TS2新トレーニングシステム

富山大学第二外科において開始している、新・教育システム。
効率的な業務管理により、若手医師のライフワークバランスに配慮するとともに、
外科医として最善のキャリア形成を目指す。
また医学部学生のearly exposureを最優先として、外科診療とは何かを理解して貰う。

臨床

  • ■当直明けの平日は完全休日
  • ■休日出勤は不要、必要時はチーム内交代制
  • ■新しい病棟管理システム(回診チーム主導の教育的病棟回診による、病棟管理の早期習得。また夜間までの病棟業務を必要無くする)
  • ■病棟管理・手術手技の完全マニュアル化(口頭での指導ではなく、視覚的に理解するため)。クラウドにアップしてあります。
  • ■術前・術後・病棟カンファレンスを勤務時間内の午後に行う(夕方以降には行わない)
  • ■若手は、手術日でも定刻で業務終了するための交替システム(手術日に、延々と遅くまで勤務することはありません)
  • ■夏休み・年休の取得の徹底

教育

  • ■手術ビデオライブラリーによる動画での勉強(腹腔鏡下手術だけでなく開腹手術・小手術も。術前から手術内容を把握できるようにする。)医局PC内に手術動画ライブラリーがあります。
  • ■手術に関する勉強会を定期的に。学外からの講師招聘も。
  • ■統計〜臨床研究勉強会
  • ■各臓器チーフによる、手術・術後管理などのレクチャー
  • ■若手から、さらに若手・学生へのレクチャー(屋根瓦式教育)

学生臨床実習の特徴

1.ハンズオンセミナー

手術手技に関する勉強会としてハンズオンセミナーを定期的に開催しています。

手術中に実際に使用するエネルギーデバイスの安全使用について学んだ上で手術に入って頂き、その使用目的と方法をより深く理解することを目標としています。

また、ウェットラボにて腹腔鏡下胆嚢摘出術や人工肛門造設術/閉鎖術の手術手技を追体験して頂き、実際の手術操作における注意点や助手との連携の大切さを学んでいただく機会としています。

2.勉強会

膵臓癌、大腸癌など臓器別に毎回テーマを変えて勉強会を開催しています。主に若手医師がプレゼンを担当し、実際の手術担当症例の手術方法・周術期管理から学ぶべきこと、さらには国家試験対策につながるエッセンスを学ぶというコンセプトの勉強会です。

3.モーニングレクチャー

毎週水曜日朝に初期研修医・若手医師から実習学生へ向けてのモーニングレクチャーを開催しています。消化器外科の周術期管理や創傷管理、ドレナージの実際など実臨床での注意点・理論などを中心に勉強し、処置や回診での理解を深めることを目的としています。

キャリア形成

  • ■初期研修医からの学会報告・論文の目標設定と達成(後期研修医が終わる頃には、論文業績などすべての必要な業績が終了しているように)
  • ■メンター制度(教員がマンツーマンで対応)により、上記の業績確認、キャリア形成をきめ細かく指導・支援
  • ■後期研修医(初期研修医も含む)期間中に、以下のようなhigh volume centerの研修を推奨(日本から海外まで広い視野を持つため)
    Henry Ford Hospital (USA)、がん研有明病院、国立がんセンター東病院など

富山大学式 若手外科医修練システム

富山大学で研修・修練している期間は、近隣の関連病院に伺って中小手術の手術指導をして頂いています。大学の高難度手術、一般的な小手術のすべてを並行して確実に研修することができるようにしています。

研修実績

国内外のトップレベルの施設での研修を、積極的に勧めています。一流施設での研修により、外科医としての更なるレベルアップを目指すことができます。

2018年4月より2年間 愛知県がんセンター中央病院にてレジデント
沼田佳久(平成25年卒)

2018年11月 国立がん研究センター東病院にて胃外科を研修
平野勝久(平成20年卒)

2018年12月 がん研有明病院にて乳腺センターを研修
荒井美栄(平成27年卒)

2018年12月 がん研有明病院にて肝胆膵外科を研修
馬場逸人(平成27年卒)

2019年5〜6月 Henry Ford Hospital(Detroit, USA)にて米国外科医療を研修
小檜山亮介(平成28年卒)、魚谷倫史(平成29年卒)、武田直也(平成29年卒)、土田浩喜(平成29年卒)、東松由羽子(平成29年卒)、星野由維(平成29年卒)、森康介(平成29年卒)、大賀瑶子(6年次学生)

2019年8月 東京医科大学にて腹腔鏡下膵頭十二指腸切除術を研修
渋谷和人(平成13年卒)、平野勝久(平成20年卒)

2019年8月 和歌山県立医科大学外科学第2講座にて研修
渋谷和人(平成13年卒)、平野勝久(平成20年卒)、木村七菜(平成31年卒)

2019年11月 群馬大学外科学講座にて研修
星野由維(平成29年卒)

学外講師の指導

他施設のご高名な外科医が富山大学第二外科のためにお越し頂いており、超高難度手術に取り組むとともに若手の技術指導に当たってくれています。

2017年6月 名古屋大学 腫瘍外科学 准教授
江畑智希先生:肝門部胆管癌に対する拡大肝左葉切除術

2017年12月 東京大学 胃食道外科
瀬戸泰之教授、愛甲 丞准教授:食道癌に対する縦隔鏡下食道切除術

2018年6月 札幌医科大学 消化器・総合、乳腺・内分泌外科学 教授
竹政伊知朗先生:直腸癌に対するロボット支援下直腸切除術

2019年4月 糸魚川総合病院 外科部長
田澤賢一先生:鼠径ヘルニアに対する腹腔鏡下鼠径ヘルニア修復術

2019年7月 東京医科歯科大学 准教授
徳永正則先生:進行胃癌に対する腹腔鏡下幽門側胃切除術、膵尾部癌に対する腹腔鏡下膵体尾部切除術

2019年8月 近畿大学 教授

竹山宜典先生:慢性膵炎に対するFrey手術+胆管空腸吻合

2019年8月 兵庫医科大学
教授
波多野 悦朗先生:肝巨大腫瘍に対する肝中央二区域切除術

2019年8月 岩手医科大学 准教授
新田 浩幸先生:肝細胞癌に対する腹腔鏡下肝外側区域切除術

■当教室では、藤井教授の肝胆膵外科手術指導に加えて、国内外でご高名な2人の客員教授による上部・下部消化管外科の手術指導を受けられる体制としています。

下部消化管外科手術(とくにロボット手術・腹腔鏡下手術)
竹政伊知朗 先生
札幌医科大学 消化器・総合、乳腺・内分泌外科 教授
富山大学 客員教授
札幌医科大学 消化器・総合、乳腺・内分泌外科 教授 竹政伊知朗先生 札幌医科大学 消化器・総合、乳腺・内分泌外科 教授 竹政伊知朗先生
上部消化管外科手術(とくにロボット手術・腹腔鏡下手術)
徳永正則 先生
東京医科歯科大学 消化管外科学分野 胃外科 准教授
富山大学 客員教授
東京医科歯科大学 消化管外科学分野 胃外科 准教授 徳永正則 先生 東京医科歯科大学 消化管外科学分野 胃外科 准教授 徳永正則 先生