講座メンバー

野本真順
特命助教

現在の研究テーマ(current research project)

行動タグの分子メカニズムの解明

抱負(ambitious future plan)

一流の研究者になる

専門分野 (background scientific field)

分子神経科学

略 歴(personal history)

2003年4月 - 2007年3月 東京農業大学 応用生物科学部 バイオサイエンス学科
2007年4月 - 2009年3月 東京農業大学大学院 農学研究科
バイオサイエンス専攻博士前期課程 修士(バイオサイエンス)
2009年4月 - 2012年3月 東京農業大学大学院 農学研究科
バイオサイエンス専攻博士後期課程 博士(バイオサイエンス)
東京農業大学大学院 農学研究科  バイオサイエンス専攻 リサーチアソシエート
2012年 4月 - 現在 富山大学大学院 医学薬学研究部(医学)生化学講座 特命助教

業 績(publications)

  • Nomoto M, Takeda Y, Uchida S, Mitsuda K, Enomoto H, Saito K, Choi T, Watabe AM, Kobayashi S, Masushige S, Manabe T, Kida S.
    Dysfunction of the RAR/RXR signaling pathway in the forebrain impairs hippocampal memory and synaptic plasticity.
    Mol Brain. Feb 8;5:8. (2012)
  • Fukushima H, Maeda R, Suzuki R, Suzuki A, Nomoto M, Toyoda H, Wu LJ, Xu H, Zhao MG, Ueda K, Kitamoto A, Mamiya N, Yoshida T, Homma S, Masushige S, Zhuo M, Kida S.
    Upregulation of calcium/calmodulin-dependent protein kinase IV improves memory formation and rescues memory loss with aging.
    J Neurosci. 28, 9910-9919 (2008).

趣味・特技(hobby, specialty)

スキー、釣り、読書、ビール

アピールポイントなど特に記載したいこと(appeal to the audiences)

何事にも全力です。