入局案内

後期臨床研修を始められるドクターへ

はじめに
初期臨床研修(卒後2年間)を終了し、これから後期臨床研修を始めようとされる先生方にとって、どの研修施設で後期臨床研修を始めるかはとても重要な問題です。いろいろな施設へ見学に行ったり、先輩ドクターから話を聞いたりしながら、自分の将来を見据えて研修プランを立てていることと思われます。
われわれ富山大学 消化器・腫瘍・総合外科(第二外科)では、研修医の皆さんに満足していただける研修カリキュラムを用意し、皆さんの参加を待っています。

研修カリキュラムの特色

当科における研修カリキュラムの特色として、次の点を挙げることができます。

1
研修の基盤を大学病院に置いた上で、富山県のみならず、全国の専門施設での研修を行える。
2
週2回の症例検討会や、大学附属図書館の豊富な蔵書や電子ジャーナルを駆使することにより、経験だけでなく理論に基づいた外科治療学を学ぶことができる。
3
国内外の主要な学会に参加し、症例報告や臨床研究の結果などを発表する機会を持つ。さらに論文を作成して業績とし、効率よく臨床経験を積むことで各種専門医をスムーズに取得できる。
4
後期臨床研修を3年で終了し、その後は大学院へ進学し、学位取得を目指すコースや、大学病院や関連病院でさらに臨床経験を積むコースなど多様な選択が可能である。
研修カリキュラムについて

富山大学 消化器・腫瘍・総合外科(第二外科)では、急性期から慢性期まで全身を診る事のできるgeneral surgeonのみならず、臨床研究や基礎研究を主体的に行うことのできるacademic surgeonの養成を目標に掲げ、研修教育に真剣に取り組んでいます。また、これまでの外科医教育でいわれてきた「手術は見て覚えるもの」のような既成概念を取り払い、入局後1年目の早い時期から低難度手術だけではなく、腹腔鏡手術を含めた中~高難度手術においても適切な指導の下で術者または第一助手として経験を積むことで早期に外科医としての責任と自覚を持たせるよう指導しています。(early exposure)

われわれ富山大学 消化器・腫瘍・総合外科(第二外科)は、富山県で唯一の大学病院として地域の医療を担当し、地域住民の健康管理から高度先進医療まで患者様に満足していただける医療を展開しています。また日々の医療現場で湧き上がる疑問の一つ一つを大切にし、深く掘り下げて学習・研究することで,患者様により良い医療を提供したいと願っています。

研修医の皆さんには大学病院ならではの有意義な後期研修へ是非参加していただきたいと考えています。教室員一同、皆さんへの後期研修を心よりお待ちしています。また、富山大学卒業生だけでなく、他大学を卒業された方のUターンやIターン、中途入局も大歓迎です。