ACLS・BLS

  ACLSとはAdvanced Cardiac Life Supportの略で,日本の従来の救急蘇生のなかでは二次救命処置といわれてきました。
 これに対して,一次救命処置(一般市民が行う)に相当するものをBLS Basic Life Support といいます。
 しかし,最近ではBLSも含めて広義に心肺蘇生法全体をACLSという場合も多くなっています。

 ACLSの普及は,AHA American Heart Association (米国心臓協会)により,ボランティア精神によりすすめる,とされています。
従って,一般市民,高校生,医学生,看護学生等の医系の学生,医師・看護士などの医療関係職種,救命士・救急隊などの救急関連職種などで様々なレベルのコースの存在は容認されています。
ただし,医療技術ですので,教える側は一定のレベルを維持する努力が必要となります。
 平成16年から始まる必須化となった医師卒後研修では,救急医療の目標に,「ACLSができ,他者にBLSを教えることができる」,言い換えると,BLSのインストラクター(人に教えることが出来る人)であり,ACLSのプロバイダー(蘇生を施すことが出来る人)であることが明示されています。
 これは,医師としての最低限の目標ですので,これができたら救急医療ができる,という勘違いはされないようにして下さい。
 蘇生後の人を様々な技術を用いて助けるところまでが「救命救急医療」だからです。

 要するにACLSは,一般市民を含む蘇生に関する国際共通の手技です。

 ▲学内に設置されているAED