本文へジャンプ

2013年

著書

  1. Nishi D, Koido Y, Nakaya N, Sone T, Noguchi H, Hamazaki K, Hamazaki T, Matsuoka Y. PTSD and the Attenuating Effects of Fish Oils: Results of Supplementation After the 2011 Great East Japan Earthquake, New Insights into Anxiety Disorders. 2013. Chapter 16, INTECH ; p.407-25.
  2. Teranishi H, Nishijo M. Proceedings of Environmental Cadmium Conference 2013: Toxicology Program, Chiang Mai University; 2013. Lessons from Itai-itai disease and cadmium pollution in Japan; p. 4-8.
  3. 浜崎景,松岡豊.精神と栄養~メンタルヘルスの新たな視点~.小澤寛樹編.東京:株式会社医薬ジャーナル社;2013.Ⅲ章,世界的に見たω3系多価不飽和脂肪酸の研究動向;p.161-74.
  4. 松岡豊,浜崎景.メンタル医療 ~原因解明と診断,治療の最前線~糸川昌成編.東京:株式会社シーエムシー出版;2013.精神疾患に対する栄養学的介入-ω3系脂肪酸を中心に-;p.187-92.

原著

  1. Matsuoka Y, Nishi D, Hamazaki K. Serum levels of polyunsaturated fatty acids and the risk of posttraumatic stress disorder Psychother Psychosom. 2013 Oct;82(6):408-10.
  2. Hamazaki K, Hamazaki T, Inadera H. Abnormalities in the fatty acid composition of the postmortem entorhinal cortex of patients with schizophrenia, bipolar disorder, and major depressive disorder. Psychiatry Res. 2013 Nov 30;210(1):346-50.
  3. Matsuoka Y, Nishi D, Yonemoto N, Hamazaki K, Matsumura K, Noguchi H, Hashimoto K, Hamazaki T. Tachikawa Project for Prevention of Posttraumatic Stress Disorder with Polyunsaturated Fatty Acid (TPOP): Study protocol for a randomized controlled trial. BMC Psychiatry. 2013 Jan 5;13:8.
  4. Hamazaki K, Kim HY. Differential modification of the phospholipid profile by transient ischemia in rat hippocampal CA1 and CA3 regions. Prostag Leukotr Ess. 2013 Apr;88(4):299-306.
  5. Okuno M, Hamazaki K, Ogura T, Kitade H, Matsuura T, Yoshida R, Hijikawa T, Kwon M, Arita S, Itomura M, Hamazaki T, Takada H. Abnormalities in fatty acids in plasma, erythrocytes and adipose tissue in Japanese patients with colorectal cancer. In Vivo. 2013 Mar-Apr;27(2):203-10.
  6. Ogawa R, Morii A, Watanabe A, Cui ZG, Kagiya G, Kondo T, Doi N, Feril LB Jr. Regulation of gene expression in human prostate cancer cells with artificially constructed promoters that are activated in response to ultrasound stimulation. Ultrason Sonochem. 2013 Jan;20(1):460-7.
  7. Ogawa R, Morii A, Watanabe A, Cui ZG, Kagiya G, Fukuda S, Kume K, Hasegawa T, Hatashita M, Izumi H, Ishimoto T, Feril LB Jr. Development of a therapeutically important radiation induced promoter. Bioengineered. 2013 Jan-Feb;4(1):44-9.
  8. Morii A, Ogawa R, Watanabe A, Cui ZG, Takasaki I, Doi N, Kondo T, Fuse H. Utilization of microRNAs with decreased expression levels in response to X-ray irradiation for fine-tuning radiation-controlled gene regulation. Int J Mol Med. 2013 Jul;32(1):9-16.
  9. Piao JL, Cui ZG, Furusawa Y, Ahmed K, Rehman MU, Tabuchi Y, Kadowaki M, Kondo T. The molecular mechanisms and gene expression profiling for shikonin-induced apoptotic and necroptotic cell death in U937 cells. Chem Biol Interact. 2013 Sep 25;205(2):119-27.
  10. Okazawa T, Iwata1 M, Matsushita Y, Kamura Y, Kato H, Okazawa S, Kigawa M, Tobe K. Aging attenuates the association of central obesity with the accumulation of metabolic risk factors when assessed using the waist circumference measured at the umbilical level (the Japanese standard method). Nutrition & Diabetes. 2013 Nov; 3:e9.
  11. 堀口逸子,川南公代,城川美佳,重松美加.再生医療の臨床研究参加意向に関する調査.厚生の指標.2013;60(13):30-6.

総説

  1. Inadera H. Developmental origins of obesity and type 2 diabetes: molecular aspects and role of chemicals. Env. Health Prev. Med. 2013 May;18(3):185-97.
  2. Hamazaki K, Hamazaki T, Inadera H. Polyunsaturated Fatty Acids and their Related Enzymes in Postmortem Brain Tissues of Patients with Psychiatric Disorders. Curr Psychopharmacol. 2013 Feb;2(1):66-72.
  3. 浜崎景,浜崎智仁,稲寺秀邦.ω3系多価不飽和脂肪酸と気分障害.静脈経腸栄養.2013;28(4):61-5.
  4. 小川良平,森井章裕,渡部明彦,崔正国,鍵谷豪,畑下昌範,久米恭,福田茂一,長谷川崇,近藤隆.放射線応答性遺伝子発現制御システムの開発.Radiation Biology Research Communications.2013;48(3):267-79.
  5. 城川美佳.電話調査におけるインタビュー.保健の科学.2013;55(10):665-9.

学会報告

  1. Hamazaki K. Fatty acid composition in the postmortem brains of patients with psychiatric disorders. the 3rd Mind-Body Interface Symposium; 2013 Jan 18; Taichung. (Invited lecture)
  2. Matsuoka Y, Nishi D, Koido Y, Nakaya, N, Sone, T, Noguchi, H, Hamazaki, K, Hamazaki, T. Fish oil for attenuating posttraumatic stress symptoms among rescue workers after the Great East Japan Earthquake. 771st APS Annual Meeting; 2013 Mar 13-16; Miami, Florida, USA.
  3. Teranishi H, Nishijo M. Lessons from Itai-itai disease and cadmium pollution in Japan. Environmental Cadmium Conference in Thailand; 2013 Mar 14-15; Chiang Mai, Thailand.
  4. Murakami J, Kigawa M, Arita K, Wada A, Miyazono T, Ueda A, Yasumura S, Sugiyama T. The role of anticoagulant therapies on coagulopathy (disseminated intravascular coagulation) in patients with hemolytic-uremic syndrome after infection with enterohemorrhagic Escherichia coli O111. The 18th Congress of EHA(European Hematology Association); 2013 Jun 13-16; Stockholm, Sweden.
  5. Hamazaki K. Findings of fatty acid composition in the postmortem brains of patients with psychiatric disorders. The 1st International Society of Nutritional Psychiatry Research; 2013 Jun 21; Tokyo.
  6. Toyokawa S, Mukasa A, Kigawa M, Yamashita M. Descriptive epidemiology of homeless people in Tokyo using medical examination. The International Conference on Social Stratification and Health 2013; 2013 Aug 31- Sep 1; Tokyo.
  7. Hamazaki K, Hamazaki T, Inadera H. Fish oils for aggression, hostility, and suicidal behavior. The 22nd World Congress on Psychosomatic Medicine; 2013 Sep 12-14 ; Lisbon.
  8. 松岡豊,西大輔,中谷直樹,曽根稔雅,野口普子,浜崎景,浜崎智仁,小井土雄一.東日本大震災における災害医療救援者の放射線被ばくに対する心配と精神的苦痛の関連.第23回日本疫学会学術総会;2013 Jan 24-26;大阪.
  9. 浜崎景,田中朋美,伊藤実香,稲寺秀邦.子どもの健康と環境に関する全国調査(エコチル調査)の進捗状況.第47回富山県公衆衛生学会;2013 Feb 7;富山.
  10. 稲寺秀邦.子どもの健康と母体環境.第25回富山県母性衛生学会会長講演;2013 Feb 23;富山.
  11. 浜崎景.多価不飽和脂肪酸による精神・神経疾患の予防・治療の可能性を探る.第86回日本薬理学会年会;2013 Mar 21-23;福岡.
  12. 崔正国,近藤隆,稲寺秀邦.温熱誘発アポトーシスにおけるアシュワガンダの併用効果に関する基礎的研究.第83回日本衛生学会学術総会;2013 Mar 25;金沢.
  13. 寺西秀豊,福島千鶴子,鏑木望未,浜崎景,稲寺秀邦,吉田行夫.スギ花粉情報に関する患者の意識調査.第83回日本衛生学会学術総会;2013 Mar 25;金沢.
  14. 松岡豊,西大輔,浜崎景.東日本大震災の救援者におけるPTSD症状の予測因子に関する縦断研究.第109回日本精神神経学会総会;2013 May 23-25;福岡.
  15. 西大輔,松岡豊,浜崎景,浜崎智仁.うつ病とPTSDに対するオメガ3系脂肪酸のエビデンス.第109回日本精神神経学会総会;2013 May 23-25;福岡.
  16. 浜崎景,藤田日奈,浜崎智仁,稲寺秀邦.抑うつにおけるω3系脂肪酸の役割.第54回日本心身医学会総会・学術講演会;2013 Jun 26-27;横浜.
  17. 城川美佳,浜崎景,稲寺秀邦.環境と健康に係わる調査における複数回調査の回収状況について,子どもの健康と環境に関する全国調査富山地区での状況.日本行動計量学会第41回大会;2013 Sep 3-6;習志野.
  18. 浜崎景,寺島嘉宏,糸村美保,黒田昌宏,富田新,平田仁,浜崎智仁,稲寺秀邦.透析患者において血中n-3系多価不飽和脂肪酸が生命予後に及ぼす影響.日本脂質栄養学会第22回大会;2013 Sep 6-7;高知.
  19. 松岡豊,西大輔,浜崎景.血清多価不飽和脂肪酸と心的外傷後ストレス障害の発症リスク.日本脂質栄養学会第22回大会;2013 Sep 6-7;高知.
  20. 浜崎景,城川美佳,田中朋美,伊藤実香,足立雄一,稲寺秀邦.子どもの健康と環境に関する全国調査(エコチル調査)の進捗状況について.第33回日本川崎病学会・学術集会;2013 Sep 27-28;富山.
  21. 城川美佳,浜崎景,田中朋美,伊藤実香,足立雄一,稲寺秀邦.子どもの健康と環境に関する全国調査(エコチル調査)からみた富山県における妊娠期の飲酒状況.第52回富山県小児保健学会;2013 Oct 13;富山.
  22. 城川美佳,船山和志,堀口逸子,丸井英二.感染症に関する情報の提示方法―滞日外国人によるWebサイトの評価―.第72回日本公衆衛生学会総会;2013 Oct 23-25;津.
  23. 大西一成,中山健夫,大谷眞二,穆浩生,細田武伸,徳嶋靖子,浜崎景,黒沢洋一.モンゴル/ロシア発生森林火災の鳥取妊婦への影響~エコチル追加調査とリクルート数~.第72回日本公衆衛生学会総会;2013 Oct 23-25;津.
  24. 善田貴裕,大家理恵,萩下友美,宮元進,浜崎景,稲寺秀邦.閉塞型睡眠時無呼吸症候群例における胃食道逆流症の内視鏡的評価.第49回公立学校共済組合中央病院学会;2013 Oct 25;岐阜.
  25. 浜崎景,寺島嘉宏,糸村美保,富田新,黒田昌宏,平田仁,浜崎智仁,稲寺秀邦.透析患者において血中n-3系多価不飽和脂肪酸が生命予後に及ぼす影響 ~10年の追跡調査より~.第41回北陸公衆衛生学会;2013 Nov 18;富山.
  26. 城川美佳,浜崎景,稲寺秀邦.富山県における妊娠期の喫煙状況-子どもの健康と環境に関する全国調査富山UCデータ-.第41回北陸公衆衛生学会;2013 Nov 18;富山.
  27. 城川美佳,浜崎景,田中朋美,伊藤実香,足立雄一,稲寺秀邦.エコチル調査富山ユニットセンターにおける調査票回収状況.第16回環境ホルモン学会研究発表会;2013 Dec 12-13;東京.
  28. 浜崎景,西大輔,米本直裕,野口普子,金吉晴,松岡豊.HDLコレステロールと心的外傷後ストレス障害の発症リスク.平成25年度精神・神経疾患研究開発費合同研究発表会;2013 Dec 17;東京.

その他

  1. 稲寺秀邦.エコチル調査:子どもの健康と環境に関する全国調査 医報とやま.2013;1556:16-17.
  2. 稲寺秀邦.産業保健最近の話題から 富山県産業医会第2回研修会;2013 Feb 7;富山.
  3. 稲寺秀邦.エコチル調査の概要 エコチル調査講演会;2013 Mar 2;富山.
  4. 稲寺秀邦.医者と薬に頼らない生活 射水市塚原コミュニティセンター講演会;2013 Mar 5;富山.
  5. 稲寺秀邦.運送業における健康管理 富山市医師会産業医研修会;2013 Mar 11;富山.
  6. 稲寺秀邦.定期健康診断の有所見率改善をめざして 友愛健康医学センター労働衛生セミナー;2013 Mar 15;富山.
  7. 稲寺秀邦.「子どもたちの未来のために-エコチル富山の取り組み-」KNBテレビ番組出演;2013 Mar 31 (10.55-11.10)
  8. 稲寺秀邦.有害業務管理 北陸3県医師会合同産業保健(基礎・前期)研修会;2013 Apr 21;富山.
  9. 稲寺秀邦.健康診断結果の評価データのまとめ方 富山産業保健推進連絡事務所 産業保健セミナー;2013 May 13;富山.
  10. 稲寺秀邦.(分担執筆):安全ノート-快適な実験を行うために- 富山大学;2013 Apr.
  11. 稲寺秀邦.夏本番まだなのに- 熱中症3倍増 北日本新聞(朝刊);2013 May 29(コラム)
  12. 稲寺秀邦.公衆衛生的立場での健康づくり 富山産業保健推進連絡事務所 産業保健セミナー;2013 Jun 25;富山.
  13. 稲寺秀邦,浜崎景,城川美佳,田中朋美,伊藤実香.エコチル調査(子どもの健康と環境に関する全国調査)の進捗について 富山県小児科医会学術講演会;2013 Jun 30;高岡.
  14. 稲寺秀邦.環境化学物質の生体影響 福井大学大学院セミナー;2013 Jul 31;福井.
  15. 稲寺秀邦.化学物質による健康障害について 富山労働局主催「化学物質取扱事業場にかかる説明会」;2013 Nov 2;富山.
  16. 稲寺秀邦.エコチル調査についての解説 ご近所ラジオKNB  KNBラジオ;2013 Nov 2;富山.
  17. 稲寺秀邦.子どもの健康と環境化学物質 富山市民大学;2013 Nov 18;富山.
  18. 稲寺秀邦.エコチル調査に取り組んでいます 医報とやま シリーズ・富山大学医学部 富山県医師会;2013 Oct 1.
  19. 稲寺秀邦.過重労働による健康障害の防止 富山産業保健推進連絡事務所 産業医研修会;2013 Oct 10;富山.
  20. 稲寺秀邦.定期健康診断後の事後措置について 第22回産業保健担当者健康セミナー 富山市医師会健康管理センター;2013 Oct 24;富山.
  21. 稲寺秀邦.産業保健:最近の話題から 上越市医師会産業保健研修会;2013 Oct 26;上越.
  22. 稲寺秀邦.PM2.5ってなに?第7回富山大学環境塾 パネルディスカションパネリスト;2013 Oct 30;富山.
  23. 稲寺秀邦 定期健康診断の事後措置について 富山産業保健推進連絡事務所 産業保健セミナー;2013 Nov 7;富山.
  24. 稲寺秀邦.産業保健;最近のトピックスから 富山県医師会リフレシュ研修会;2013 Nov 10;富山.
  25. 稲寺秀邦.生活習慣病の予防:定期健康診断と事後措置の必要性 砺波労働基準監督署 労働衛生管理研修会;2013 Nov 15;砺波.
  26. 浜崎景.魚油が情動・精神に及ぼす影響.第3回麻布大学脂質栄養セミナー;2013 Nov 23;相模原.
  27. 城川美佳,浜崎景,田中朋美,伊藤実香,足立雄一,稲寺秀邦.子どもの健康と環境に関する全国調査(エコチル調査)からみた富山県における妊娠期の飲酒状況 とやま小児保健 2013;11:6-7.
  28. 浜崎景.花粉症.はぐくみ.2013(春号);32(4):6-7.(コラム)
  29. 浜崎景.キレる子どもたちとEPA/DHAの関係.はぐくみ.2013(夏号);33(1):6-7.(コラム)
  30. 浜崎景.もの忘れ認知症予防とEPA/DHA.はぐくみ.2013(秋号);34(2):6-7.(コラム)
  31. 浜崎景.脳卒中.はぐくみ.2013(冬号);35(3):6-7.(コラム)
  32. 寺西秀豊.寺西秀豊編集:花粉症研究会記念誌―24年の歴史と成果(1989~2012)―.花粉症研究会;2013 Jan;富山.
  33. 寺西秀豊.国際的花粉情報システム構築に向けた基礎的・疫学的研究.平成23年度~24年度(挑戦的萌芽研究)研究成果報告書;2013.Mar.
  34. 重松美加,Vibele Halkjaer-Knudsen,大和雅之,城川美佳,辰井聡子,浜口功,大石和徳.再生医療に用いられる細胞培養・加工施設(CPC)の設計,デザイン,施設管理要件等に関する研究.厚生労働科学研究補助金特別研究事業「再生医療に用いられる細胞培養・加工施設の基準に関する研究」(研究代表者:大石和徳)平成24年度総括・分担研究報告書.2013:11-29.
  35. 城川美佳,重松美加,浜口功,大和雅之,辰井聡子,大石和徳.細胞培養・加工施設における運用管理に関する研究.厚生労働科学研究補助金特別研究事業「再生医療に用いられる細胞培養・加工施設の基準に関する研究」(研究代表者:大石和徳)平成24年度総括・分担研究報告書.2013:31-50.
  36. 城川美佳,堀口逸子.高校保健管理担当者の情報収集に係る研究.厚生労働科学研究費補助金新型インフルエンザ等新興・再興感染症研究事業情報弱者等への配慮を含めた感染症に対する適切な情報提供・リスクコミュニケーションに関する研究(研究代表者:丸井英二)平成24年度総括・分担研究報告書.2013.33-35.
  37. 山崎瑞紀,城川美佳,船山和志,堀口逸子.在住外国人への感染症に関する適切な情報提供を目的としたWebサイトの評価.厚生労働科学研究費補助金新型インフルエンザ等新興・再興感染症研究事業情報弱者等への配慮を含めた感染症に対する適切な情報提供・リスクコミュニケーションに関する研究(研究代表者:丸井英二)平成24年度総括・分担研究報告書.2013.27-32.
  38. 城川美佳.「統合医療」の情報利用者を対象とした調査報告レビュー.厚生労働科学研究費補助金地域医療基盤開発推進研究事業「統合医療」エビデンス評価の2段階多次元スケールの開発と分類及び健康被害状況の把握に関する研究(研究代表者:津谷喜一郎)平成24年度総括・分担研究報告書.2013:59-61.

このページの先頭へ