乳がん・甲状腺がんについて

乳腺内分泌外科

全ての人に安心と喜びの医療を提供いたします。
診療概要
 乳がん・甲状腺がんの患者さんは年々増加しています。多くの患者さんが不安を抱えて私たちの病院にいらっしゃいます。私たちは、乳がん・甲状腺がんの患者さん皆さんへの不安が無くなり、笑顔を取り戻していただけるよう、スタッフが一丸となって患者さんを守り、希望を持っていただくお手伝いをさせていただきます。具体的には乳腺・甲状腺の疾患に関する各種検査、診断、治療方針の決定における患者さんへのインフォームドコンセント、手術、さらには補助療法、再発治療、セカンドオピニオン、遺伝カウンセリングまで、一貫した最新の治療を提供することで、患者さんに満足していただける医療を目指しています。
診療内容

診療体制

  • 外科専門医、乳癌専門医、乳癌看護認定看護師らによるチーム医療を行っています。
  • 外科、内科、放射線科、病理学の専門医が連携して治療を行います。

検査

  • 患者さんが初めて受診いただいた日に、必要な検査(針生検など)を行います。
  • 最新のマンモグラフィー、マンモトーム生検装置を導入し、疾患の正確な診断が行える体制を整えています。
  • 検査は熟練した女性の検査技師が行い、安心して検査を受けていただけます。
  • 放射線科と協力した最先端の画像診断(CT, MRI, PET, RIなど)を行なっています。
  • 患者さんと治療方法についてよく相談し、納得していただいた上で治療を行います。

手術・治療

  • 乳房の温存、甲状腺機能の温存を積極的に取り入れた縮小手術を行っています。
  • 内視鏡を用いて,首や乳房に傷の付かない手術(鏡視下手術)を行っています。
  • RI、色素を併用したセンチネルリンパ節生検により、腋窩リンパ節郭清を省略する縮小手術に取り組んでいます。
  • 形成外科と共同して乳房再建術(シリコン、エキスパンダー)を行っています。

術後

  • 患者さんの病態と希望にあわせて手術療法、放射線療法、内分泌療法、化学療法を組み合わせた治療を行っています。
  • 乳がん看護認定看護師が患者さんの術後リハビリテーションやマッサージケアのお手伝いをします。また薬の副作用やいろいろな悩み事についてきめ細やかな対応を行います。
  • 再発治療では、患者さんが元気に生活していただけるよう、温熱療法(オンコサーミア)、漢方、ヨガやアロマテラピーなどさまざまな保存的治療法に取り組んでいます。
  • 遺伝専門外来と連携し、希望される方に遺伝カウンセリング・遺伝子検査を行なっています。
  • 最新の治療研究(治験)グループに参加し、新しい治療の開発を目指しています。
  • 患者さん一人一人の生活スタイルを重視した上で、術前管理・治療、手術、術後管理・治療にあたります。
  • セカンド・オピニオンを求める患者さんを対象に、一人一人の状況に応じて診断内容や今後の治療に関して専門医の意見や判断を提供します。
  • 退院後の経過観察や治療をお近くの病院で希望される場合、紹介は可能ですのでご相談ください。
主な対象疾患
・乳がん、乳腺腫瘍、乳腺炎
・甲状腺がん、自律性機能性甲状腺腫結節
・バセドウ病、プランマー病、橋本病
・副甲状腺機能亢進症、副甲状腺がん など
乳がんの治療成績
1997.1~2016.12の期間に577件の乳房手術が行われました。そのうち乳がんに対する初回治癒切除術は486例でした。近年、乳がんに対する手術件数は増加しており、年度別の手術件数で2016年は50例でした。乳がん手術症例の平均年齢は58.0歳で、20歳から92歳までの患者に手術が行われましたが、そのうち40歳~60歳が最も多く72%でした。男女比は3:483と女性に多く、手術を行った乳房の右:左比は244:242とほぼ同数で、利き手側の乳房にがんができやすいということはありませんでした。
グラフ1
乳がん病期別の累積生存率グラフと生存率データを示します。病期0、1、2の症例は、病期3、4に比べて予後が良好です。特に病期0の患者は全員が術後10年以上生存しており、乳がん検診による早期発見、早期治療の重要性が示されていると言えます。
グラフ2
乳がんの治療
しこりが1つで大きさが3cm以下の場合、乳房を部分的に切除する乳房温存術を施行します。カメラを用いた鏡視下手術により、乳房・乳輪に傷をつけない手術を行っています。術中に病理医と協力して、RIや色素を用いたセンチネルリンパ節生検を迅速に行い、転移が無い場合には腋窩リンパ節の郭清を省略することで、体に優しい手術を行っています。
乳がんの治療 写真1
鏡視下乳房温存手術
しこりが1つで大きさが3cm以下の場合、乳房を部分的に切除する乳房温存術を施行します。カメラを用いた鏡視下手術により、乳房・乳輪に傷をつけない手術を行っています。術中に病理医と協力して、RIや色素を用いたセンチネルリンパ節生検を迅速に行い、転移が無い場合には腋窩リンパ節の郭清を省略することで、体に優しい手術を行っています。
乳がん縮小手術
乳がん縮小手術
進行、再発乳がんに対する化学療法は、ガイドラインを参考に行っています。治療に関して患者さん、ご家族と専門医・認定看護師・薬剤師が良く相談し、皆さんへに治療の目的と副作用について十分に理解していただいた上での治療を心がけています。また乳がん治療の進歩を目的として、各種の治験に参加しています。化学療法の副作用をできるだけ軽減し、穏やかに暮らしていただけるよう、漢方薬、マッサージ、ヨガの専門家と協力しながら、治療を行っています。
乳がんヨガセミナー
乳がんヨガセミナー
遺伝性乳がんに対するカウンセリング、遺伝子検査を行っています。乳がんの10%程度は遺伝する事がわかってきました。特に遺伝性乳がん卵巣がん症候群(HBOC)と診断された方は、乳がんになる危険性が高いことから、遺伝子検査が重要になります。当院では専門医による遺伝子カウンセリングを行い、患者さんに対する検査や治療、さらにご家族・ご親戚に対する検査(サーベイランス)など、遺伝性乳がんに関して細かく丁寧に対応させていただきます。

乳がんの進行を抑える目的で、和漢薬療法、温熱療法などの臨床研究を行っています。薬都富山の利点を生かし、富山大学和漢薬研究所と共同研究を行い、新たな治療法の開発を進めています。また富山大学に導入された新しい温熱療法(オンコサーミア)の臨床データを積み重ねて、臨床応用に向けた研究を進めています。その他、乳がんの転移・増殖に関連するマーカーとしてKLF4に着目し、新しい乳がん治療を目指した研究を行っています(Nagata T et al. Breast Cancer, 2016)
研究中の和漢薬
研究中の和漢薬
オンコサーミア
オンコサーミア
栄養面では今までの食生活を見直し、病気の再発防止に取り組んでいます。入院中の食事にマクロビオティックをとり入れたバランスのよい食事をお出ししています。定期的に栄養講習会を開催し、「おいしく食べて元気になる」で、治療の補助を行っています。
入院中の食事
入院中の食事
甲状腺がんの特徴
 検診やドックなどで、ときどき自覚症状のない甲状腺のしこりが見つかる事がありますが、そのうちがんと診断されるしこりは3~15%とそれほど多くはありません。甲状腺がんは女性に多いがんで、男性の3〜5倍程度に見られます。甲状腺がんの90%は乳頭がんという組織型で、甲状腺以外にがんの広がりや転移が認められない場合は、比較的予後が良好です。がんが小さく単発の場合は、がんのある片側の甲状腺を切除する手術が行われます。がんが大きく、周囲に広がっている場合には甲状腺全摘術を行い、術後に放射性ヨード内用療法が行われます。甲状腺がんはゆっくりと進行する一方で、術後5年目以降に再発が見つかる事があり、基本的には10年以上の通院と定期検査が行われます。
甲状腺がんの治療成績
 1998.1~2016.12の期間に330件の甲状腺・副甲状腺手術が行われました。そのうち甲状腺がんに対する初回治癒切除術は176例(53.3%)でした。近年、甲状腺がんに対する手術件数は増加しており、年度別の手術件数で2016年は17例でした。甲状腺がん手術症例の平均年齢は54.4歳で、11歳から84歳までの患者に手術が行われました。男女比は38:140と女性に多く手術が行なわれています。
甲状腺がんの治療成績 写真1
 甲状腺がん病期別の累積生存率グラフを示します。病期1、2、4の症例(82例)で術後に死亡した方は無く(100%)、病期3の症例でも53例(94.6%)が生存しています。甲状腺がんの手術成績は良好であり、甲状腺がんに対して手術治療が有効である事を示しています。
甲状腺がんの治療成績 写真2
甲状腺がんの治療
しこりの大きさが2cm 以下で、術前検査でリンパ節や他の臓器に転移が認められない早期がんの場合、首に傷をつけない鏡視下手術が可能です。当科では70例を超える鏡視下手術を行っており、首に傷をつける従来の手術と同等の治療成績を報告しています(Nagata T et al. Surgery Today, 2015)。
鏡視下甲状腺手術
鏡視下甲状腺手術
腋窩の小さな傷
腋窩の小さな傷
気管、リンパ節、肺、骨等、周囲の臓器にがんが浸潤・転移して、手術で全てのがんを取りきれない場合には、甲状腺全摘術を施行した上で放射線科医と協力し、術後放射性ヨード内用療法を行っています。また切除不能な乳頭がんや髄様がん、未分化がんに対して、分子標的薬を用いた化学療法を行っています。
鏡視下甲状腺手術
鏡視下甲状腺手術
栄養面では今までの食生活を見直し、病気の再発防止に取り組んでいます。入院中の食事にマクロビオティックをとり入れたバランスのよい食事をお出ししています。定期的に栄養講習会を開催し、「おいしく食べて元気になる」で、治療の補助を行っています。
入院中の食事
入院中の食事