本文へスキップ

放射線基礎医学講座

教授からのメッセージ

放射線基礎医学講座では広くX線、温熱、超音波、紫外線などの”放射線”を対象に、制癌剤など化学物質を含め、がん治療への応用やストレス応答の解明などを目指して主にアポトーシスの分子機構、遺伝子導入および遺伝子発現に関する研究を行っています。

 “
放 射線は医学診断に必須の手段ですが、21世紀は治療への展開が期待されております。また、今一つの対象である超音波科学の分野も造影剤の臨床応用がはじ まり、病気の診断(医学)装置(工学)とで発展してきた超音波医学にが加わり、新たな領域に発展することが期待されております。

教室は医学部で一番新しく、また小さな教室ではありますが、社会人大学院生、研究生、留学生含めアットホームな雰囲気で、オリジナリティの高い研究を目指しております。

 

富山大学大学院医学薬学研究部(医学)
放射線基礎医学講座

〒930-0194 富山市杉谷2630