究助成基金受賞者記念講演 仙台 2014年3月.
  2. 大橋若奈,服部裕一:敗血症性急性肺損傷におけるGRK2の創薬ターゲットとしての可能性.
    シンポジウムテーマ:ARDS最新治療戦略のためのトランスレーショナルリサーチアプローチ. 座長:服部裕一,今井由美子 第87回日本薬理学会年会 仙台 2014年3月.
一般演題
  1. 坂田公正,横尾宏毅,王強,高階道徳,Lobna A Abedelzaher,今泉貴博,坂本卓弥,大橋若奈,芳村直樹,服部裕一:強心薬レボシメンダンの敗血症マウスに対する有益な効果とその作用機構. 第24回日本循環薬理学会 山形 2014年12月.
  2. 水野夏実,坂田公正,服部裕一:ヒト血管内皮細胞におけるGRK2およびβ-arrestin2の高血糖誘発性ROS産生への関与. 第24回日本循環薬理学会 山形 2014年12月.
  3. 坂田公正,水野夏実,近藤隆,芳村直樹,服部裕一:ヒト血管内皮細胞における放射線照射誘発性eNOS活性化機構. 第55回日本脈管学会総会 倉敷 2014年10月.
  4. 坂本卓弥,冨田賢吾,高階道徳,大橋若奈,服部裕一:シロスタゾールのマクロファージでの炎症性サイトカイン産生抑制特性の解析. 第87回日本生化学会大会 京都 2014年10月.
  5. 坂本卓弥,冨田賢吾,高階道徳,大橋若奈,服部裕一:RAW264.7マクロファージにおけるシロスタゾールに対する効果. 第65回日本薬理学会北部会 福島 2014年9月.
  6. 坂田公正,水野夏実,近藤隆,芳村直樹,服部裕一:放射線照射ヒト血管内皮細胞におけるeNOS活性化機構の検討. 第65回日本薬理学会北部会 福島 2014年9月.
  7. 高階道徳,冨田賢吾,水野夏実,坂田公正,今泉貴博,大橋若奈,服部裕一:心臓線維芽細胞は炎症と線維化を誘導する:敗血症性心機能障害における役割. 第65回日本薬理学会北部会 福島 2014年9月.
  8. 水野夏実,坂田公正,服部裕一:ヒト血管内皮細胞における高血糖誘発ROS産生機構へのGRK2およびβ-arrestin2の関与. 第65回日本薬理学会北部会 福島 2014年9月.
  9. 高階道徳,坂本卓弥,今泉貴博,坂田公正,神原健太,大橋若奈,服部裕一:敗血症マウスの病態形成におけるGRK2の関与. 日本生化学会北陸支部第32回大会 富山 2014年5月.
  10. 坂本卓弥,冨田賢吾,高階道徳,大橋若奈,服部裕一:LPS誘導性急性肺傷害に対するシロスタゾールの抗炎症効果. 日本生化学会北陸支部第32回大会 富山 2014年5月.
  11. 坂田公正,冨田賢吾,高階道徳,今泉貴博,坂本卓弥,大橋若奈,芳村直樹,服部裕一:敗血症マウスの心機能低下における線維芽細胞の関与:MMP-9による機能調節. 第87回日本薬理学会年会 仙台 2014年3月.
  12. 横尾宏毅,王強,アブデルザッハーロブナ A,高階道徳,大橋若奈,坂田公正,今泉貴博,坂本卓弥,服部裕一:Ca感受性増強薬レボシメンダンの敗血症性炎症に対する抑制効果. 第87回日本薬理学会年会 仙台 2014年3月.
  13. 坂本卓弥,冨田賢吾,高階道徳,大橋若奈,服部裕一:LPS誘導性急性肺傷害におけるシロスタゾールの抗炎症特性の評価. 第87回日本薬理学会年会 仙台 2014年3月.
  14. 大橋若奈,今泉貴博,坂本卓弥,高階道徳,服部裕一:腸管上皮損傷に対する新規Wnt/β-catenin経路アゴニストSKL-2001の保護効果. 第87回日本薬理学会年会 仙台 2014年3月.

2013年

【Ⅰ】英文原著論文


総説
  1. Taguchi K, Hattori Y: Unlooked-for significance of cardiac versus vascular effects of endothelin-1 in the pathophysiology of pulmonary arterial hypertension. Circ Res., 112(2):227-9, 2013.

【Ⅱ】国際学会


  1. Mariko Takebe, Hirofumi Oishi, Yuta Aoki, Yuichi Hattori, Mitsuaki Yamazaki: Possible role of epigenetic modifications in the pathology of sepsis. Euroanaesthesia 2013. Barcelona, June 2013.
  2. Hiroki Yokoo, Kumiko Taguchi, Yuichi Hattori: The oligomerized polyphenol oligonol ameliorates high glucose- and TNF-alpha-induced NADPH oxidase activation and insulin signaling downregulation in vascular endothelial cells. Experimental Biology 2013. Boston, April 2013.
  3. Hattori Y: Invited Lecture Protection from both inflammation and apoptosis as a novel therapeutic strategy for severe sepsis. The 4th Critical Care Conference in Thailand. Pattaya, June 27-29, 2013.

【Ⅲ】和文著書


  1. 田口久美子,服部裕一:第1章 敗血症の基礎研究の進め方.第3節[1]薬理学的なアプローチによる研究開発.敗血症の診断/治療の実状と病態・メカニズムをふまえた開発戦略.編集:技術情報協会.pp.79-86, 技術情報協会 2013.
  2. 大橋若奈、北條慎太郎、深田俊幸:亜鉛によるシグナル伝達:「亜鉛シグナル」とは 分子消化器病 (2013年6月)

【Ⅳ】和文原書論文


【Ⅴ】国内学会


  1. NISHIDA Keigo, HASEGAWA Aiko, YAMASAKI Satoru, OHASHI Wakana, OGURA Hideki, MURAKAMI Masaaki, HIRANO Toshio: Zinc released from mast cell plays a role in wound healing through GRP39/IL-6 axis. 第42回日本免疫学会学術集会, 千葉 1-H-W14-6-O/P, 2013年12月
  2. 坂田公正, 今泉貴博, 高階道徳, 冨田賢吾, 芳村直樹, 服部裕一:敗血症性心機能不全におけるMMP-9を介した心臓線維芽細胞の役割:ONO-4817の効果. 第23回日本循環薬理学会, 福岡, A-11, 2013年12月.
  3. 大橋若奈, 服部裕一: 腸管粘膜炎症における Wnt/Notch シグナルの関与の検討. 第64回日本薬理学会北部会, 旭川, A-16, 2013年9月.
  4. 高階道徳, 今泉貴博, 坂本卓弥, 坂田公正, 神原健太, 大橋若奈, 田口久美子, 服部裕一: 敗血症マウスにおける GRK2 の病態生理学的役割:GRK2 阻害薬の治療効果. 第64回日本薬理学会北部会, 旭川, A-14, 2013年9月.
  5. 神原健太, 大橋若奈, 今泉貴博, 坂本卓弥, 坂田公正, 高階道徳, 冨田賢吾, 横尾宏毅, 林龍二, 戸邉一之, 服部裕一: CD206 マクロファージアブレーションはエンドトキシン誘発性急性肺傷害を増悪させる. 第64回日本薬理学会北部会, 旭川, A-14, 2013年9月.
  6. 坂田公正, 田口久美子, 芳村直樹, 服部 裕一: ヒト血管内皮細胞におけるGRK2によるAkt/eNOS経路のtonicな抑制機構:β-arrestin2の関与. 第64回日本薬理学会北部会, 旭川, C-03, 2013年9月.
  7. 武部真理子, 大石博史, 青木優太, 高階道徳, 冨田賢吾, 田口久美子, 横尾宏毅, 山崎光章, 服部 裕一: Possible role of epigenetic modifications in the pathology of sepsis.(敗血症の病理学的変化におけるエピジェネティックス制御の関与) 第86回日本薬理学会年会, 福岡, O3D-23-1, 2013年3月.
  8. 田口久美子, 松本貴之, 小林恒雄, 服部 裕一: G protein-coupled receptor kinase 2 impairs insulin-induced Akt/eNOS signaling. (糖尿病性血管内皮機能障害時におけるAktシグナル伝達の減弱に対する GRK2 の関与) 第86回日本薬理学会年会, 福岡, O3D-21-5, 2013年3月.
  9. 神原健太, 冨田賢吾, 高階道徳, 田口久美子, 横尾宏毅, 林龍二, 戸邉一之, 服部 裕一: Protective role of alveolar macrophage in acute lung injury caused by selective ablation of alternative activated alveolar macrophage(M2)co-expressing CD206 and diphtheria toxin receptor.(急性肺障害における CD206 陽性 M2 マクロファージの役割) 第86回日本薬理学会年会, 福岡, AO1H-3-4, 2013年3月.
  10. 横尾宏毅, 田口久美子, 冨田賢吾, 高階道徳, 王強, アブデルザッハーロブナ A, 服部裕一:オリゴノールは糖尿病血管内皮でのNox活性増加とインスリン抵抗性を改善する. 第86回日本薬理学会年会, 福岡, 2013年3月
  11. 田口久美子,松本貴之,小林恒雄,服部裕一:糖尿病性血管内皮障害に対するGRK2阻害薬の生体内投与による治療効果. 第42回日本心脈管作動物質学会, 奈良, 2013年2月.

2012年

【Ⅰ】英文原著論文


  1. Yokoo H, Chiba S, Tomita K, Takashina M, Sagara H, Yagisita S, Takano Y, Hattori Y: Neurodegenerative evidence in mice brains with cecal ligation and puncture-induced sepsis: preventive effect of the free radical scavenger edaravone.PLoS One.,7:e51539, 2012.
  2. Nemoto S, Taguchi K, Matsumoto T, Kamata K, Kobayashi T: Pravastatin normalizes ET-1-induced contraction in the aorta of type 2 diabetic OLETF rats by suppressing the KSR1/ERK complex.Am J Physiol Heart Circ Physiol., 303:H893-902, 2012.
  3. Kobayashi T, Nemoto S, Ishida K, Taguchi K, Matsumoto T, Kamata K: Involvement of CaM kinase II in the impairment of endothelial function and eNOS activity in aortas of Type 2 diabetic rats.Clin Sci (Lond)., 123:375-86, 2012.
  4. Taguchi K, Morishige A, Matsumoto T, Kamata K, Kobayashi T: Enhanced estradiol-induced vasorelaxation in aortas from type 2 diabetic mice may reflect a compensatory role of p38 MAPK-mediated eNOS activation.Pflugers Arch., 464:205-15, 2012.
  5. Taguchi K, Matsumoto T, Kamata K, Kobayashi T: G protein-coupled receptor kinase 2, with β-arrestin 2, impairs insulin-induced Akt/endothelial nitric oxide synthase signaling in ob/ob mouse aorta.Diabetes., 61:1978-85, 2012.
  6. Taguchi K, Matsumoto T, Kamata K, Kobayashi T: Inhibitor of G protein-coupled receptor kinase 2 normalizes vascular endothelial function in type 2 diabetic mice by improving β-arrestin 2 translocation and ameliorating Akt/eNOS signal dysfunction.Endocrinology., 153:2985-96, 2012.
  7. Taguchi K, Matsumoto T, Kamata K, Kobayashi T: Angiotensin II type 2 receptor-dependent increase in nitric oxide synthase activity in the endothelium of db/db mice is mediated via a MEK pathway.Pharmacol Res., 66:41-50, 2012.
  8. Oishi H, Takano KI, Tomita K, Takebe M, Yokoo H, Yamazaki M, Hattori Y: Olprinone and colforsin daropate alleviate septic lung inflammation and apoptosis through CREB-independent activation of the Akt pathway. Am J Physiol Lung Cell Mol Physiol., 303:L130-40, 2012.
  9. Ishida K, Matsumoto T, Taguchi K, Kamata K, Kobayashi T: Pravastatin normalizes endothelium-derived contracting factor-mediated response via suppression of Rho-kinase signalling in mesenteric artery from aged type 2 diabetic rat.Acta Physiol (Oxf)., 205:255-65, 2012.
  10. Aoki Y, Hatakeyama N, Yamamoto S, Kinoshita H, Matsuda N, Hattori Y, Yamazaki M: Role of ion channels in sepsis-induced atrial tachyarrhythmias in guinea pigs. Br J Pharmacol., 166:390-400, 2012.
  11. Ishida K, Matsumoto T, Taguchi K, Kamata K, Kobayashi T: Protein kinase C delta contributes to increase in EP3 agonist-induced contraction in mesenteric arteries from type 2 diabetic Goto-Kakizaki rats.Pflugers Arch., 463:593-602, 2012.
  12. Shen J, Ishii Y, Xu G, Dang TC, Hamashima T, Matsushima T, Yamamoto S, Hattori Y, Takatsuru Y, Nabekura J, Sasahara M: PDGFR-β as a positive regulator of tissue repair in a mouse model of focal cerebral ischemia.J Cereb Blood Flow Metab., 32:353-67, 2012.
  13. Ikutani M, Yanagibashi T, Ogasawara M, Tsuneyama K, Yamamoto S, Hattori Y, Kouro T, Itakura A, Nagai Y, Takaki S, Takatsu K: Identification of innate IL-5-producing cells and their role in lung eosinophil regulation and antitumor immunity.J Immunol., 188:703-13, 2012.
  14. Nemoto S, Taguchi K, Matsumoto T, Kamata K, Kobayashi T: Aminoguanidine normalizes ET-1-induced aortic contraction in type 2 diabetic Otsuka Long-Evans Tokushima Fatty (OLETF) rats by suppressing Jab1-mediated increase in ET(A)-receptor expression.Peptides., 33:109-19, 2012.
  15. Taguchi K, Matsumoto T, Kamata K, Kobayashi T: Akt/eNOS pathway activation in endothelium-dependent relaxation is preserved in aortas from female, but not from male, type 2 diabetic mice.Pharmacol Res., 65:56-65, 2012.

【Ⅱ】国際学会


  1. Yokoo H, Lobna AA, Taguchi K, Hattori Y: Inhibition of hyperglycemia/cytokine-induced NADPH oxidase activation and preservation of insulin signaling by treatment with Oligonol: analysis in cultured porcine aortic endothelial cells. 20th International Congress on Nutrition and Integrative Medicine, July 21-22, 2012, Sapporo, Japan.
  2. Matsumoto T, Nemoto S, Taguchi K, Kamata K, Kobayashi T: Involvement of CaM kinase II in impairments of endothelial function and eNOS activity in aortas of type2 diabetic Goto-Kakizaki rats. Experimental Biology 2012, April 21-25, 2012, San Diego, CA.
  3. Matsumoto T, Taguchi K, Kamata K, Kobayashi T: Insulin-mediated Akt/eNOS signaling is defective in ob/ob mouse aorta due to negative regulation by translocated GRK2. Experimental Biology 2012, April 21-25, 2012, San Diego, CA.
  4. Yokoo H, Yamamoto S, Hattori Y: Expression of TNF-R1 and Fas in coronary arterioles of type2 diabetic mice. Experimental Biology 2012, April 21-25, 2012, San Diego, CA.

【Ⅲ】和文著書


【Ⅳ】和文原書論文


総説
  1. 田口久美子: 糖尿病性血管合併症に対する新しい標的分子としての GRK2. 血管, 35:93-103, 2012.

【Ⅴ】国内学会


シンポジウム
  1. 横尾宏毅: 糖尿病と血管内皮 Death 受容体の発現. シンポジウム「糖尿病病態における血管内皮細胞機能研究の新しい展開」第22回日本循環薬理学会, 富山, S-03, 2012年11月.
  2. 服部裕一: 敗血症性アポトーシスに対する薬理学的展望. シンポジウム「敗血症における全身性炎症と細胞死」第21回日本 Cell Death 学会, 名古屋, S1-4, 2012年7月.
一般演題
  1. 田口久美子, 松本貴之, 小林恒雄, 服部裕一: 血管内皮障害誘導因子としての GRK2: 特に性差に注目して. 第22回日本循環薬理学会, 富山, YIA-05, 2012年11月.
  2. 田口久美子, 松本貴之, 小林恒雄, 服部裕一: 糖尿病性血管障害に対する新規治療ターゲットとしてのGRK2の可能性. 第1回日本くすりと糖尿病学会学術集会, 東京, II-3-2, 2012年9月.
  3. 神原健太, 冨田賢吾, 坂本卓弥, 高階道徳, 武部真理子, 田口久美子, 横尾宏毅, 林龍二, 戸邉一之, 服部裕一: CD206 陽性マクロファージの急性肺傷害における役割:CD206 ジフテリアトキシン受容体遺伝子改変マウスを用いた検討. 第63回日本薬理学会北部会, 新潟, B08, 2012年9月.
  4. 冨田賢吾, 坂本卓弥, 横尾宏毅, 服部裕一: Lipopolysaccharide による心線維芽細胞の形質転換と炎症性サイトカインの発現. 第63回日本薬理学会北部会, 新潟, B07, 2012年9月.
  5. 武部真理子, 大石博文, 青木優太, 高階道徳, 冨田賢吾, 田口久美子, 横尾宏毅, 山崎光章, 服部裕一: 新規 HDAC 阻害薬 CG200745 は敗血症性アポトーシスを抑制する. 第63回日本薬理学会北部会, 新潟, B06, 2012年9月.
  6. 田口久美子, 松本貴之, 小林恒雄, 服部裕一: GRK2 活性抑制による糖尿病性血管内皮機能障害に対する保護効果. 第63回日本薬理学会北部会, 新潟, A02, 2012年9月.
  7. 田口久美子, 松本貴之, 鎌田勝雄, 小林恒雄: 2型糖尿病マウス胸部大動脈における insulin 誘発 Akt/eNOS 経路に対する GRK2 と β-arrestin2 の競合作用. 日本薬学会第132年会, 29P1-am109, 札幌, B-4, 2012年3月.
  8. 冨田賢吾, 高野健一, 高階道徳, 横尾宏毅, 服部裕一: エンドトキシン局所投与による急性肺炎症に対するNF-kBおとり核酸経鼻投与の効果. 第85回日本薬理学会年会, 京都, O3C2-5-2, 2012年3月.
  9. 横尾宏毅, 山本誠士, 服部裕一: 敗血症マウス肺組織におけるNADPHオキシダーゼ活性増加と組織病理学的変化との関係. 第85回日本薬理学会年会, 京都, P1-6-2, 2012年3月.
  10. 黒田香織, 松本貴之, 田口久美子, 鎌田勝雄, 小林恒雄: 高インスリン血症糖尿病ラット上腸間膜動脈における内皮由来過分極因子誘発弛緩反応減弱メカニズム. 第85回日本薬理学会年会, 京都, 2012年3月.
  11. 守重昭孝, 田口久美子, 松本貴之, 鎌田勝雄, 小林恒雄: 2型糖尿病マウス胸部大動脈におけるエストラジオールの血管拡張効果について. 第85回日本薬理学会年会, 京都, 2012年3月.
  12. 石田恵子, 松本貴之, 田口久美子, 鎌田勝雄, 小林恒雄: 2型糖尿病GKラットにおける PGE2 収縮増大は EP3 receptor-PKCδ シグナルを介する. 第85回日本薬理学会年会, 京都, 2012年3月.
  13. 根本真吾, 田口久美子, 松本貴之, 鎌田勝雄, 小林恒雄: 2型糖尿病ラット胸部大動脈におけるインスリンシグナル障害とアンギオテンシンII/プロテインホスファターゼ1B (PTP1B) の影響. 第85回日本薬理学会年会, 京都, 2012年3月.
  14. 高階道徳, 冨田賢吾, 横尾宏毅, 服部裕一: レスベラトロールは敗血症マウス肺組織においてSIRT-1を賦活化し肺炎症・アポトーシスを緩和する. 第85回日本薬理学会年会, 京都, O1C2-2-4, 2012年3月.
  15. 田口久美子, 松本貴之, 鎌田勝雄, 小林恒雄: 2型糖尿病マウス胸部大動脈における GRK2/β-arrestin2 の働き. 第41回日本芯脈管作動物質学会, 秋田, B-4, 2012年2月.
  16. 石田恵子, 松本貴之, 田口久美子, 鎌田勝雄, 小林恒雄: 2型糖尿病モデル GK ラット上腸間膜動脈における PGE2 収縮増大は EP3 receptor-PKCδ シグナルを介する. 第41回日本芯脈管作動物質学会, 秋田, A-7, 2012年2月.

2011年

【Ⅰ】英文原著論文


  1. Tomita K, Takano K, Yokoo H, Hattori Y: Novel Insights into Beneficial Consequences of Statins in Sepsis: Anti-inflammatory and Anti-apoptotic Mechanisms Mol. Cell. Pharmacol., 3:67-74, 2011.
  2. Kageyama S, Yokoo H, Tomita K, Kageyama-Yahara N, Uchimido R, Matsuda N, Yamamoto S, Hattori Y: High glucose-induced apoptosis in human coronary artery endothelial cells involves up-regulation of death receptors. Cardiovasc Diabetol, 10:73, 2011. [IF 2.720]
  3. Matsui-Hirai H, Hayashi T, Yamamoto S, Ina K, Maeda M, Kotani H, Iguchi A, Ignarro LJ, Hattori Y: Dose-Dependent Modulatory Effects of Insulin on Glucose-Induced Endothelial Senescence In Vitro and In Vivo: A Relationship between Telomeres and Nitric Oxide. J Pharmacol Exp Ther, 337:591-9, 2011. [IF 4.017]
  4. Takano KI, Yamamoto S, Tomita K, Takashina M, Yokoo H, Matsuda N, Takano Y, Hattori Y: Successful Treatment of Acute Lung Injury with Pitavastatin in Septic Mice: Potential Role of Glucocorticoid Receptor Expression in Alveolar Macrophages. J Pharmacol Exp Ther, 336:381-90, 2011. [IF 4.017]
著書
  1. Hattori Y, Matsuda N: Protection from lethal cell death in cecal ligation and puncture-induced sepsis mouse model by in vivo delivery of FADD siRNA. In:Targets in Gene Therapy. ed. by Yongping You. pp.409-422, InTech-Open Access Publisher 2011.

【Ⅱ】国際学会


  1. Yamamoto S, Azuma E, Yanagibashi T, Ikutani M, Nagai Y, Takatsu K, Miyazaki K, Dohmoto M, Muramatsu M, Niida S, Hattori Y: Endthelial microparticles behave as a bioactive carrier in the cellular interaction. The 19th Annual Meeting of the Japanese Vasclar Biology and Medicine Organization/ The 1st Asia-pacific Vascular Biology Meeting, December 8-9, 2011, Tokyo, Japan.
  2. Yamamoto S, Azuma E, Muramatsu M, Yanagibashi T, Ikutani M, Nagai Y, Takatsu K, Miyazaki K, Dohmoto M, Matsuda N, Niida S, Hattori Y: EMPs behave as the bioactive carrier in inflammatory condition. The Second Pacific Symposium on Vascular Biology, October 30-November 2, 2011, Jeju, Korea: 33.
  3. Hiroki Yokoo, Yuichi Hattori: Histopathological changes in septic mouse brain: effect of the free-radical scavenger edaravone. Experimental Biology 2011, April, 2011, Washington, DC.
  4. 【Ⅲ】和文著書


    1. 服部裕一:14章 抗炎症薬および免疫抑制薬, 20章 動脈硬化とリポ蛋白質代謝. ラング・デール薬理学. 監訳:樋口宗史, 前山一隆. pp.220-240, pp.313-322, 西村書店 2011.

    【Ⅳ】和文原書論文


    1. 高野健一、大石博史、服部裕一: アポトーシス関連分子を標的とした敗血症性急性肺傷害の治療. 日本薬理学雑誌, 138:146-150, 2011.
    総説
    1. 服部裕一: 糖質コルチコイドの作用と機序. ICU と CCU(集中治療医学), 35:597-603, 2011.

    【Ⅴ】国内学会


    シンポジウム
    1. 高野健一, 大石博史, 服部裕一: アポトーシスからの保護と関連した敗血症性急性肺傷害の治療. シンポジウム「急性肺傷害におけるトランスレーショナルリサーチの現状と展望.」 第84回日本薬理学会年会, 横浜, S1C13-3, 2011年3月 (誌上発表).
    一般演題
    1. 山本誠士, 東英梨月, 柳橋努, 生谷尚士, 長井良憲, 高津聖志, 宮崎賢治, 堂本光子, 村松昌, 新飯田俊平, 服部裕一: EMPのbioactive carrierという側面からの解析. 第34回日本分子生物学会年会, 横浜, 3T9pII-6, 2011年12月.
    2. 東英梨月, 山本誠士, 服部裕一, 村松昌, 新飯田俊平: Analysis of the multifunctional macrophages in mouse angiogenesis model. 第34回日本分子生物学会年会, 横浜, 1T10pII-7, 2011年12月.
    3. 山本誠士, 東英梨月, 柳橋努, 生谷尚士, 長井良憲, 高津聖志, 宮崎賢治, 堂本光子, 村松昌, 新飯田俊平, 服部裕一: Endothelial microparticles (EMP) の生物活性の解析. 第21回日本循環薬理学会, 岡山, A-7, 2011年12月.
    4. 山本誠士, 東英梨月, 柳橋努, 生谷尚士, 長井良憲, 高津聖士, 宮崎賢治, 堂本光子, 村松昌, 新飯田俊平, 服部裕一: EMP の bioactive carrier という側面からの解析. 第62回日本薬理学会北部会, A-21, 仙台, 2011年9月.
    5. 横尾宏毅, 山本誠士, 冨田賢吾, 影山俊一郎, 服部裕一: Ⅱ型糖尿病マウスにおける冠血管内皮にみられた Death 受容体の発現. 第62回日本薬理学会北部会, A-13, 仙台, 2011年9月.
    6. 冨田賢吾, 髙野健一, 高階道徳, 山本誠士, 横尾宏毅, 服部裕一: 敗血症マウスでの肺炎症およびアポトーシスに対する NF-κB デコイ核酸気管内投与の効果. 第62回日本薬理学会北部会, C-10, 仙台, 2011年9月.
    7. 大石博史, 高野健一, 冨田賢吾, 武部真理子, 横尾宏毅, 山崎光章, 服部裕一: マウス敗血症性急性肺傷害における olprinone と colforsin の治療効果には Akt 活性が関与する. 第62回日本薬理学会北部会, C-09, 仙台, 2011年9月.
    8. 山本誠士, 東英梨月, 柳橋努, 生谷尚士, 長井良憲, 高津聖志, 宮崎賢治, 堂本光子, 村松昌, 新飯田俊平, 服部裕一: Endothelial microparticles の疾患バイオマーカーとしての可能性の検討. 第32回日本循環制御医学会総会, 富山, 8-7, 2011年6月.
    9. 冨田賢吾, 高野健一, 山本誠士, 高階道徳, 横尾宏毅, 松田直之, 服部裕一: 敗血症マウスモデルにおける急性の心筋リモデリングの発現. 第32回日本循環制御医学会総会, 富山, 7-7, 2011年6月.
    10. 山本誠士, 村松昌, 東英梨月, 堂本光子, 高野健一, 喜多紗斗美, 岩本隆宏, 小室一成, 新飯田俊平, 澁谷正史, 松田直之, 服部裕一: 神経発生期における脳微小血管網を被覆するペリサイトの起源. 第84回日本薬理学会年会, 横浜, O2D1-E-1, 2011年3月 (誌上発表).
    11. 高野健一, 冨田賢吾, 横尾宏毅, 服部裕一: クロモグリク酸ナトリウム気管内投与による敗血症マウス肺組織の炎症関連サイトカイン遺伝子に対する効果. 第84回日本薬理学会年会, 横浜, O2F4-J-2, 2011年3月 (誌上発表).
    12. 冨田賢吾, 高野健一, 高階道徳, 横尾宏毅, 服部裕一: 臨床診断に使用される敗血症バイオマーカーの盲腸結紮穿孔誘発性敗血症マウスでの血中濃度の変化. 第84回日本薬理学会年会, 横浜, O3H1-J-2, 2011年3月 (誌上発表).
    13. 横尾宏毅, 山本誠士, 千葉政一, 相良洋, 冨田賢吾, 高野健一, 高階道徳, 松田直之, 服部裕一: 敗血症マウス脳におけるニトロ化ストレス増加と神経細胞変性. 第84回日本薬理学会年会, 横浜, P3J9-1, 2011年3月 (誌上発表).

2010年

【Ⅰ】英文原著論文


  1. Jesmin S, Mowa CN, Sultana SN, Mia S, Islam R, Zaedi S, Sakuma I, Hattori Y, Hiroe M, Yamaguchi N.: Estrogen receptor alpha and beta are both involved in the cerebral VEGF/Akt/NO pathway and cerebral angiogenesis in female mice. Biomed Res, 31:337-346, 2010 [IF 1.146]
  2. Muramatsu M, Yamamoto S, Osawa T, Shibuya M: Vascular endothelial growth factor receptor-1 signaling promotes mobilization of macrophage lineage cells from bone marrow and stimulates solid tumor growth. Cancer Research, 70(20):8211-21, 2010. [IF 7.543]
  3. Jesmin S, Mowa CN, Sultana SN, Shimojo N, Togashi H, Iwashima Y, Kato N, Sato A, Sakuma I, Hiroe M, Hattori Y, Yamaguchi N, Kobayashi H: VEGF signaling is disrupted in the hearts of mice lacking estrogen receptor alpha. Eur J Pharmacol 641 (2-3), 168-178,2010. [IF 2.585]
  4. Miyamoto S, Cooper L, Watanabe K, Yamamoto S, Inoue H, Mishima K, Saito I: Role of retinoic acid-related orphan receptor-α in differentiation of human mesenchymal stem cells along with osteoblastic lineage. Pathobiology, 77, 28-37, 2010. [IF 2.410]
  5. Zhang XH, Yokoo H, Nishioka H, Fujii H, Matsuda N, Hayashi T, Hattori Y: Beneficial effect of the oligomerized polyphenol oligonol on high glucose-induced changes in eNOS phosphorylation and dephosphorylation in endothelial cells. Br J Pharmacol, 159: 928–938, 2010. [IF 5.204]
  6. Matsuda N, Teramae H, Futatsugi M, Takano K, Yamamoto S, Tomita K, Suzuki T, Yokoo H, Koike K, Hattori Y: Up-Regulation of Histamine H4 Receptors Contributes to Splenic Apoptosis in Septic Mice: Counteraction of the Antiapoptotic Action of Nuclear Factor-κB. J Pharmacol Exp Ther, 332:730–737, 2010. [IF 4.093]
  7. Matsuda N, Teramae H, Yamamoto S, Takano K, Takano Y, Hattori Y: Increased death receptor pathway of apoptotic signaling in septic mouse aorta: effect of systemic delivery of FADD siRNA. Am J Physiol Heart Circ Physiol, 298: H92-H101, 2010. [IF 3.712]
総説
  1. Hattori Y, Takano KI, Teramae H, Yamamoto S, Yokoo H, Matsuda N: Insights into sepsis therapeutic design based on the apoptotic death pathway. J Pharmacol Sci, 114(4):354-65, 2010. [IF 2.176]

【Ⅱ】国際学会


  1. Ken-ichi Takano, (Japan), S Yamamoto, K Tomita, H Yamazaki, H Yokoo, Y Takano, Y Hattori: Pitavastatin improves lung inflammation and survival in septic mice: prevention of reduced lung glucocorticoid receptors. WorldPharma2010 16th World Congress on Basic and Clinical Pharmacology, FC09.1.6, 17-23 July, 2010, Copenhagen, Denmark.
  2. Seiji Yamamoto, (Japan), M Muramatsu, E Azuma, M Dohmoto, S Kita, T Iwamoto, I Komuro, K Takano, S Niida, M Shibuya, N Matsuda, Y Hattori: CNS pericytes originate from the circulating hematopoietic progenitors. WorldPharma2010 16th World Congress on Basic and Clinical Pharmacology, Thu 286, 17-23 July, 2010, Copenhagen, Denmark.
  3. Muramatsu M., Yamamoto S., Osawa T., and Shibuya M.: Involvement of Flt-1 signal in solid tumor growth and tumor angiogenesis via recruitment of macrophage-lineage cells. American Association for Cancer Research 101st Annual Meeting, 2010, 4, 17-21, Washington D.C.
  4. Yamamoto S, Muramatsu M, Azuma E, Dohmoto M, Koo BN, Mukouyama Y, Osawa T, Takahashi H, Takano KI, Watanabe Y, Ikutani M, Nagai Y, Takatsu K, Usui I, Tobe K, Niida S, Shibuya M, Matsuda N, Hattori Y: NG2 positive cerebral microvascular pericytes are potentially derived from circulating myeloid progenitors. The 16th International Vascular Biology Meeting, June 20-24, 2010, UCLA, Los Angeles, California: #838 (W99).
  5. Yamamoto S, Muramatsu M, Azuma E, Dohmoto M, Osawa T, Takahashi H, Takano KI, Ikutani M, Nagai Y, Takatsu K, Usui I, Tobe K, Niida S, Shibuya M, Matsuda N, Hattori Y: Cerebrovascular pericytes are potentially derived from the circulating myeloid progenitors. Keystone Symposia, Angiogenesis in Health and Disease, Feb 28-Mar 5, 2010, Keystone, Colorado: 321.
  6. Matsuda N, Hattori Y, Yamamoto S, Teramae H, Koike K: Inhaled TAK1 siRNA improves lung inflammation and apoptosis by reducing transcriptional activity of NF-κB and AP-1 in septic mice. Society of Critical Care Medicine 39th Critical Care Congress, Jan 9-13, 2010,Miami.

【Ⅲ】和文著書


  1. 服部裕一: B-1 末梢神経薬理.「実践 臨床薬理学」中谷晴昭, 大橋京一, 越前宏俊編著, 52-101, 朝倉書店, 東京, 2010.

【Ⅳ】和文原書論文


  1. 山本誠士, 村松昌, 東英梨月, 堂本光子, 大澤毅, 高橋宏行, 高野健一, 浦壁聡美, 新飯田俊平, 澁谷正史, 松田直之, 服部裕一: 神経発生期の血管発生に関与するペリサイトのリクルートメント. 脈管学, 2010, 50:197-201.
総説
  1. 服部裕一: 血管内皮細胞機能に及ぼす放射線照射の影響とその臨床的意義. 放射線生物研究, 45:12-22, 2010.

【Ⅴ】国内学会


シンポジウム
  1. 横尾宏毅, 根本隆行, 柳田俊彦, 山本誠士, 冨田賢吾, 高野健一, 服部裕一: 脳神経細胞におけるインスリンシグナル: 恒常性維持のためのシグナル変動. 第38回薬物活性シンポジウム, シンポジウム「中枢神経系とストレス応答」 札幌, S-26, 2010年11月.
  2. 山本誠士, 村松昌, 東英梨月, 堂本光子, 大澤毅, 高橋宏行, 高野健一, 新飯田俊平, 澁谷正史, 松田直之, 服部裕一: 脳微小血管へリクルートされるペリサイト前駆細胞の起源. 第52回日本平滑筋学会総会, シンポジウム「平滑筋におけるシグナル伝達研究のカッティングエッジ」 仙台, S3-1, 2010年7月.
一般演題
  1. 東英梨月, 山本誠士, 新飯田俊平, 堂本光子, 服部裕一:マウス創傷治癒モデルにおけるmacrophage系細胞の血管新生への関与. 第33回日本分子生物学会年会・第83回日本生化学会大会 合同大会, 2010, 12, 7-10, 神戸.
  2. 山本誠士, 東英梨月, 村松昌, 宮崎賢治, 佐竹美芽, 堂本光子, 柳橋努, 生谷尚士, 長井良憲, 高津聖志, 新飯田俊平, 服部裕一:マウス脳血管内皮細胞株を用いたEndothelial microparticles (EMP) のin vitro産生系の確立および疾患バイオマーカーとしての可能性の検討. 第33回日本分子生物学会年会・第83回日本生化学会大会 合同大会, 2010, 12, 7-10, 神戸.
  3. 東英梨月, 山本誠士, 新飯田俊平, 堂本光子, 服部裕一:マウス創傷治癒モデルにおける創傷面血管新生へのmacrophage系細胞の関与. 第18回日本血管生物医学会学術集会, 2010, 12, 1-3, 大阪.
  4. 村松昌, 山本誠士, 大澤毅, 澁谷正史:VEGFR-1 signaling promotes mobilization of macrophage-lineage cells from bone marrow and stimulated tumor growth. 第18回日本血管生物医学会学術集会, 2010, 12, 1-3, 大阪.
  5. 山本誠士, 東英梨月, 村松昌, 柳橋努, 生谷尚士, 長井良憲, 高津聖志, 渡邉淳, 堂本光子, 新飯田俊平, 服部裕一:脳血管内皮細胞株を用いたendothelial microparticles (EMP) のin vitro産生系の確立およびin vivo病態モデルでの解析. 第18回日本血管生物医学会学術集会, 2010, 12, 1-3, 大阪.
  6. 山本誠士, 東英梨月, 村松昌, 宮崎賢治, 佐竹美芽, 堂本光子, 柳橋努, 生谷尚士, 長井良憲, 高津聖志, 新飯田俊平, 服部裕一: 血管内皮細胞を用いた endothelial microparticles (EMP) の効率的な産生系の確立およびバイオマーカーとしての可能性の検討 第20回日本循環薬理学会, 札幌, Y-10, 2010年11月.
  7. 山本誠士, 東英梨月, 村松昌, 柳橋努, 生谷尚士, 長井良憲, 高津聖志, 宮崎賢治, 佐竹美芽, 堂本光子, 新飯田俊平, 服部裕一: Endothelial microparticles (EMP) の in vitro 産生系の確立および in vivo 病態モデルでの解析. 第61回日本薬理学会北部会, 札幌, B-11, 2010年9月.
  8. 畠山登, 青木優太, 山本誠士, 山崎光章, 服部裕一: 敗血症モルモット心房筋のイオンチャネル変化. 第61回日本薬理学会北部会, 札幌, B-08, 2010年9月.
  9. 冨田賢吾, 高野健一, 山本誠士, 横尾宏毅, 松田直之, 服部裕一: 敗血症マウスにおける心臓及び肺でのリモデリング関連分子の遺伝子発現の検討. 第61回日本薬理学会北部会, 札幌, B-07, 2010年9月.
  10. 横尾宏毅, 山本誠士, 高野健一, 冨田賢吾, 千葉政一, 山崎弘美, 高階道徳, 松田直之, 服部裕一: 敗血症マウスモデル脳組織における脳血液関門透過性亢進に伴う神経細胞変性. 第61回日本薬理学会北部会, 札幌, A-01, 2010年9月.
  11. 山本誠士, 村松昌, 東英梨月, 堂本光子, 喜多紗斗美, 岩本隆宏, 大澤毅, 高橋宏行, 渡邊泰秀, 小室一成, 高野健一, 新飯田俊平, 澁谷正史, 松田直之, 服部裕一: Ncx1変異体マウスを用いた神経発生期におけるペリサイトリクルートメントの解析. 第83回日本薬理学会年会, 大阪, O1B-1-3, 2010年3月.
  12. 高野健一, 山本誠士, 冨田賢吾, 山崎弘美, 横尾宏毅, 高野康雄, 服部裕一: ピタバスタチンによるマウスの敗血症性肺損傷軽減にはグルココルチコイド受容体減少の阻止が関与する. 第83回日本薬理学会年会, 大阪, ACS1C-1-2, 2010年3月.
  13. 横尾宏毅, 山本誠士, 千葉政一, 冨田賢吾, 高野健一, 島田達生, 松田直之, 服部裕一: 多菌性敗血症マウスモデルにおける脳組織の形態学的解析. 第83回日本薬理学会年会, 大阪, O1E-2-4, 2010年3月.
  14. 松田直之, 寺前洋生, 山本誠士, 山崎弘美, 服部裕一: 敗血症急性肺障害に対するTAK-1 siRNAの吸入療法. 第83回日本薬理学会年会, 大阪, O2F-1-1, 2010年3月.
  15. 冨田賢吾, 高野健一, 山本誠士, 内御堂亮, 横尾宏毅, 松田直之, 畠山登, 山崎光章, 服部裕一: 敗血症マウスにおける心リモデリングに寄与する分子群の発現変化に対するピタバスタチンの効果. 第83回日本薬理学会年会, 大阪, O1B-1-3, 2010年3月.
  16. 山本誠士, 村松昌, 大澤毅, 高橋宏行, 東英梨月, 堂本光子, 高野健一, 生谷尚士, 長井良憲, 高津聖志, 薄井勲, 戸邉一之, 新飯田俊平, 澁谷正史, 松田直之, 服部裕一: 中枢神経発生期に脳微小血管へリクルートされるペリサイト前駆細胞の解析. 第39回日本心脈管作動物質学会, 名古屋, B-23, 2010年2月.

2009年

【Ⅰ】英文原著論文


  1. Yamazaki H, Ohi Y, Haji A: Mu-opioid and N-methyl-D-aspartate receptors are localized at laryngeal motoneurons of guinea pigs. Biol Pharm Bull. 32(2):293-296, 2009. [IF 1.765]
  2. Matsuda N, Yamamoto S, Yokoo H, Tobe K, Hattori Y: Nuclear factor-kappaB decoy oligodeoxynucleotides ameliorate impaired glucose tolerance and insulin resistance in mice with cecal ligation and puncture-induced sepsis. Crit Care Med 37 (10), 2791-2799, 2009. [IF 6.594]
  3. Hatakeyama N, Sakuraya F, Matsuda N, Kimura J, Kinoshita H, Kemmotsu O, Yamazaki M, Hattori Y: Pharmacological Significance of the Blocking Action of the Intravenous General Anesthetic Propofol on the Slow Component of Cardiac Delayed Rectifier K+ Current. J Pharmacol Sci, Vol. 110 (3), 334-343, 2009. [IF 2.599]
  4. Matsuda N, Yamamoto S, Takano KI, Kageyama SI, Kurobe Y, Yoshiwara Y, Takano Y, Hattori Y: Silencing of Fas-associated Death Domain Protects Mice from Septic Lung Inflammation and Apoptosis. Am J Respir Crit Care Med, 179: 806-815, 2009. [IF 9.792]

【Ⅱ】国際学会


  1. Matsuda N, Hattori Y, Yamamoto S, Yamazaki H, Koike K: Impact of transcription factor decoy to AP-1 on the Lung apoptosis of septic mice. Society of critical Care Medicine 38th Critical Care Congress, 2009, 1, 31- 2, 4, Nashville.
  2. Matsuda N, Hattori Y, Hatakeyama N, Koike K: Acute lung inflammation induced by blood stream infection of candida glabrata in mice. Society of critical Care Medicine 38th Critical Care Congress, 2009, 1, 31- 2, 4, Nashville.
  3. Matsuda N, Hattori Y, Hatakeyama N, Koike K: Fluid resuscitation in rabbitas with endotozemic shock. Impact on regulation of NF-kappaB activation and production of inflammatory molecules. Society of critical Care Medicine 38th Critical Care Congress, 2009, 1, 31- 2, 4, Nashville.
  4. Hatakeyama N, Matsuda N, Yamamoto S, Aoki Y, Hattori Y, Yamazaki M: Involvement of Ca2+ and Na+ Channels in the mechanism of tachyarrhythmia in septic guinera pig atrium.Society of critical Care Medicine 38th Critical Care Congress, Jan 31-Feb 4, 2009, Nashville
  5. Yamamoto S: Vascular mural cells are potentially derived from the circulating myeloid progenitors. The 1st Toyama University-Chungnam National University Joint International Symposium, February 5-7, 2009, Chungnam National University, Daejeon, Korea.

【Ⅲ】和文総説


  1. 松田直之, 山本誠士, 寺前洋生, 高野健一, 別府 賢, 山崎弘美, 横尾宏毅, 畠山 登, 小池 薫, 服部裕一:敗血症性ショックにおけるアポトーシスの治療. 日本薬理学雑誌 134 (4), 198-201, 2009.

【Ⅳ】和文著書


  1. 服部裕一:育毛剤. 安全性薬理試験マニュアル. 編集:安東賢太郎, 橋本敬太郎, 藤森観之助. pp.276-282, エル・アイ・シー 2009.

【Ⅴ】国内学会


シンポジウム
  1. 服部裕一, 松田直之:敗血症性ショックと内皮由来および誘発性NO合成酵素:スタチンによる治療効果との関連. シンポジウム 「血管弛緩機構の異常に基づく疾患と薬物作用」. 日本薬学会第129年会, 2009, 3, 26-28, 京都.
  2. 松田直之, 服部裕一:敗血症病態におけるアポトーシスの治療 シンポジウムテーマ「アポトーシス関連分子を標的とした疾病治療に向けて」 座長:服部裕一 , 田熊一敞. 第82回日本薬理学会年会, S1C-8, 横浜, 2009年3月
教育講演
  1. 服部裕一:教育講演 「血管内皮細胞機能に及ぼす放射線照射の影響」. 第48回日本医学放射線学会生物部会学術大会・第39回放射線による制癌シンポジウム, 2009, 7, 10, 富山.
一般演題
  1. 山本誠士, 村松昌, Bon-nyeo Koo, 向山洋介, 喜多紗斗美, 岩本隆宏, 東英梨月, 堂本光子, 渡邊泰秀, 小室一成, 大澤毅, 高橋宏行, 高野健一, 生谷尚士, 長井良憲, 高津聖志, 薄井勲, 戸邉一之, 新飯田俊平, 澁谷正史, 松田直之, 服部裕一: 脳微小血管網を構成するペリサイトは造血系細胞由来である. 第32回日本分子生物学会年会, 横浜, 4W4-7(4P-0578), 2009
  2. 東英梨月, 山本誠士, 堂本光子, 服部裕一: マウス創傷治癒モデルにおける血管新生因子の解析. 第32回日本分子生物学会年会, 横浜, 4P-0647, 2009
  3. 山本誠士, 村松昌, 大澤毅, 高橋宏行, 東英梨月, 堂本光子, 高野健一, 生谷尚士, 長井良憲, 高津聖志, 薄井勲, 戸邉一之, 新飯田俊平, 澁谷正史, 松田直之, 服部裕一: 中枢神経発生期におけるペリサイト前駆細胞の脳微小血管網へのリクルートメント. 第19回日本循環薬理学会, 京都, A-III-3, 2009
  4. 冨田賢吾, 高野健一, 山本誠士, 横尾宏毅, 松田直之, 畠山登, 山崎光章, 服部裕一: 多菌性敗血症マウスモデルでの心筋リモデリング関連分子の変化に対するpitavastatinの治療効果. 第19回日本循環薬理学会, 京都, A-II-6, 2009
  5. 山本誠士, 村松昌, 大澤毅, 高橋宏行, 高野健一, 生谷尚士, 長井良憲, 高津聖志, 薄井勲, 戸邉一之, 新飯田俊平, 澁谷正史, 松田直之, 服部裕一: Macrophage形成不全マウスおよびtime lapse imagingを用いたペリサイト前駆細胞の発生学的検討. 第17回日本血管生物医学会, 東京, O-6, 2009
  6. 村松昌, 山本誠士, 大澤毅, 澁谷正史: 骨髄由来マクロファージ系細胞はFlt-1 のチロシンキナーゼシグナルを介して固形腫瘍の増殖及び腫瘍血管新生を促進する. 第17回日本血管生物医学会, 東京, YIA-4, 2009
  7. 山本誠士, 村松昌, 大澤毅, 高橋宏行, 高野健一, 生谷尚士, 長井良憲, 高津聖志, 薄井 勲, 戸邉一之, 新飯田俊平, 澁谷正史, 松田直之7、服部裕一: Myeloid系細胞形成不全マウスを用いたペリサイト前駆細胞の発生学的検討および発現遺伝子解析. 第60回日本薬理学会北部会, B-IV-2, 富山, 2009年9月.
  8. 髙野健一, 冨田賢吾, 山本誠士, 山崎弘美, 横尾宏毅, 髙野康雄, 服部裕一: マウス敗血症性急性肺損傷におけるピタバスタチンの抗炎症作用とそのメカニズム. 第60回日本薬理学会北部会, B-IV-3, 富山, 2009年9月.
  9. 山本誠士, 村松昌, 大澤毅, 高橋宏行, 高野健一, 生谷尚士, 長井良憲, 高津聖志, 薄井勲, 戸邉一之, 新飯田俊平, 澁谷正史, 松田直之, 服部裕一: ペリサイト前駆細胞は中枢神経発生期に脳微小血管へリクルートされる. 第51回日本平滑筋学会総会, 名古屋, O-19, 2009
  10. 山本誠士, 村松昌, 大澤毅, 高橋宏行, 高野健一, 浦壁聡美, 新飯田俊平, 澁谷正史,松田直之, 服部裕一: CD31+F4/80+CD45+細胞は中枢神経系の血管発生に関与する. 第82回日本薬理学会年会, O3G-2-3, 横浜, 2009年3月
  11. 浦壁聡美, 山本誠士, 高野健一, 横尾宏毅, 生谷尚士, 長井良憲, 高津聖志, 服部裕一: 卵黄嚢由来前駆細胞はセルクラスターを形成し血管形成能を有する. 第82回日本薬理学会年会, P1N-P8-4, 横浜, 2009年3月
  12. 横尾宏毅, 冨田賢吾, Wu Qiang, 高野健一, 山本誠士, 薄井勲, 山崎弘美, 戸邊一之,服部裕一: 多菌性敗血症マウスモデルにおいて中枢インスリンシグナル機構は増大している. 第82回日本薬理学会年会, O3K-1-1, 横浜, 2009年3月
  13. 髙野健一, 冨田賢吾, 山本誠士, 横尾宏毅, 高野康雄, 服部裕一: マウス多菌性敗血症モデルにおいてピタバスタチンは肺炎症を軽減させ生存予後を改善する. 第82回日本薬理学会年会, O1I-1-4, 横浜, 2009年3月

2008年

【Ⅰ】 英文原著論文


  1. Kamiyama K, Matsuda N, Yamamoto S, Takano Y, Yamazaki H, Takano K, Kageyama S, Yokoo H, Nagata T, Hatakeyama N, Tsukada K, Hattori Y: Modulation of glucocorticoid receptor expression, inflammation, and cell apoptosis in septic guinea-pig lungs using methylprednisolone. Am J Physiol Lung Cell Mol Physiol 295: L998-L1006, 2008. [IF 4.214]
  2. Matsuda N, Yamazaki H, Takano K, Matsui K, Takano Y, Kemmotsu O, Hattori Y: Priming by lipopolysaccharide exaggerates acute lung injury and mortality in responses to peptidoglycan through up-regulation of Toll-like receptor-2 expression in mice. Biochem Pharmacol 75: 1065-75, 2008. [IF 4.006]
総説
  1. Hayashi T, Yano K, Matsui-Hirai H, Yokoo H, Hattori Y, Iguchi A: Nitric oxide and endothelial cellular senescence. Pharmacol. Ther. 120: 333-339, 2008. [IF 7.968]

【Ⅱ】国際学会


  1. Urakabe S, Yamamoto S, Takano K, Yokoo H, Ikutani M, Nagai Y, Takatsu K, Matsuda N, Hattori Y: Yolk sac derived progenitor cells form cell clusters and differentiate into endothelial cells and smooth muscle cells. The 6th Korea-Japan Joint Symposium on Vascular Biology And The 16th Annual Meeting of the Japan Vascular Biology and Medicine Organization JOINT MEETING, kanazawa, Japan, D-05, December 3-5, 2008.
  2. Yamamoto S, Muramatsu M, Koo B, Mukouyama Y, Osawa T, Sagara H, Takahashi H, Takano K, Urakabe S, Niida S, Shibuya M, Matsuda N, Hattori Y: Hematopoietic cells generate pericytes and contribute the CNS vasculature during development. The 6th Korea-Japan Joint Symposium on Vascular Biology And The 16th Annual Meeting of the Japan Vascular Biology and Medicine Organization JOINT MEETING, kanazawa, Japan, D-06, December 3-5, 2008.
  3. Kageyama S, Matsuda N, Kageyama N, Yamamoto S, Takano K, Fukuoka J, Yokoo H, Hattori Y: Up-regulation of death receptors contributes to high glucose-induced apoptosis in human coronary artery endothelial cells. The 6th Korea-Japan Joint Symposium on Vascular Biology And The 16th Annual Meeting of the Japan Vascular Biology and Medicine Organization JOINT MEETING, kanazawa, Japan, K-01, December 3-5, 2008.
  4. Muramatsu M, Yamamoto S, Shibuya M: Involvment of VEGFR-1 signal in solid tumor growth via promotion of macrophage-lineage cells function. The 6th Korea-Japan Joint Symposium on Vascular Biology And The 16th Annual Meeting of the Japan Vascular Biology and Medicine Organization JOINT MEETING, kanazawa, Japan, A-20, December 3-5, 2008.
  5. Yamamoto S, Muramatsu M, Osawa T, Sagara H, Murakami M, Takahashi H, Matsuda N, Hattori Y, Niida S, Shibuya M: Blood cell marker positive cells contribute to angiogenesis during the period of neurogenesis in the central nervous system. 15th International Vascular Biology Meeting, Sydney, Australia, P275, June 1-5, 2008.
  6. Matsuda N, Koike K, Kageyama SI, Yamamoto S, Hatakeyama N, Takano Y, Hattori Y: Gene silencing of FADD with small interfering RNA improves septic survival by prevention of apoptosis in main organs. Society of critical Care Medicine 37th Critical Care Congress, Honolulu, USA, Feb 2-6, 2008.
  7. Hatakeyama N, Aoki Y, Hattori Y, Yamazaki M, matsuda N: Mechanism of tachyarrhythmia in septic guinea pig atrial myocyte. Society of critical Care Medicine 37th Critical Care Congress, Honolulu, USA, Feb 2-6, 2008.
  8. Yamamoto S, Muramatsu M, Osawa T, Sagara H, Murakami M, Takahashi H, Matsuda N, Hattori Y, Niida S, Shibuya M: Pericyte recruitment during the neurogenesis period of the central nervous system. NAVBO, Developmental Vascular Biology Workshop III, Asilomar Conference Center, Pacific Grove, California, USA, 041, Jan 30-Feb 2, 2008.

【Ⅲ】和文総説


  1. 松田直之, 山本誠士, 畠山登, 服部裕一:敗血症性ショックにおける血管内皮細胞の機能異常. 特集, 生活習慣病から急性疾患までの血管内皮細胞障害. 日本薬理学会雑誌, 131: 96-100, 2008.
  2. 服部裕一:生体侵襲と臓器管理―急性期病態の理解とその対応―, IV臓器管理各論, Q31. 合成ステロイドと非ステロイド性抗炎症薬. 救急・集中治療, 20: 1385-1393, 2008.
  3. 山崎夕, 薄井勲, 横尾宏毅, 服部裕一, 戸邊一之:新時代の糖尿病学 (1) -病因・診断・治療研究の進歩- B. 糖尿病基礎研究の進歩 I. 糖代謝とその調節機序, 臓器における糖代謝とその調節, 中枢神経. 日本臨牀, 66: 300-303, 2008.
  4. 松田直之, 寺前洋生, 大田好紀, 角朝信, 内御堂亮, 小林亮介, 畠山登, 山崎光章, 服部裕一:敗血症性ショック動物モデルにおける初期輸液療法による炎症改善効果―NF-κB活性は輸液療法で抑制される―. 日本外科感染症学会雑誌, 5: 301-311, 2008.

【Ⅳ】和文著書


【Ⅴ】国内学会


講演
  1. 服部裕一, 山本誠士, 浦壁聡美: 卵黄嚢由来血管内皮プロジェニター細胞の発見とその解析. 星薬科大学オープン・リサーチ・センター シンポジウム, 東京, 2008年10月
シンポジウム

  1. 松田直之, 服部裕一:敗血症病態に対する遺伝子治療~siRNAを用いたアポトーシス抑制の効用~. シンポジウムテーマ「RNA干渉を用いた病態メカニズムの解明と治療への応用」座長:服部裕一, 樋口宗史. 第36回薬物活性シンポジウム/第12回日本ヒスタミン学会 徳島 2008年10月.
一般演題

  1. 影山俊一郎, 松田直之, 影山夏子, 山本誠士, 高野健一, 福岡順也, 横尾宏毅, 服部裕一: ヒト冠状動脈内皮細胞の高血糖によるアポトーシス誘導にはデスレセプター高発現が関与する. 第18回日本循環薬理学会, 千葉, Y18, 2008年11月
  2. 山本誠士, 村松昌, 大澤毅, 高橋宏行, 新飯田俊平, 澁谷正史, 松田直之, 服部裕一: 神経発生期の血管発生に関与するペリサイトのリクルートメント. 第49回日本脈管学会総会, 東京, O-9-1, 2008年10月
  3. 髙野健一, 冨田賢吾, 山本誠士, 横尾宏毅, 髙野康雄, 服部裕一: 敗血症性急性肺損傷の組織学的変化に対するスタチンの効果. 第59回日本薬理学会北部会, 仙台, C-IV-4, 2008年9月
  4. 畠山登, 松田直之, 山本誠士, 横尾弘毅, 山崎光章, 服部裕一: 敗血症モルモット単離心房筋細胞におけるNa+, Ca2+チャネル電流および膜電位変化についての検討. 第59回日本薬理学会北部会, 仙台, A-IV-1, 2008年9月
  5. 山本誠士, 村松昌, 大澤毅, 高橋宏行, 高野健一, 浦壁聡美, 新飯田俊平, 澁谷正史, 松田直之, 服部裕一: 胎生期における脳微小血管への壁細胞リクルートメントの解析. 第59回日本薬理学会北部会, 仙台, B-III-4, 2008年9月
  6. 横尾宏毅, 邬强, 高野健一, 冨田賢吾, 山本誠士, 薄井勲, 戸邊一之, 服部裕一: 敗血症モデルマウス脳組織におけるインスリンシグナル変動. 第59回日本薬理学会北部会, 仙台, A-III-2, 2008年9月
  7. 山崎弘美, 松田直之, 黄幼生, 服部裕一:ヒト培養細気管支上皮細胞におけるTNF受容体細胞内分布パターンに及ぼすシプロフロキサシンの影響. 第59回日本薬理学会北部会, 仙台, 2008年9月
  8. 山本誠士, 村松昌, 大澤毅, 松田直之, 服部裕一, 新飯田俊平, 澁谷正史: 中枢神経発生期のペリサイトリクルートメント. 第81回日本薬理学会年会, 横浜, P-2J-19, 2008年3月
  9. 松田直之, 城宝秀司, 影山俊一郎, 山本誠士, 井上 博, 服部裕一: 敗血症ショックに対するFADD siRNAを用いた治療. -敗血症心筋ではアポトーシスが進行する- 第81回日本薬理学会年会, 横浜, O3F3-1, 2008年3月
  10. 神山公希, 山本誠士, 山崎弘美, 高野健一, 横尾宏毅, 畠山登, 松田直之, 塚田一博, 服部裕一: メチルプレドニゾロンによる高用量ステロイド治療は敗血症モルモットにおける肺炎症を改善するが細胞アポトーシスを加速させる. 第81回日本薬理学会年会, 横浜, O3E2-4, 2008年3月

2007年

【Ⅰ】英文原著論文


  1. Miyazaki-Akita A., Hayashi T., Ding QF., Shiraishi H., Nomura T., Hattori Y., and Iguchi A.: 17β-Estradiol antagonizes the down-regulation of endothelial nitric-oxide synthase and GTP cyclohydrolase I by high glucose: Relevance to postmenopausal diabetic cardiovascular disease. J Pharmacol Exp Ther, 320 (2): 591-598, 2007. [IF 3.956]
  2. Jesmin S., Zaedi S., Shimojo N., Iemitsu M., Masuzawa K., Yamaguchi N., Mowa CN., Hattori Y., and Miyauchi T.: Endothelin antagonism normalizes VEGF signaling and cardiac function in STZ-induced diabetic rat hearts. Am J Physiol Endocrinol Metab, 292 (4): 1030-1040, 2007. [IF 4.123]
  3. Shimojo N., Jesmin S., Zaedi S., Otsuki T., Maeda S., Yamaguchi N., Aonuma K., Hattori Y., and Miyauchi T.: Contributory role of VEGF overexpression in endothelin-1-induced cardiomyocyte hypertrophy. Am J Physiol Heart Circ Physiol, 293 (1): H474-H481, 2007. [IF 3.724]
  4. Fukatsu A., Hayashi T., Miyazaki-Akita A., Matsui-Hirai H., Furutate Y., Ishitsuka A., Hattori Y., and Iguchi A.: Possible usefulness of apocynin, an NADPH oxidase inhibitor, for nitrate tolerance: prevention of NO donor-induced endothelial cell abnormalities. Am J Physiol Heart Circ Physiol, 293 (1): H790-H797, 2007. [IF 3.724]
  5. Ohi Y., Ishii Y., Haji A., Noguchi S., Sasaoka T., Fujimori T., Nabeshima T., Sasahara M., and Hattori Y.: Platelet-derived growyh factor (PDGF)-BB inhibits AMPA receptor-mediated synaptic transmission via PDGF receptor-β in murine nucleus tractus solitarius. Brain Res, 1159: 77-85, 2007. [IF 2.341]
  6. Matsuda N., Takano Y., Kageyama S., Hatakeyama N., Shakunaga K., Kitajima I., Yamazaki M., and Hattori Y.: Silencing of caspase-8 and caspase-3 by RNA interference prevents vascular endothelial cell injury in mice with endotoxic shock. Cardiovasc Res, 76 (1): 132-140, 2007. [IF 5.826]
  7. Yokoo H., Nemoto T., Yanagita T., Satoh S., Yoshikawa N., Maruta T., and Wada A.: Glycogen synthase kinase-3β: homologous regulation of cell surface insulin receptor level via controlling insulin receptor mRNA stability in adrenal chromaffin cells. J Neurochem, 103(5): 1883-96, 2007. [IF 4.260]
総説
  1. Hattori Y, Yamamoto S, Matsuda N: Sympathetic control of VEGF angiogenic signaling. Dual regulations by alpha2-adrenoceptor activation? Circ Res, 101 (7): 642-644, 2007. [IF 9.854]
  2. Matsuda N., and Hattori Y.: Vascular biologyin sepsis: pathophysiological and therapeutic significance of vascular dysfunction. J Smooth Muscle Res, 43 (4): 117-137, 2007.

【Ⅱ】国際学会


  • Muramatsu M., Murakami M., Yamamoto S., Wang F., Yamauchi M., Shibuya M.: Suppression of Solid Tumor Growth in VEGF Receptor-1 Tyrosine Kinase-deficient mouse. The First Pacific Meeting for Angiogenesis and Lymphangiogenesis, 2007,11,12-14,Korea.
  • 【Ⅲ】和文総説


    1. 服部裕一,松田直之:敗血症におけるヒスタミン生成と受容体発現にかかわる転写調節機構.アレルギー科, 21 (5): 433-437, 2006.
    2. 松田直之. 周術期管理におけるスタチンの位置付け. Cardiovascular Anesthesia, 11:57-61,2007.
    3. 松田直之. ショック治療の最前線ーショック初期における輸液管理の動向ー. 臨床麻酔,31:483-498,2007.
    4. 松田直之. 周術期の血糖コントロールの意義. 臨床麻酔, 31:1021-1031,2007.
    5. 松田直之,山本誠士,神山公希,畠山 登,渋谷伸子,服部裕一,山崎光章. Surviving Sepsis Campaign guidlinesにおけるrelative adrenal insufficiencyの対策. 救急医学, 31:1362-1370,2007.

    【Ⅳ】和文著書


    【Ⅴ】国内学会


    シンポジウム
    1. 松田直之,服部裕一:敗血症性ショックにおける血管内皮細胞機能異常の意義.シンポジウムテーマ:生活習慣病から急性疾患に至るまでの血管内皮細胞障害の重要性.第80回日本薬理学会年会, 2007,3,14-16,名古屋.
    2. 服部裕一,松田直之:誘発性転写因子によるヒスタミンシグナルの調節とDSCGの抗アレルギー作用の新規メカニズム.シンポジウムテーマ:アレルギー炎症反応におけるヒスタミンと抗ヒスタミン薬.日本薬学会第127年会,2007,3,28-30,富山.
    3. 松田直之,服部裕一:敗血症に合併するインスリン抵抗性に対するNF-?Bの遺伝子治療.シンポジウムテーマ:NF-kappaB研究の生物学と創薬.第28回日本炎症・再生医学会,2007,8,2-3,東京.
    4. 松田直之,服部裕一:敗血症主要臓器におけるヒスタミンH4受容体の役割.シンポジウムテーマ:H4受容体の調節機構と病態生理学的役割.第11回日本ヒスタミン学会,2007,12,14-15,富山.
    一般演題
    1. 松田直之,服部裕一:FADD siRNAによる敗血症血管傷害の遺伝子治療.第36回日本心脈管作動物質学会,2007,2,9, 徳島.
    2. 大井義明,石井陽子,櫨彰,笹原正清,服部裕一:マウス脳幹スライスにおける孤束核2次ニューロンのAMPA誘発性興奮性シナプス伝達に対するPDGF-BBの抑制作用.第80回日本薬理学会年会,2007,3,14-16,名古屋.
    3. 山崎弘美,松田直之,服部裕一:ヒト培養細気管支上皮細胞におけるリポポリサッカライドのTNF受容体局在に与える影響.第80回日本薬理学会年会, 2007,3,14-16,名古屋.
    4. 畠山登,松田直之,山崎光章,服部裕一:敗血症モルモット単離心房筋細胞における膜電流の解析.第80回日本薬理学会年会, 2007,3,14-16,名古屋.
    5. 張暁紅,松田直之,藤井創,服部裕一:低分子化植物性ポリフェノール,オリゴノールは糖尿病ラット腸間膜動脈におけるMYPT1の過剰発現を抑制する.第80回日本薬理学会年会, 2007,3,14-16,名古屋.
    6. 神山公希,松田直之,長田拓哉,塚田一博,服部裕一:高用量ステロイド治療は敗血症モルモット肺組織でのグルココルチコイド受容体発現を低下させる.第80回日本薬理学会年会, 2007,3,14-16,名古屋.
    7. Iemitsu M., Sohel Z., Maeda S., Jesmin S., Shimojyoh N., Otsuki T., Yamaguchi N, Aonuma K., Hattori Y., Yamaguchi I., and Miyauchi T.: VEGF signaling is disrupted in the heart of mice lacking estrogen receptor. 第71回日本循環器学会総会・学術集会,2007,3,15-17,神戸.
    8. Shimojyoh N., Maeda S., Sohel Z., Iemitsu M., Otsuki T., Jesmin S., Hattori Y., Sakuma I., Yamaguchi N., Aonuma K., Yamaguchi I., and Miyauchi T.: Normalization of cardiac upregulated endothelin-1 system in type 2 diabetic rats by a long-acting calcium channel blocker at sub-depressor dose. 第71回日本循環器学会総会・学術集会,2007,3,15-17,神戸.
    9. 神山公希,松田直之,長田拓哉,服部裕一,塚田一博:グルココルチコイド受容体の主要臓器発現と敗血症病態における発現調節.第107回日本外科学会定期学術集会,2007,4,11-13,大阪.
    10. 神山公希,松田直之,塚田一博,服部裕一:マウス盲腸結紮穿孔敗血症モデルにおける少量グルココルチコイドの肺血管透過性改善作用の検討.第7回日本NO学会学術集会,2007,5,17-18,大津.
    11. 山本誠士,村松昌,大澤毅,村上雅人,高橋宏行,松田直之,服部裕一,新飯田俊平,澁谷正史:中枢神経系の血管発生および壁細胞のリクルートメント.第58回日本薬理学会北部会,2007,9,29,札幌.
    12. 松田直之,影山俊一郎,黒部勇輔,吉原靖典,高野健一,山崎弘美,山本誠士,服部裕一:敗血症性急性肺傷害のFADD siRNAによる遺伝子治療.第58回日本薬理学会北部会, 2007,9,29,札幌.
    13. 神山公希,松田直之,山本誠士,高野健一,影山俊一郎,山崎弘美,横尾宏毅,長田拓哉,畠山登,塚田一博,服部裕一:モルモット急性肺傷害におけるグルココルチコイド受容体の発現.―敗血症性肺傷害に対する大量ステロイド療法の弊害― 第58回日本薬理学会北部会, 2007,9,29,札幌.
    14. 畠山登,松田直之,桜谷文香,木村純子,服部裕一:モルモット心室筋遅延整流型カリウムチャネル電流に対するプロポフォールの抑制作用.第58回日本薬理学会北部会, 2007,9,29,札幌.
    15. Muramatsu M., Yamamoto S., and Shibuya M.: Suppression of Solid Tumor in VEGF Receptor 1 Tyrosine Kinase-knockout mouse. 第66回日本癌学会学術総会~連携-がんの着実な減少に向けて~, 2007,10,3-5,横浜.
    16. 村松昌, 山本誠士, 澁谷正史: VEGFR1キナーゼ欠損マウスにおける固形がんの増殖抑制. 第15回日本血管生物医学会学術総会, 2007,11,29-30,福岡.
    17. 山本誠士, 村松昌, 大澤毅, 相良洋, 村上雅人, 高橋宏行, 松田直之, 服部裕一, 新飯田俊平, 澁谷正史: 中枢神経発生期におけるペリサイトリクルートメントの解析. 第15回日本血管生物医学会学術総会, 2007,11,29-30, 福岡.
    18. 山本誠士, 村松昌, 大澤毅, 相良洋, 村上雅人, 高橋宏行, 松田直之, 服部裕一, 新飯田俊平, 澁谷正史: 中枢神経系の血管発生および壁細胞のリクルートメント. 第30回日本分子生物学会総会,2007,12,11-15,横浜.

    2006年

    【Ⅰ】英文原著論文

    1. Haji A, Ohi Y: Ryanodine receptor/Ca2+ release mechanisms in rhythmically active respiratory neurons of cats in vivo. Neuroscience 140, 343-354, 2006. [IF 3.410]
    2. Matsuda N, Nishihira J, Takahashi Y, Kemmotsu O, Hattori Y: Role of macrophage migration inhibitory factor in acute lung injury in mice with acute pancreatitis complicated by endotoxemia. Am J Respir Cell Mol Biol 35, 198-205, 2006. [IF 3.988]
    3. Matsuda N, Hayashi T, Takahashi Y, Hattori Y: Phosphorylation of endothelial nitric-oxide synthase is diminished in mesenteric arteries from septic rabbits depending on the altered phosphatidylinositol 3-kinase/Akt pathway: Reversal effect of fluvastatin therapy. J Pharmacol Exp Ther 319, 1348-1354, 2006. [IF 4.098]
    4. Morimura K, Ohi Y, Yamamura H, Ohya S, Muraki K, Imaizumi Y: Two-step Ca2+ intracellular release underlies excitation-contraction coupling in mouse urinary bladder myocytes. Am J Physiol Cell Physiol 290, C388-C403, 2006. [IF 3.942]
    5. Minamizawa K, Goto H, Ohi Y, Shimada Y, Terasawa K, Haji A: Effect of d-pseudoephedrine on cough reflex and its mode of action in guinea pigs. J Pharmacol Sci 102, 136-142, 2006. [IF 1.792]
    6. Hayashi T, Matsui-Hirai H, Miyazaki-Akita A, Fukatsu A, Funami J, Ding Q-F, Kamalanathan S, Hattori Y, Ignarro LJ, Iguchi A: Endothelial cellular senescence is inhibited by nitric oxide: Implications in atheroscleorosis associated with menopause and diabetes. Proc Natl Acad Soc USA 103, 17018-17023, 2006. [IF 10.231]
    7. Jesmin S, Hattori Y, Maeda S, Zaedi S, Sakuma I, Miyauchi T: Subdepressor dose of benidipine ameliorates diabetic cardiac remodeling accompanied by normalization of upregulated endothelin system in rats. Am J Physiol Heart Circ Physiol 290, H2146-H2154, 2006. [IF 3.560]
    総説
    1. Matsuda N, Hattori Y: Systemic inflammatory response syndrome (SIRS): Molecular pathophysiology and gene therapy. J Pharmacol Sci 101, 189-198, 2006. [IF 1.792]

    【Ⅱ】国際学会


    1. Matsuda N,Hattori Y, Takahashi Y,Gando S: Prevention of sepsis-induced acute lung injury by small interfering RNA for inhibition of tissue factor expression. Society of Critical Care Medicine 35th Critical Care Congress Jan 7-11 2006, San Francisco, CA.
    2. Matsuda N,Hattori Y,Takahashi Y,Gando S,Kemmotsu O: Sepsis-induced changes in the signaling mechanisms for glucose transport 4 translocation to the membrane. Society of Critical Care Medicine 35th Critical Care Congress Jan 7-11 2006, San Francisco, CA.
    3. Gando S,Matsuda N,Sawamura A,Hayakawa M: High macrophage migration inhibitory factor levels in disseminated intravascular coagulation patients with septic inflammatory response syndrome and sepsis. Society of Critical Care Medicine 35th Critical Care Congress Jan 7-11 2006, San Francisco, CA.
    4. Matsuda N: Altered signaling transduction of glucose transport 4 translocation to the membrane in sepsis-induced hyperglycemia. The 6th Joint Scientific Congress of Korean-Japanese Intensivist Symposium. March 2,2006, Osaka.
    5. Matsuda N,Hattori Y, Gando S: siRNA targeting caspase-3 and -8 prevents endothelial cell derangements in septic mice. Europian Society of Intensive Care Medicine 19th Annual Congress. Sep 24-27, 2006,Barcelona.
    6. Matsuda N,Yamazaki Y,Hattori Y: Reversal effects of fluvastatin on Akt activity in the mesenteric artery of septic rabbits. 2006 Annual Meeting of American Society of Anesthesiologysts, Oct 15, 2006, Chicago.
    7. Hama K,Kinoshita H,Matsuda N,Tohyama S,Hatano Y: Sevoflurane but not propofol inhibits activity of Rho kinase in the porcine coronary artery. 2006 Annual Meeting of American Society of Anesthesiologysts. Oct 15, 2006, Chicago.
    8. Matsuda N,Yamazaki Y,Hattori Y: Pro-apoptotic gene silencing in septic mouse aorta by small interfering RNA. 2006 Annual Meeting of American Society of Anesthesiologysts the Special ASCCA/Journal Session. Oct 16 2006, Chicago.
    9. Kamiyama K,Matsuda N,Nagata T,Tsukada K,Hattori Y: Cardiac expression of glucocorticoid receptor α in mice. International Society for Heart Resarch 23th Annual Meeting, Dec 1-2 2006, Chiba.

    【Ⅲ】和文総説


    1. 服部裕一,松田直之: 敗血症におけるヒスタミン生成と受容体発現にかかわる転写調節機構. アレルギー科 21: 433-437, 2006.
    2. 松田直之: 総説「セプシスにおけるステロイド治療 ―古い薬に対する新たな概念―」. 治療学 40:551-556, 2006.
    3. 松田直之: ER・ICUでの薬の使い方Q&A「敗血症/敗血症性ショック」. 救急・集中治療 18:840-847, 2006.
    4. 松田直之: 救急・集中治療ガイドラインー最新の治療指針ー「成人の敗血症性ショックの治療指針」. 救急・集中治療18:563-564, 2006.
    5. 松田直之: Toll-like受容体発現と血管炎. 血管医学 7:219ー226, 2006.
    6. 松田直之:今月のハイライト「ホスホジエステラーゼ3阻害薬の細胞保護作用」. 日本集中治療医学会誌 13:11-13, 2006.
    7. 松田直之:誌上ディベート「Candida glabrata感染は問題となっている」. 深在性真菌症~SFI Forum~ 2:28-31, 2006.

    【Ⅳ】和文著書


    1. 松田直之:麻酔科診療プラクティス19 麻酔器・麻酔回路 岩崎 寛 編. 麻酔器用人工呼吸器の駆動方式. p60-65,2006年,文光堂,東京.
    2. 松田直之:麻酔科診療プラクティス20 臨床麻酔の疑問に答える生理学 高崎眞弓 編. 周術期におけるインスリン分泌と糖代謝の変化. p189-193,2006年,文光堂,東京.
    3. 松田直之:麻酔手技を上手に行うためのコツとポイント. B-5 分離肺換気用気管チューブの挿入と適切な位置 p61-67, D-3 カプノグラフィ p137-143 2006年,南江堂,東京.

    【Ⅴ】国内全国学会


    教育講演・特別講演
    1. 松田直之: 若手研究者特別講演「糖尿病心筋の病態生理」. 日本麻酔科学会第53回学術集会 2006年6月 神戸.
    2. 松田直之: 教育講演「全身性炎症反応症候群の病態生理 ―PDE3阻害薬の抗炎症作用を含めて―」. 日本麻酔科学会第53回学術集会 2006年6月 神戸.
    3. 松田直之: 教育講演 文献レビュー2006「循環器領域の話題:スタチンと周術期管理」. 第11回 日本心臓血管麻酔学会学術大会・総会 2006年9月 長崎.
    4. 服部裕一:教育講演「心臓ヒスタミン受容体の病態生理学的意義の解明にむけて:細胞電気生理学から分子薬理学的研究まで」 第10回日本ヒスタミン研究会
    シンポジウム
    1. 松田直之:シンポジウム「肺障害の予防と治療戦略の新しい展開」急性肺障害における遺伝子治療の可能性. 日本麻酔科学会第53回学術集会 2006年6月 神戸.
    2. 松田直之: シンポジウム「分子生物学的研究と救急医療」Surviving Sepsis Campaign guidelinesに対する分子生物学的研究の応用. 第34回日本救急医学会総会・学術集会 2006年10月 博多.
    3. 服部裕一,松田直之,神山公希:シンポジウム「Gタンパク共役型受容体から核内受容体の病態による修飾機構」グルココルチコイド受容体の発現:敗血症病態とステロイド治療時の変化. 第34回薬物活性シンポジウム 2006年9月 高崎.
    一 般 演 題
    1. 松田直之,山崎弘美,丸藤哲,服部裕一:急性肺傷害における組織因子とPAI-1の遺伝子治療. 第79回日本薬理学会年会 2006年3月 横浜.
    2. 大井義明,樝彰,服部裕一:モルモット脳幹スライスにおける孤束核2次ニューロンの興奮性シナプス伝達におけるコデインの抑制機序. 第79回日本薬理学会年会 2006年3月 横浜.
    3. 張暁紅,松田直之,広瀬亜矢,佐藤恵理,西岡浩,藤井創,服部裕一:植物性ポリフェノール/オリゴノールは血管内皮細胞における高濃度グルコース誘発NO放出抑制を改善させる. 第79回日本薬理学会年会 2006年3月 横浜.
    4. 松田直之,高橋良佳,丸藤 哲: 敗血症におけるGLUT4膜輸送系の変化. 第33回日本集中治療医学会学術集会 2006年3月 大阪
    5. 松田直之,高橋良佳,丸藤 哲: シプロフロキサシンはTNF受容体発現を抑制する. 第33回日本集中治療医学会学術集会 2006年3月 大阪.
    6. 高橋良佳,松田直之,丸藤 哲: Tissue Factor SiRNAによる急性肺傷害の遺伝子治療. 第33回日本集中治療医学会学術集会 2006年3月 大阪.
    7. 澤村 淳,下嶋秀和,星野弘勝,大城あき子,久保田信彦,加藤裕貴,早川峰司,松田直之,石川岳彦,丸藤 哲: 鈍的外傷による気管裂傷に対してECMOと気管形成術が有効であった一小児救命例. 第33回日本集中治療医学会学術集会 2006年3月 大阪.
    8. 澤村 淳,下嶋秀和,星野弘勝,大城あき子,久保田信彦,加藤裕貴,早川峰司,松田直之,石川岳彦,丸藤 哲: 原因不明のクモ膜下出血で発症した小児頸髄動静脈奇形破裂の一症例. 第33回日本集中治療医学会学術集会 2006年3月 大阪.
    9. 久保田信彦,早川峰司,大城あき子,星野弘勝,澤村 淳,松田直之,丸藤 哲:意識障害と痙攣重積を呈した中枢神経サルコイドーシスの1例. 第33回日本集中治療医学会学術集会 2006年3月 大阪.
    10. 高橋育子,松田直之,大城あき子,久保田信彦,星野弘勝,加藤裕貴,早川峰司,澤村 淳,石川岳彦,丸藤 哲: 頭部外傷受傷3週後に甲状腺クリーゼを呈した1例. 第33回日本集中治療医学会学術集会 2006年3月 大阪.
    11. 下嶋秀和,星野弘勝,早川峰司,澤村 淳,松田直之,石川岳彦,丸藤 哲: 脳脂肪塞栓症の治療におけるエダラボンの有効性の検討 ー有用であると考えられた1例よりー. 第33回日本集中治療医学会学術集会 2006年3月 大阪.
    12. Subrina Jesmin, Takeshi Miyauchi, Sohel Zaedi, Motoyuki Iemitsu, Seiji Maeda, Ichiro Sakuma, Yuichi Hattori, Iwao Yamaguchi: Estrogen receptor alpha is more actively involved in cardiac VEGF/KDR/NO pathway compared to estrogen receptor beta in female mice. 第70回日本循環器学会総会・学術集会 2006年3月 名古屋.
    13. 松田直之,中村高士,下嶋秀和,星野弘勝,大城あき子,早川峰司,澤村 淳,亀上 隆,丸藤 哲: 劇症型肺胞内線維症における肺内炎症性受容体発現の検討 ー病理像より学ぶ急性肺障害の1例ー. 第34回日本救急医学会総会・学術集会 2006年10月 博多.

    【Ⅵ】 国内地方会・研究会


    特別講演・教育講演
    1. 松田直之:特別講演「集中治療室から見た院内感染管理」. 神戸感染症フォーラム 2006年1月 神戸.
    2. 松田直之:教育講演「人工呼吸中の気道管理」. 第17回札幌人工呼吸研究会 2006年2月 札幌.
    3. 松田直之:教育講演「集中治療領域における重症感染症治療」. 第14回日本集中治療医学会 東海北陸地方会 2006年6月 富山.
    4. 松田直之:特別講演「救急・集中治療領域における重症感染症治療」. 第21回神奈川救急医学懇話会 2006年6月 横浜.
    5. 松田直之:特別講演「ICUにおける抗菌薬投与の工夫」. 第10回東海MODS研究会 2006年7月 岡崎.
    6. 松田直之:特別講演「集中治療領域におけるMRSA治療の実際」. 仙台感染症研究会 2006年10月 仙台.
    7. 松田直之:特別講演「集中治療領域における急性肺障害の治療~基礎病態生理学をふまえて~」. 第3回急性肺障害シンポジウム 2006年11月 長崎.
    8. 松田直之: 特別講演「薬剤耐性菌に対する抗菌薬の使用戦略」. 第5回京滋救命救急セミナー 2006年12月 京都.
    9. 服部裕一: 特別講演「心臓ヒスタミン受容体の病態生理学的意義の解明にむけて:細胞電気生理学から分子薬理学的研究まで」. 第10回日本ヒスタミン研究会 2006年12月 岡山.
    フォーラム/シンポジウム
    1. 松田直之: フォーラム「敗血症の新しい治療」. Tissue factor siRNAによる敗血症の遺伝子治療 ―急性肺障害における組織因子の役割―. 第10回エンドトキシン血症救命治療研究会 2006年2月 福岡.
    一 般 演 題
    1. 松田直之: 集中治療領域における細菌感染症の現状. 第17回富山難治性感染症研究会2006年3月 富山.
    2. 松田直之, 山崎弘美,丸藤哲, 服部裕一:急性肺傷害における組織因子とPAI-1の遺伝子治療. 第79回日本薬理学会年会 2006年3月 横浜.
    3. 大井義明, 櫨 彰, 服部裕一:モルモット脳幹スライスにおける弧束核2次ニューロンの興奮性シナプス伝達におけるコデインの抑制機序. 第79回日本薬理学会年会 2006年3月 横浜.
    4. 張暁紅, 松田直之, 広瀬亜矢, 佐藤恵理, 西岡浩, 藤井創, 服部裕一:植物性ポリフェノール/オリゴノールは血管内皮細胞における高濃度グルコース誘発NO放出抑制を改善させる. 第79回日本薬理学会年会 2006年3月 横浜.
    5. 畠山登,松田直之,山崎光章,服部裕一:敗血症モルモット単離心房筋細胞の電気生理学的検討. 第57回日本薬理学会北部会 2006年9月 弘前.
    6. 大井義明,石井陽子,樝彰,笹原正清,服部裕一:AMPA受容体を介したモルモット延髄孤束核における興奮性シナプス後電流に対するPDGF-Bの作用:ノックアウトマウスを用いた検討. 第57回日本薬理学会北部会 2006年9月 弘前.
    7. 山崎弘美,松田直之,服部裕一:炎症性受容体の培養ヒト細気管支上皮細胞における細胞内局在についての検討. 第57回日本薬理学会北部会 2006年9月 弘前.
    8. 神山公希,松田直之,長田拓哉,塚田一博,服部裕一:急性肺傷害に対する少量ステロイドの治療効果の検討. 第57回日本薬理学会北部会 2006年9月 弘前.
    9. 神山公希,松田直之,塚田一博,服部裕一:敗血症性急性肺損傷における少量グルチコルチコイド療法の治療効果の検討:HDC過剰発現に対する効果を含めて. 第10回日本ヒスタミン研究会 2006年12月 岡山.
    10. 松田直之,影山俊一郎,服部裕一:敗血症病態における主要臓器のヒスタミンH4受容体発現とNF-κB活性のクロストーク. 第10回日本ヒスタミン研究会 2006年12月 岡山.

    2005年

    【Ⅰ】英文原著論文


    1. Ohi Y, Yamazaki H, Takeda R, Haji A: Functional and morphological organization of the nucleus tractus solitarious in the fictive cough reflex of guinea pigs. Neurosci Res 53: 201-209, 2005. [IF 2.155]
    2. Yamazaki H, Haji A, Ohi Y, Takeda R: Effects of progesterone on apneic events during behaviorally defined sleep in male rats. Life Sci 78: 383-388. [IF 2.158]
    3. Zhao W, Daemanin S, Fu Q, Chen J, Cui H, Wang J, Okada F, Hamada J, Hattori Y, Kondo T, Hamuro J, Asaka M, Kobayashi M: Hypoxia suppresses the production of matrix metalloproteinases and the migration of human monocyte-derived dendritic cells. Eur J Immunol 35: 3468-3477, 2005. [IF 5.005]
    4. Matsuda N, Hattori Y, Jesmin S, Gando S: Nuclear factor-κB decoy oligodeoxynucleotides prevent acute lung injury in mice with cecal ligation and puncture-induced sepsis. Mol Pharmacol 67: 1018-1025, 2005. [IF 5.080]
    5. Jesmin S, Hattori Y, Togashi H, Ueno K, Yoshioka M, Sakuma I: Age-related changes in cardiac expression of VEGF and its angiogenic receptor KDR in stroke-prone spontaneously hypertensive rats. Mol Cell Biochem 272: 63-73, 2005. [IF 1.714]

    【Ⅱ】国際学会


    1. Matsuda N, Hattori Y, Gando S, Kemmotsu O: AP-1 decoy oligonucleotides can improve acute lung injury by suppressing upregulation of inflammatory receptors and enzymes in septic mice. Society of Critical Care Medicine, 34th Critical Care Congress. January 2005, Phoenix.
    2. Matsuda N, Hattori Y, Gando S, Kemmotsu O: Olprinon normalizes eNOS phosphorylation via upregulation of VEGF and HGF in mesenteric arteries from endotoxemic rabbits. Society of Critical Care Medicine, 34th Critical Care Congress. January 2005, Phoenix.

    【Ⅲ】和文総説


    1. 松田直之:Topics「急性肺傷害の転写因子活性からみた病態生理」 Anesthesia 21 Century 7: 1337-1343, 2005.
    2. 松田直之,丸藤 哲:特集 新しい心肺蘇生法を学ぶ―BLSとACLS― 心停止判定と治療方法. 外科治療 92: 1100-1107, 2005.
    3. 松田直之、秋沢宏次、南須原康行、石黒信久、奥直子、早川峰司、澤村淳、石川岳彦、西村正治、丸藤哲:特集「ICUにおける抗菌薬サイクリング」 Prog Med 25: 2329-2336, 2005.
    4. 松田直之:症例検討「虚血再灌流障害」 LiSA 12: 1252-1256, 2005.
    5. 松田直之:講座「実例にみる感染対策の進歩:集中治療室における感染対策」 Circles 8: 14-17, 2005
    6. 松田直之、丸藤哲:解説「救急略語辞典 30. DIC (disseminated intravascular coagulation)」 救急医学 29: 411, 2005.
    7. 服部裕一:心臓ヒスタミンシグナリング研究の新展開:分子薬理から実験治療学まで. 富山医科薬科大学医学会誌 16: 20-24, 2005.

    【Ⅳ】和文著書


    【Ⅴ】国内学会


    特別講演・教育講演
    1. 松田直之:優秀論文賞本賞受賞特別講演「Therapeutic effect of in vivo transfection of transcription factor decoy to NF-κB on septic lung in mice」. 第32回日本集中治療医学会学術集会 2005年2月 東京.
    2. 松田直之:教育セミナー「全身性炎症反応症候群における抗菌薬の適正使用―多臓器不全とDIC―」. 第105回日本外科学会定期学術集会 2005年5月 名古屋.
    3. 服部裕一:就任講演「ヒスタミンとSepsis:最新の分子薬理学的研究」. 第66回富山医科薬科大学医学会学術集会 2005年9月 富山.
    4. 松田直之:教育講演「循環器領域の話題:虚血再灌流障害を中心として」. 第10回日本心臓血管麻酔学会学術大会・総会 2005年9月 岡山.
    5. 松田直之:教育セミナー「全身性炎症反応症候群における輸液生理学 ーEarly goal-directed therapyー」. 第33回日本救急医学会学術集会 2005年10月 埼玉.
    6. 松田直之:教育セミナー「集中治療領域におけるMRSA治療薬と抗真菌薬の使い方の工夫」. 第52回日本化学療法学会西日本支部総会 2005年12月 岐阜.
    シンポジウム
    1. 服部裕一,松田直之:NF-κBデコイ:敗血症遺伝子治療への応用の可能性. 遺伝子発現変化を指標とした薬物標的分子の探索と創薬. 第33回薬物活性シンポジウム 2005年10月 新潟
    2. 服部裕一:敗血症におけるヒスタミン生成およびその受容体発現に関わる転写調節. アレルギー・免疫に及ぼすヒスタミン機能の新展開. 第55回日本アレルギー学会秋季学術大会 2005年10月 盛岡
    一般公演
    1. 松田直之,服部裕一:ヒスタミン受容体シグナルから考える敗血症性ショックの病態生理. ―動物種におけるヒスタミン受容体サブタイプの同定とヒスタミンを介した敗血症病態生理― 第34回日本心脈管作動物質学会 2005年2月 京都.
    2. Jesmin S, Sakuma I, Hattori Y, Miyauchi T, Yamaguchi I: Estrogen receptor alpha and beta are equally involved in cerebral vascular endothelial growth factor/KDR/nitric oxide pathway in female mice. 第69回日本循環器学会総会・学術集会 2005年3月 横浜.
    3. Jesmin S, Hattori Y, Sakuma I, Miyauchi T, Yamaguchi I: A long-lasting calcium channel blocker, benidipine, ameliorates diabetic cardiac remodeling and normalizes the upregulated endothelin-1 system in diabetic rat. 第69回日本循環器学会総会・学術集会 2005年3月 横浜.
    4. 山崎弘美,櫨 彰,大井義明,西口慶子,武田龍司:モルモット上咽頭神経運動ニューロンのNK-1,m-opioidおよびNMDAレセプターの分布.  第78回日本薬理学会年会 2005年3月 横浜.
    5. 松田直之,丸藤 哲,服部裕一:マウス心房筋におけるグラム陰性菌とグラム陽性菌のToll-like受容体を介したdual inflammationの細胞内情報伝達解析.  第78回日本薬理学会年会 2005年3月 横浜.
    6. 大井義明,櫨 彰,山崎弘美,武田龍司:モルモット脳幹スライスにおける孤束核2次ニューロンの興奮性シナプス後電流に対するコデインの作用.  第78回日本薬理学会年会 2005年3月 横浜.
    7. 櫻谷文香,Subrina Jesmin,小林繁明,松田直之,服部裕一:ラット肛門括約筋におけるα-1受容体の発現と機能. 第78回日本薬理学会年会 2005年3月 横浜.
    8. Subrina Jesmin,服部裕一,宮内卓:雌性マウスにおける心臓の冠血管形成機構に関与するエストロゲン受容体サブタイプのノックアウトマウスを用いた同定.  第78回日本薬理学会年会 2005年3月 横浜.
    9. 松田直之,丸藤 哲,服部裕一:敗血症ウサギ腸間膜動脈におけるエダラボンの血管内皮細胞保護作用. 第5回日本NO学会学術集会 2005年4月 札幌.
    10. 大井義明,武田龍司,櫨 彰:モルモット咳反射における孤束核の重要性. 第82回日本生理学会大会 2005年5月 仙台.
    11. 松田直之,丸藤 哲,服部裕一:敗血症マウスにおけるインタール®のヒスタミンシグナル抑制作用. 第56回日本薬理学会北部会 2005年10月 新潟.
    12. 服部裕一,松田直之:Disodium cromoglycateは敗血症におけるヒスタミン生成およびその受容体発現に関わる誘発性転写因子活性を低下させる. 第9回日本ヒスタミン研究会 2005年12月 徳島.

    このページの先頭へ