本文へジャンプ

理念

 「衛生」 という語は,1873年に,長与専斎によりhygieneの訳語としてつくられました。「生」 は生命や生活であり,「衛」 はそれを守っていくと言う意味です。衛生は,人間をとりまく自然,社会,環境要因と健康の関連を探究し,疾病の予防・早期発見および健康の維持増進をめざす活動です。

 公衆衛生学は,疾病の予防や健康の保持増進のために,組織的な取り組みをめざします。ヒトの集団の健康にかかわる自然,社会,環境要因を明らかにし,処方箋として制度に変革を求める医学の一分野です。
 C. E. A. Winslowは公衆衛生を,"Public health is the science and art of preventing disease, prolonging life, and promoting health and efficiency through organized community efforts." (1920)と定義しています。

 

 

このページの先頭へ