本文へジャンプ

公衆衛生学のめざすところ

 臨床家が患者個人を対象とするのに対して人間集団を対象とします。ヒトの病気や死などを単に生物学的現象としてだけではなく,環境や社会との関連で考え,究極的には人類の健全なる発展をめざしています。

 健康課題を社会全体の問題としてとらえ,その解決・改善をめざす,極めて実践性にとんだ領域です。疾病予防・健康増進から,介護やリハビリテーションまで,あらゆるステージをカバーしています。研究の成果を,国の政策や医療制度の見直し,ガイドラインの作成,環境基準の設定などにつなげるという意味で,社会的にも大変重要な分野です。

 

 

このページの先頭へ